QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Waltzing Matilda

Waltzing Matildaという曲を知ったのは初めてTom Traubert's Blues/Tom Waitsを聴いたとき。
この曲のモチーフとなっているWaltzing Matildaは「オーストラリアの第2の国歌」といわれるほどオーストラリアでは親しまれている曲だそうだ。
実際国歌を選ぶ際に候補になっていたらしい。国歌を選ぶなんて日本人のオレから見れば羨ましい話だ。

二度目に聴いたのはThe Band Played Waltzing Matilda/The Poguesで。
こちらもタイトル通りWaltzing Matildaをモチーフにしているが、この曲はオレに強烈な印象を残した。そして、このとき初めてWaltzing Matildaという曲に興味を持った。
何故って、同じだったからだ、サビが。Tom Traubert's Bluesと。もちろん厳密には違うが。
後にWaltzing Matildaの原曲を聴いて、なるほどね、と思った。

オーストラリア人でないTom WaitsやThe Poguesがこの曲を引用するのはとても興味深い。
親しみやすく郷愁溢れるメロディと流浪・放浪(Waltzing Matildaとは寝袋と共に放浪するの意)をテーマとする歌詞に共感を覚えたのだろうか(ちなみにオレがTom WaitsやThe Poguesに思い浮かべるイメージは「放浪」だ)。

Waltzing Matildaに関してはこちらのサイト「ワルシングマチルダ,Waltzing Matilda」や「ワルツィングMatilda」が詳しい。
また、こちらのサイト「豪州屋便利帖 「国歌を覚えよう」」にはMIDIファイルが置いてある。特に曲3のファイルなんて、和みます。
スポンサーサイト
  1. 2005/07/06(水) 01:00:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
以下、広告です。
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。