QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

懲りない米国、冴えない日本

今テレ朝のスクープスペシャルで自衛隊が駐留するイラクのサマワ劣化ウラン弾被爆問題をやっていた。イラク駐留米兵の体内残留ウラン値が上昇しており、帰還後の奇形の出生率が上昇しているというアレだ(もちろん現地でも奇形の出生率が上昇している)。

劣化ウラン弾に関しては何をいまさらという感じもするが、こういうのは繰り返し訴えていくのが必要なわけで、まあテレ朝だがこういうのは有りだろう、と思う。なにより、不自由な身体に苦しむ子供達が増えるのは嫌だ。

しかし米国もベトナム、アフガニスタン、イラクとほんと懲りないな。まあ上の本音は軍需が潤えば末端の兵士なんてどうでもいいんだろうけど。
米軍も枯葉剤に関しては認めてるけど劣化ウラン弾の影響については未だ否定し続けてるし。認めれば補償等大変な問題になる。アフガン、ボスニア、コソボ、中東とばら撒き続けてきたわけだからね。英国では認めた判例もあるみたいだけど。

で問題はといえば、アメリカがくしゃみをすれば日本が風邪をひくってな具合に、その米軍がばら撒いた劣化ウランで汚染されたサマワに自衛隊が復興支援の名目で行かされてることなわけだ。ガイガーカウンタ携行で行くから大丈夫とか言ってるけど、現地で実際それがどれだけ生かされるのかな。数年後に「イラク派遣の自衛隊員の子供の奇形発生率が上昇」なんてニュースは見たくないなー。


自衛隊も最近よく海外に派遣とかされてるけど、それって今回も含め「米国の圧力/国際的ええかっこしい」な面が大きい(インドネシアの災害援助なんかはいいと思うけどね)。その反面北から飛んでくるミサイル(弾道弾)を打ち落とす迎撃手段は全くないという、どういうこと?
「自衛隊が専守防衛」というなら、周りにええかっこする前にまず相手の第一撃を完璧に防ぐ手立てに注力しろといいたいな。
日本は法的にも相手が手を出さない限り反撃できないし。領空/海侵犯も先制攻撃もやられ放題なわけだよ。今の戦争は第一撃で終わることもあるのに。

国連の常任理事国入りも中国や半島にアジられて消えそうなわけだけど、さっさと理事国入りを放棄してそのかわり援助金の支払いも減らしたらいい。なんでそんなに常任理事国入りしたいのかわからん。どうせ国際的には金ヅルとしか見られていないわけだし、「国連での(過剰な)権利は求めません。皆さんの望みだから。そのかわり金も払いませんが何か?」でいいじゃないの。いつまでも世界の大国とか分不相応に気張ってるからいつまでも冴えねー国なんだよ。その分国内に金使えよ。いや使ってください、お願いします。


【2010/3/3追記】
劣化ウラン弾についてはその後調べたところ諸説あるので判断は保留。放射能被害よりも気化ウランの吸入による重金属障害の方が問題ありそうだが。
>相手の第一撃を完璧に防ぐ手立てに注力しろ
これは最近注力のMDをがんばってもらいたいね。それでもサヨク様はお気に召さないようで実にわかりやすいがw。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/15(日) 00:00:00|
  2. 海外ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。