QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CADをセットアップ

知人から図面を作成する仕事を貰えそうなので久々にCADをセットアップしてみる。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/06/01(火) 22:07:43|
  2. PC/携帯/ソフトウェア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

再インストール

今日もドタキャンで代休。1年半振りにノートPCの再インストールをした。
前回は吊るしでパーテーションも切ってなかったので今回は切って。
ついでにSP2当ててみた。ノートだしまあ平気だと思うけど。
主なソフトは下記のとおり。キーワードは多機能で軽快でタダ(笑)。
メーラー:Thunderbird
ブラウザ:Sleipnir
アーカイバ:Lhaplus
ビューワ:Irfanview
動画プレイヤー:MediaplayerClassic
あとは窓の手とか桜時計とか。
OSリカバリ中にCRCエラー出たときはあせったが、その後はまあ問題なく。
あとは明日会社でオフィスとアンチウィルス(これは決められているので)か。

最近母艦でWebすることがなかったので気がつかなかったけど、リカバリ中母艦でブラウズしてたらこっちのほうが圧倒的に速いのに気がついた。
PentiumM ULV1.1GHzとAthlonXP2500+との差か、それとも855GMEとGF5200の差か。どっちにしてもハンデありすぎだけどね。



  1. 2005/09/22(木) 00:00:00|
  2. PC/携帯/ソフトウェア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

Thunderbirdに乗り換えてみた。

e48762e9.pngしばらく前から仕事で使ってるノートPC(自前)のOSのリカバリをしたいと思ってた。
ところがそれには問題があった。仕事で使ってるMS-Officeとアンチウィルスがコーポレートライセンスなので会社のオフィスまで行かないとインストールできないのだ。しかし1~2ヶ月に一度しかオフィスに戻らないオレにそれは難しい。
メールで仕事に関するほとんどの情報をやりとりしているので特にメーラ(Outlook)は致命的だ。ところがこのOutlook、会社から言われるまましばらく使っていたのだが、Exchangeサーバを使うわけでもなくただのメーラとしてしか使うつもりがないようだ。実際他のメーラを使用している社員の人も以前見た。本音をいうならOutlookなんぞ使いたくない。
ただ乗り換えも面倒だし候補になるメーラもないまま不本意ながら惰性で今日まで使ってたのだが・・・。

そういえばあるじゃん!Thunderbird!というわけで乗り換えてみた。
明後日久々にオフィス行くし思い切ってリカバリだ。SP2も当ててやるー。
Outlookからメール/アドレス帳/設定のインポート用のウィザードもあるし、乗り換えは比較的ラク。アカウントの設定は必要だがその他はほぼ自動でインポート。

画面もまあ好みな感じに。動作も軽快!というほどではないもののOutlookよりはきびきびした感じ。最低動作条件が一応PenII233MHzだからね。
これまでBecky!とかEdmaxとかも使ったけど、較べてもなかなかいいんじゃないかな。タダだし。

まいったのはOutlookからのメールのインポートでisoのメールのヘッダがShift-JISに化けちゃったこと。これはバグかなあ?いちいちエンコード変更すれば読めるんだけどめんどくさい。ま、これを機に過去のメールも大胆に整理するかな(読んだメールを既読に分類して捨てないタイプなので)。

いっそのこと、ブラウザもGeckoで。
  1. 2005/09/20(火) 00:00:00|
  2. PC/携帯/ソフトウェア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無冠の王

0afcab22.gifmp3形式のファイルがメジャーになってきたのはだいたい5,6年ぐらい前からだったように思う。
MIDIのファイルが1曲せいぜい数十kBであるのに対してmp3は数MB。ずいぶんでかいな、と当時は思った。これほどHDDの容量が飛躍的に増えるなんて思わなかったし。

当時mp3プレイヤーソフトは大量に公開されていた。
Windowsに付属のWMP(WindowsMediaPlayer)はバージョン5,6辺りだったが、機能も少なくて使い勝手も悪く、何より音が悪かった。
フリーソフトでは、プラグインで機能が追加できる多機能なWinampか、エンコードも出来て比較的動作の軽い国産のSCMPXあたりが人気だったと思う。市販のソフトもあったがオレの周りで使ってるのはいなかった。

