QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さて問題です。

朝鮮日報のサイトを見ていてふと思ったのですが、下記の記事に「韓国」という言葉は何回出てくるでしょう?

ハリケーン『カトリーナ』被災地で発揮される韓国人特有の『情』

韓国人独特の深い情が、ハリケーン「カトリーナ」の大災難のなかでも、再びその力を見せている。
カトリーナが直撃したニューオーリンズ在住の韓国人はおよそ2500人。このうち、 相当数は被災者収容施設ではなく、近隣の韓国人教会や他の韓国人の住宅に泊まっている。
ニューオーリンズから100メートル離れたバトン・ルージュの韓国人浸礼教会には現在、韓国人およそ100人が避難している。
現地の韓国人会(会長キム・ソンデ)は、4人一組のチームを組み、朝昼晩3食の食事を提供しており、 夜には20人余りの被災者に、教会で泊まらせるように寝具を提供している。被災者の面倒を見るために、 この小さい教会は5日ぶりで財政が底を突いてしまったが、訪ねる被災者の群れは後を絶たない。
現地在住の韓国人たちは、自宅を開放した。キム・ソンデ会長の場合、被災者だけでなく、 ソウルから来た外交部の迅速対応チームとワシントンから訪れた韓国メディアの取材陣も泊まらせている。
テキサス州のヒューストンとアトランタなどの韓国人会や宗教団体も韓国人被災者に施設を開放した。
自宅を離れると、ホテルや避難施設に行くことが当然視される米国人たちは、同じ韓国人という理由だけで、 見知らぬ人に恩恵を施す韓国人社会の姿を見て、「米国内の他の民族では、見られない現象」としながら、驚いている。
しかも、祖国の政府支援団が海外の災害現場に対策本部を設けて自国民を支援することに対しても感心している。
現在、米国全域の韓国人会は、被災韓国人を助けるための募金キャンペーンを行なっている。ワシントンDCでは、 教会協議会と韓国人連合会など20の韓国人団体が9月の1か月間、義捐金を募集するキャンペーンを展開することにした。
ロサンジェルスとシカゴなどでも、韓国人放送を通じて、大々的なキャンペーンが繰り広げられている。
ヒューストンの場合、5日まで婦人会が韓国人食品店前で、街頭募金を行って6500ドルを集めた。この婦人会は、 ラーメンやキムチなどを買って韓国人が避難している施設に送った。
しかし、カトリーナによる韓国人の財産被害額は、総計1億ドルを超えるという試算が出るなど、 被災した韓国人たちは、血のにじむような努力で築いた「アメリカンドリーム」の基盤を失いかけている。
ニューオーリンズ地域の韓国人被害者対策委員会のイ・サンホ委員長は、 「カトリーナによる被害は、韓国人経営の店舗がおよそ180店舗、住宅がおよそ800棟に達する」とし、 「洪水保険に加入した韓国人の補償を除いても、被害額の総計は1億ドルを超えるものと見られる」と述べた。
ヒューストンの閔東石(ミン・ドンソク)総領事は、 「ミシシッピ州のビロックス市などを現場調査した結果、これまでに韓国人の死傷者は確認されていない」と述べた。


「特有」すぎると思う。

(答え 27回(タイトル含む))
スポンサーサイト
  1. 2005/09/09(金) 00:00:00|
  2. 朝鮮半島ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

やっぱりみんなそう思ってるよね。

livedoor ニュース - ハリケーン悲劇の裏に黒人差別=有名音楽家や公民権運動家が非難

【ワシントン3日】米国の有名ヒップホップ・アーティストのカニエ・ウェスト(写真)は3日、NBCテレビがハリケーン「カトリーナ」の被災者救援資金集めのために芸能界のスターを動員してライブ放送した特別番組で、ブッシュ大統領は黒人のことを気にかけていないと非難した。ウェストは用意された台本から離れ、ニューオーリンズ市の人道危機に対してブッシュ大統領の対応が遅れた裏には黒人差別があると断言した。
やっぱりみんなそう思ってるよなあ。イラク戦費予算40兆円(日本の国家予算の約半分)に対し国内災害対策費予算わずか40億円。
イラクに兵隊出しすぎて国内の治安維持する州兵すら足りないってんだから。
しかもこの救援活動の遅れ。当初海外からの救援を断っていたブッシュ政権(神戸の震災を思い出します。)もやっと受け入れを表明したみたいだし。
まあ米国で黒人の公民権が認められてたかだか40年ですからね。

しかも地元の新聞が3年前にこのことを警告していたそうです。やはり政府は批判を甘んじて受けねばならないでしょうね。

無視された警告と露出した断層
現地時間9月1日のアメリカABCニュース「ナイトライン」では、肌の色には言及していませんでしたが、アンカーマンのテッド・コッペル(Ted Koppel)氏が、

あなたは「これほど多くの人が避難しなかったことに驚いた」と言いました。 しかし、ニューオリンズの少なくとも10万人の市民は、車を持たず、公共交通機関を利用できないほど貧しい暮らしをしているのです。 彼らは、誰かに「勢力5のハリケーンが来るから避難するように」と言われても、逃げる手段を何も持たないのです。 脱出用のバスも用意されていなかったのに、人々が残っていたことに驚いたなどと言えるのでしょうか?

と連邦緊急事態管理庁(FEMA:Federal Emergency Management Agency)のマイケル・ブラウン (Michael D. Brown)長官に詰め寄っていました。
実は、この問いの前にコッペル氏は「堤防が決壊した場合の被害を想定して準備できたのではないか?」と質問し、その答えが「これほど多くの人が避難しなかったことに驚いた」だったのです。

しかし、それも8月31日付けウォール・ストリート・ジャーナル紙は、3年前に地元ニューオーリンズのタイムズ・ペキユン(the New Orleans Times-Picayune)紙が徹底した特集を組んで警告していたと報じていました。
その「特集」「Washing Away」のトップには、「南ルイジアナが大型ハリケーンの直撃を受ける前に、それは単に時間の問題です。私たちを保護するために何十億ドルも費やされましたが、私たちは日々脆弱になっています」とありました。
「移動手段のない10万人が特に脅かされるだろう。・・・・低収入の居住者の大多数は自動車を所有せず、彼らを撤退させるためにはテストされていない緊急の公共交通機関に依存しなければならない」と明記されていました。
言い訳の余地無し。
  1. 2005/09/04(日) 00:00:00|
  2. 海外ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

無法地帯

Yahoo!ニュース - 共同通信 - 米ルイジアナ州知事略奪犯射殺命じる ハリケーン被害
【ニューヨーク1日共同】超大型ハリケーン「カトリーナ」の通過後、治安が悪化している米ルイジアナ州のブランコ知事は1日、略奪や暴力に加わった人を射殺するよう州兵に命じたことを明らかにし、市民に自重を求めた。ロイター通信が伝えた。
ハリケーンによる堤防の決壊で8割が冠水したニューオリンズの一部(フレンチクォーターなど)は無法地帯と化しているそうだ。
日本でも災害で治安が悪化することもあるだろうけど、さすがに無法地帯はないよなあ。お国柄を感じさせます。

ニューオーリンズ、略奪、放火、レイプ多発で無法地帯に
やっぱりLivedoorのほうがセンセーショナルな書き方するな。
被害者の方にはお気の毒。
  1. 2005/09/03(土) 00:00:00|
  2. 海外ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。