QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

じゃあ、自己責任ってどういうときに使えばいいの?

○?〓〓…ひどい駆け込み、ケガは自己責任と車掌放送 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
JR中央線国分寺駅で今月4日、東京行き快速電車の閉まりかけたドアをこじ開けて乗った男性客に対し、車掌が「駆け込み乗車は危険です。大けがをすることになります。それで大けがをしても、そちら(乗客)の責任です」と車内アナウンスした。
これにクレーム入れたやつがいるらしい。あほですか?
逃げようとして電車にはねられて死んだ万引き少年を擁護して本屋を閉店に追い込んだクレーマーを思い出す。

他人の迷惑になるから、と普段から注意されていることを守らないやつを擁護する、ってどういう神経よ?ていうか愉快犯?

だめ、といわれていることをしてその結果について自分が責任を持つのは当たり前だろ。ドイツではガードレールを乗り越えて道を渡って車にはねられたら歩行者の責任だそうだけど本来そうあるべきだと思う。

ていうか、こういうのって日本だけなのかねえ?
スポンサーサイト
  1. 2005/06/18(土) 00:00:00|
  2. 国内ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。