オレは散々いろんなプレイヤーを聴き比べた結果、kb Media Player、Play2000next、Audioactive Playerの3本立てで使っていた。

kb Media Playerはmp3にかぎらず対応するプラグインさえ入れれば多種多様なフォーマットに対応するプレイヤー。以前はMIDI用プレイヤーでkb Midi Playerという名前だった。とりあえずこれに突っ込めば鳴るということで採用(笑)音質はWMPよりはマシ、中ぐらいだったと思う。途中で、Winamp用の音質を改善するプラグインが使えるようになったはず。聴くというよりは内容確認用。たしか歌詞ファイルがあればWinampと同様に歌詞も表示できた。今も開発が続いている。

Play2000nextはノートPCで使っていた。当時使っていたノートPCはPentium100MhzでHDDは800MB。Play2000nextはとにかく容量が小さく再生負荷が低かった。それでいて音質は上の下ぐらい。スキンにも対応していたのでシェード(タイトルバー)形にしていつも画面の右上端に貼り付けてあった。VBRに対応していなかったがオレはCBRしか使っていなかったので無問題だった。後継のPlay2001nextが開発されていたはずだが、ある日作者のサイトを見に行ったら消えていてそれっきり。残念。

AudioactivePlayerは物騒なアイコンのコンパクトなプレイヤー(画像)。
えらくぶっきらぼうなインターフェースで機能も少なかったのだが(それでも当時のWMPよりはマシだったように思う)音質が抜群に良かったのでメインで使っていた。ある意味職人気質の漢なプレイヤー。当時のバージョンは2.06c。

それから数年下って・・・HDDの容量は飛躍的に増え、マシンパワーもこれまた飛躍的に上がり、WMPのバージョンも上がり機能も増えた(現在9を使用中。10には上げてないw)。単機能のmp3プレイヤーを使うこともなくなっていた。皮肉なことにWMPのスキンはもっともシンプルなCorporateを使用しているが。

ふと思い立ってAudioactiveのサイトを訪ねてみた。お、AudioactivePlayerまだ公開してる。バージョンは・・・・ 2.08?!
5年で0.02しか上がってないのかよぅ(笑)。
DLし新しいマシンにインストールしてみる。そしてチョー久々に起動してみる。
WMP9も起動して念のため音を較べてみる。

・・・・やっぱりWMP負けてますから。残念。Microsoft情けなかー。
つか、音いいわ。マジで5年前のソフトかよ(0.02バージョン上がってるけど)。デコーダの出来の違いなのかな。フラウンホーファー超えてますって感じ。5年前からずっと勝ち続けてきたのね。進化しなかったのではなく進化の必要がなかったのか(使い勝手はもうちょっと進化して欲しかったなあ)。

でも最近はポータブルMP3プレイヤーで聴くことがほとんどで、PCで聴くことはあまりないんだけどね。
  1. 2005/08/12(金) 00:00:00|
  2. PC/携帯/ソフトウェア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビバ!MIDI!

tmidi携帯を変えたので久しぶりに着メロを量産しまくっている(22曲も入れてしまった)のだが、そのソースである昔拾ったmidiファイルを読むためにチョー久々にあるソフトをインストールした。

その名はTMIDI PlayerTMIDIWIN95の頃から使っていたのでかれこれ8年ぐらい前から使っていたことになる。さすがに更新は2003年あたりで止まっているようだ。

昔はインターネットするにも帯域が細かったため(モデムで56kB/sとか)ネット上のmidiファイルも全て圧縮されていた。その頃はたしかWinzipがシェアウェアで日本が世界に誇るlhaで圧縮されてることが多かったので古いファイルはみんなlzh形式になってる。TMIDIはunlha.dllがインストールされていれば、解凍しなくてもlzh形式のまま演奏できるのだ。WMPなど他のプレイヤーで対応していないRCP形式のMIDIファイルにも対応している。ちなみにPsmPlayerもRCP形式には対応してないため着メロ変換はできない。残念。

