QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

すごい。鳥肌立った。機長GJ - LAX緊急着陸 -

今TVで観ましたが朝から鳥肌立ちました。着陸の一部始終をTVで生中継したらしいです。さすがアメリカ。

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <米旅客機>車輪トラブルで緊急着陸 ロス空港
米ロサンゼルス近郊のバーバンクを21日午後、離陸した「ジェット・ブルー」航空機292便(A320型エアバス、乗員・乗客146人)が、離陸直後に前輪に異常を発見した。前輪のタイヤが90度横に向いていることが判明したが、同日夕、ロサンゼルス国際空港に無事、緊急着陸した。
 AP通信などによると、機長の機転で、着陸時に前輪に負担をかけないよう後輪でバランスを取った。前輪のタイヤから激しく火を噴いたが機体に大きな損傷はなく、乗員・乗客にけが人はない模様。

米・ロサンゼルス国際空港で乗客乗員145人を乗せた旅客機が緊急着陸、大事には至らず(ニュース映像有り)

このJetBlueという航空会社、機内清掃をクルー(CAや機長さんたち)が行い、機内ではお茶しか出ない、という合理化の代わりに、衛星中継で24時間機内でTVが観れるというのが売り物らしい。
おかげで乗客は自機の状態を逐一ニュースで知ることができたのがよかったのだとか。ただしときどきキャスターが「これはもうだめかもしれません」などと言うと機内にざわめきが起こったとか。TV放送は状況を考慮して着陸10分前には終了されたらしい。

火災の危険を減らすために燃料を消費するためロスアンゼルス国際空港空港(通称LAX。広い。)上空で着陸前に3時間旋回した後の着陸。軍用機と違って燃料排出できないのね(軍用機は不時着などの際に火災の危険を減らすため燃料を捨てられるようになっている)。
その間に遺書を書いた人もいた。JAL123便日航機事故の際も遺書を残した人が多くいたけど、自分が死ぬかもしれない状態で何もできずに何時間も置かれる、というのはたまらないだろうね。オレだったらとりあえずTVでテレ東を(ry
燃料が無いので当然着陸のチャンスは1度きり。やり直しはきかない(ここでもし「着陸復行(ゴーアラウンド)」モードに入っていたら・・・ザクグフゲルググ)。

着陸の様子をTVで観たのだけど、もう素晴らしいの一言。鳥肌たった。細心の注意を払った着陸に見えた。アメリカにはこんなパイロットがゴロゴロしてるのか?「機転」だけじゃなく「技術」だよこれ。
スペースシャトルのように従来より機首をやや高めに上げて前輪が付くのをできるだけ遅らせ、後輪だけでバランスを保つ。やがて前輪が着地し、滑走路との摩擦熱で発煙、そして前輪のタイヤが激しく発火し(機体に火が移らないかとハラハラした)、前輪が焼失して支柱だけになった状態(支柱が折れないかとハラハラした)で滑走し、やっと止まった。結局死傷者を一人も出さずにすんだ。

後輪だけの滑走、前輪がつっかえ棒のようになった状態での滑走で進路をまっすぐにコントロールするのは相当難しいと思う。しかも減速しながら機首が下がり過ぎないように(逆噴射、エアブレーキをかけると重心が前に移って機首が下がる。)バランスをとるために左右のエンジンの逆噴射やブレーキ、舵を全て操作しなければならなかったはずだし。機長GJ。
前輪の支柱が折れなかったのもラッキーだった。折れたら機首から滑走路に突っ込んでたからね。
降りてきた機長の台詞が奮ってる。ていうかウケ狙ってるだろ。

「すみません。滑走路のセンターラインから6インチ(15cm)ずれました。」
おいおい。
スポンサーサイト
  1. 2005/09/23(金) 00:00:00|
  2. 海外ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

自然は常にトラブルに味方するってばよ。

「JALウェイズ機事故――内部破損の恐れ、6月に改善通報、国交省、同型エンジンに。」
JALウェイズDC10のエンジンが火を噴き、部品多数が落下した事故で、国土交通省が、同型エンジンの内部が破損し破片が飛散する恐れがあるとして、各航空会社に防止措置を求める「耐空性改善通報(TCD)」を出していたことが十三日、分かった。
 米連邦航空局(FAA)が五月十三日に同様の通達をしたことを受け、国交省が六月八日付でTCDを出した。日本航空によると、同社グループは「二〇一〇年四月までにエンジンの部品を改良型に交換する」と国交省に報告、了承を得た。現時点では部品の交換はされていないという。
2010年までには交換するっていっちゃうJALもJALだけど了承する国交省も国交省だよなあ。すでに2001年に同様の事故が起きてるわけだし。
国交省は福岡県知事からもクレーム食らってるし。例によって認識甘すぎ。

<JAL系機事故>事故調の現地調査なしを批判 福岡知事

JR西もいやだけどJALも乗れねえなあ。命あってのものだねだよねー。
  1. 2005/08/18(木) 00:00:00|
  2. 国内ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
以下、広告です。
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。