QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Burning The Daze/Marc Cohn

Burningthedaze数年前、まだある外資系企業に勤めていたときのこと。

研修でカリフォルニアの本社に滞在した際、現地の日本人スタッフS君と音楽の話になった。
オレ 「どんなやつ聴くの?」
S君 「Marc Cohnとか・・・。」
オレ 「え?Marc Cohnってこっちじゃメジャーなの?」
1991年グラミーで新人賞をとり、「Warking in Menphis」が中ヒットしたものの、当時の日本では彼の名はあまり知られていなかったからだ。オレは彼の1stアルバムを聴いて以来のファンだった。といっても当時はまだ2枚しか聴いていなかったが。
S君 「いや、こっちでもあまりメジャーじゃないよ(笑)。」

彼とは仕事の上ではけんかも多かったが、それ以来音楽話にはいつも花が咲いた。

この「Burning The Daze」はMarc Cohnの3枚目にして最新作になる。大変な寡作家だ(泣)。1998年の作品だが、出てることを知らず最近店で偶然見つけて買った。
カントリー、ゴスペル、R&Bのエッセンスを感じさせる、ピアノとギターをフィーチャーしたアコースティックな曲、ナチュラルで伸びやかなヴォーカルは相変わらずだが、以前より骨太になったナンバーを聴かせるいいアルバムだ。

S君は一昨々年、突然のバイク事故で亡くなった。
オレはこのアルバムのことを彼に伝えることはもう出来ない。

Marc Cohnを聴くといつも彼を想い出す。
天国の彼の耳にBurning The Dazeは届いているだろうか。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/20(金) 00:00:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。