また、TMIDIには鍵盤モードがあり(画像)、この表示にしておくと演奏中の全てのchの音が鍵盤上に赤点で表示される。ゆったりと鍵盤を目で追っかけながら聴くとこれが結構和むのだ(オレはね)。
  1. 2005/08/12(金) 00:00:00|
  2. PC/携帯/ソフトウェア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

携帯調教。

c0864694.jpgデータ転送ソフト「MySyncSuite」も買ったし、せっせと俺仕様携帯への調教に励むオレ。

このMySyncSuite、AUショップでしか売ってないAU公認のソフト(通販はある)。もちAU専用。しかもカシオソフト謹製でカシオの携帯とは特に相性良し。ていうか自給自足?
スケジューラ、データ転送ができる。メールもフォルダに落としたやつはバックアップできるらしい。カードスロットのないG'zではこの手のソフトは必須なのだ。

早速アドレス帳は念のためバックアップ。
さらにPsmPlayerで変換した着メロをガンガンG'zに叩き込む。FFとかロマサガとか君のぞとか。操作自体はごくごく簡単。

着メロはFFV「ビッグブリッジの激闘」。イントロがやたら派手で長いので着メロ向き。多分普通の人は何の曲だかわかるまい。メール着信はやはりFFV「街」というわけでFFV仕様に。
もちろんバイブは必須だぜ。調教だからな。
  1. 2005/08/09(火) 00:00:00|
  2. PC/携帯/ソフトウェア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

着メロ

f510464b.jpgAUの携帯には「着うた」という機能がある。
着信すると歌が流れ出すのだが、オレは従来の着メロのほうが好きだ。それもあまり音数の多くないのがいい。着うたは生々しいというか不躾な感じがするのだ。

PsmPlayerというソフトがある。MIDIファイルの再生/編集ソフトだが、着メロ形式への変換も行えるという優れモノだ。シェアウェアだがフリーの機能限定版でも着メロ変換はできる。
音数がファミコンより少なかった時代は自分でも入力できたが最近はもっぱらこれに頼っている。といっても元になるMIDIファイルが必要だ。

数年前、JASRAC(日本音楽著作権協会)は音楽著作物の利用制限を厳しくするため、JASRAC登録曲を基にしたMIDIファイルの配布に使用料を課すことを決定した。そのため大半のMIDI制作サイトが閉鎖したり大半の曲の削除を余儀なくされた。余談ながら"カスラック"と揶揄され、「大槻ケンヂが自著の中で自作の曲の詞を使うのにも使用料を請求した」というJASRAC、単なる利権団体という声も多い。全く、余計なことを。

そんな中なぜかスクウェア(現スクウェアエニックス)のゲームの楽曲は何故かJASRAC非登録のため、いまだにネット上で配布されている。いやー、ありがたい。てなわけで自分ではMIDIファイルを作らない不器用かつ不精なオレの着メロの元になる曲は、趣味も手伝ってスクウェアの曲か規制以前に集めた曲、またはモニョモニョな曲、ということになる。

その中にオレが死ぬほど好きな曲がある。「ファイナルファンタジー(以下FF)1の街のテーマ」だ。とてものどかな曲でオレの場合メールの着信曲になっている。元のファイルはもう何年も前に拾ったものなので出所がわからない。
ところが最近ファイルを探すと違うメロディのファイルが引っ掛かる。あれ、街(Town)のテーマって2種類あったっけ?それともオレの記憶違い?何しろ古い作品なので引っ掛かるファイル自体が少なすぎてわからない。どうなってんだ。

と思ったのでリコーダーで音をとってみた(鍵盤欲しい・・・)。

オレの好きなヤツ
x(ど)し(ど)ら(ど)そ(ど)|そーふぁーみーX|xふぁみふぁそれみふぁ|みーーーX・・・
最近見るヤツ
どれ|みーみふぁそーらし|(どー)そー(み)(れ)(ど)し|(どー)らーそれみふぁ|みーふぁみれーX・・・
(xは八分休符、Xは四分休符、()付きはオクターブ上、|は小節の区切り)

どちらも植松(伸夫=FFシリーズの楽曲の作曲者)メロディぽいけどなあ。
誰か教えてー。

ところで、先日メイフットに行ったとき、メイドたんとFFシリーズのBGMの話で盛り上がった。世の中何が役立つかわからないもんだ。
  1. 2005/08/07(日) 00:00:00|
  2. PC/携帯/ソフトウェア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

踊れ!ぼくらのマジンガーZ !

