QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

QRアート

ぼくのWeblogの記事「「デザインバーコード」の驚くべき世界」で

「いつの間にか携帯関係で普及していたQRコード(二次元バーコード)なんてもろドット絵ですから、それでドット絵描いたQRアートとか出来て、しかもよく出来たQRアートのコードにはナンバープレートみたいに高値がついたりして・・・すみません、妄想です。」
「QRコードに色相と階調を導入すると4次元のバーコードになりますよね。しかもカラーでドット絵が書ける。IBMのCMではありませんが、絵としてみているものが実は(コードとして)全く別の意味を持つ、なんて時代がくるかもしれません。
なんて、これ特許性ないですかね、4次元バーコード。」
などとコメントしてしまって、ちょっと気になったので調べてみた。バーコード。

バーコード バーコードについてのの解説ページ

メール人語 QRコードについてのカテゴリがあります。デザインバーコードについてのエントリや「アミノ式」「カテキン式」のデザインバーコードも載ってます。

QRコードというのは㈱デンソーウェーブというデンソーのグループ会社で開発されたもので(8/23註:開発自体はデンソー。デンソーウェーブは運用管理)普及しているのは日本だけみたい。どうりで携帯以前はデンソー/トヨタ関連でしか使われてなかったわけだ(以上仕事ネタ)。

ぐぐった限りではオレの提唱した(?)4次元バーコードに言及している記事はないみたい。っていうかみんな今頃明朝一番で特許事務所に駆け込む準備してたりして(妄想)。
それどころか2次元バーコードでドット絵を描くという発想もないようですね。まずコードありきだから仕方がないのかな。それとも「ファミコンは遠くなりにけり」でドット絵という発想がないのか。
でも2ちゃんねるのトリップだって、欲しいトリップから元のコードを逆生成できるのだから、QRコードだって絵として描いたQRコードから数値化するのは技術的には問題ないと思うんだけど。後はそれが既存のコード体系に沿うかだよね。

アスキーアートでは多分世界に例のないセンスを発揮する日本人がこれに着目しないなんてー。

ていうか・・・もしかしてオレ、すげー儲け話フイにしてる(笑)?
スポンサーサイト
  1. 2005/08/22(月) 00:00:00|
  2. WEB/BLOG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
以下、広告です。
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。