6b016cc7.jpg秋葉原に行ったことのある人は、店頭でマジンガーZがブレイクダンスを踊る妙にクオリティの高いデモを見たことがないだろうか。

ふと思い立って探してみたら・・・・ありました。

http://www.idance.jp/


ちなみにここから辿りました。サンクス!
iDance/iDance wiki
D-playerというソフトです。ムービーじゃなかったのね。
マジンガーZ以外は普通の人間キャラです。曲とかダンスも選べるようです。
以前はハングルのページしかなかったようですが、今は日本語で使い方もしっかり説明されてます。
マジンガーZはキャラクター>無料キャラクター>ユーザーキャラクター>2にあります。スパイダーマンもあった(笑)。
  1. 2005/06/13(月) 00:00:00|
  2. PC/携帯/ソフトウェア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

cCD-XP32

cCd-XP画面ケーブルテレビがただで見れる?の続編。あれから2枚のBT878チップ搭載キャプチャーボードProlink PV-BT878P、Leadtek WinTV2000とcCD-XP32英語版3.6.8.2を入手したので再チャレンジしてみた。
cCD-XP32はDscalerの一部のdllを使用するのでDscalerもインストール。

まずPV-BT878Pから。cCD-XP32を立ち上げてVideoのInput/Format、Tunerの種類/regionを設定。あっさり画面は出た。が音が出ない。Audioの種類をいろいろいじっているうちに・・・・出た!
よせばいいのにスケベ心をだしてDscalerの調整をしてみる。Dscalerでもなんとか音声OK。そこで再度cCD-XP32を起動してみる。

・・・・・音が出ねえ。

再度Audioの設定をいろいろいじってみるがダメ。RegSpyでDscalerでの値を調べて入力しても何故か意図した値にならない。Dscalerの設定と関連してるのかな。再インストールして設定いじってみる方法もあるけどめんどくさい。
あきらめてWinTV2000に取り付けなおす。こちらの音声はAudioの項目にカード名が載っているのであっさりOK。チューナー名が載っていなかったので一通り設定を試す。こちらもあっさり映ったが、画像は・・・PV-BT878Pの方がきれいかな。両方とも一昔前の海外の週刊誌のような色目の画面で団栗の背比べなんだけど、WinTV2000のほうがノイジーだ(写真)。PV-BT878Pで音声再現できればなー。

やはりこのソフト、音声周りがポイントのようだ。映りはBT878カードならとりあえず問題なさそう。
使い勝手は・・・・良くないね。
矢印キーで水平/垂直同期を調整しLキーで固定するのだが調整結果が保存されない。そのため起動するたび、チャンネルを変えるたびに調整し直さなければならない。設定ファイルも覗いてみたがPLL初期値はNTSCとかのモード固定のようで、書き換えても元に戻ってしまう。Tuner/Audio/Videoの設定は保存される。それ以外でわかったことは、
・水平同期がズレすぎたときはReset PLLで元に戻せる。
・Lキーで固定位置がずれるときはLockのmethodを変えてみるといい場合がある。
・PolarityはManualにしないとスクランブルに引っ張られて画面が点滅する場合がある。
・Modeは、どの設定もあまり変わらない。CPU使用率との兼ね合いで決めればいい。Universal Interlacedあたりがオススメか。

このソフト自体にはキャプチャー機能はないがカハマルカの瞳とか使えばキャプも可能らしい。
  1. 2005/05/15(日) 00:00:00|
  2. PC/携帯/ソフトウェア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。