QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イヤホン近況

最近Spark改ばかり使っていてすっかりPlug耳になっているzakです。
今回出張だったので(というわけでもないが)、ひさびさにCK5改と聞き比べて
みた。

Spark改はスイートスポット(もっとも好みの音になる装着位置)も把握したのでゴキゲンな音。エージングも進んできたせいか、かなり下のほうもドコドコなる感じになってきた。一方CK5はスポンジ改にしているとはいえ、やはり中高音寄り。Sparkの低音に慣れた耳で聴くと物足りなく感じるが5分もしたら慣れてしまった。いい加減~。

ボーカルはやはりCK5。くっきりしてSparkより情報量がある。前に出てくる感じ。SparkはCK5と較べると、周りの音にやや埋もれる感じ。ドンシャリというわけではないのだけど。
音場の広さではSpark。CK5はSparkに較べるとボーカルのクリアさと相まって中央に音が集まる感じ。ちょうど緩い魚眼レンズというか縁の丸まったCRTの映像のようなイメージ。Sparkは音の広がり方と解像度の低さの微妙なマッチングが遠景を眺めたときのボケ具合に似てる?
リアル感はSparkの方がある気がする。クッキリした固めのCK5の音は上記の音場の狭さもあってモニターの中の作られた映像、あるいはスタジオをイメージさせる。対するSparkはスモーク炊き過ぎのコンサート会場ってな感じだろうか。

大げさな表現になってしまったが、これはあくまでも二者を比較しての話。
実際はどちらもゴキゲンな音(いい音、ではないことに注意)であることに変わりはない。
おかげでE2cの出番がないよー。
スポンサーサイト
  1. 2005/07/28(木) 00:00:00|
  2. AUDIO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

記憶の中の音

昨日からずっとKOSS SparkPlugをいじっている。

このイヤホンは大傑作(問題作?)The Plugの後継作である。The Plugも併売されているのでバリエーションといったほうがいいかもしれない。

このBlogにも書いてるようにThe Plugも持っている。
どちらも2000円程度のカナル型(耳穴に突っ込むタイプ)イヤホンで、いかにもアメリカ的な、爆発的なボリュームの低音が特徴的な出音に人気があるが、その解像度は同じカナル型の高級機種Shure E2c(実売9000円程度)どころかほぼ同価格帯のオーディオテクニカATH-CK5PanasonicRP-HJE50(パナル)にも及ばない。

なのにどうしてこんなに楽しい音なんだろう?

オレがこのPlug兄弟を改造する理由の一つとして、「爆低音を抑えたい。フラットな出音にしたい」というのがある。つまりオレはPlug兄弟の特徴である爆低音を気に入っていない。音そのものが気に入っているのだ。

E2cやパナルも持っている。これらの方が解像度は高い。が、音がなんだか楽しくないのだ。

これは多分、オレの中の音の記憶が「No」といってるのだ。
E2cやパナルの音を聞いて思うことの一つに「金物(シンバルやホーン)の音がうそ臭い。」というのがある。うそ臭い?何と較べて?

・・・自分の記憶の中の楽器の音じゃないのか。

以前TVで観て、ミツカンでは商品である酢の最終試験を人間の舌と鼻で行うと知った。機械による測定では差が出なくても人間にはわかるのだそうだ。
人間の五感は思っているよりもずっと鋭い。

見た目に例えると、
Plugは「輪郭は甘いがデフォルメの効いた発色の良い見覚えのある絵」であり、
E2cやパナルは「ピントはバッチリだがなんだか色褪せた写真」という感じだろうか(E2cは元々モニター用なのでその役目を立派に果たしているとは思うが)。
同様の理由で「比較的写真に近く発色も良い精緻な絵」であるCK5改も気に入っている。

ところで、もうひとつ、ありがたくない可能性がある。
オレは小学4年生のときにAM携帯ラジオを買ってもらった。イヤホンを挿してよく聴いた。昼も夜も。
オレはSpark Plugのレビューでなんと書いた?
「AMラジオの音をちょっと良くしてスーパーウーハー足しました、みたいな・・・」

オレの耳と記憶はあの携帯ラジオの音にエージングされてしまったのかもしれない。
  1. 2005/07/12(火) 01:00:00|
  2. AUDIO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Spark改造。ていうか実用範囲?

8a601902.jpgパッパラパッパッパー♪「イヤホン改造セットー!」(CV:大山のぶよ水田わさび)
買って早々だがSparkplug改造してみた。まあ素の音をレビューするために買ったわけじゃないし。

まずL側を三つ編みして「なんちゃってネックチェーン」に。

次に音漏れを減らすためにハウジングの穴をセロテープで塞いだ。オレにとって音の漏れるカナルなんてピーター・セテラの抜けたシカゴみたいなもんなので。
テープの縁を丸く切るのが難しくてギザギザになる。直径10mmぐらいの透明シールとかがあるといいな。
すると、低音出ねー。ちょっと悲しい音になる。

更に耳に挿すチップ部にThe Plug改造に使用した黄銅スペーサ+ギボシ+ソニーEXチップを着けてみる。EXチップはカラーコーディネイトしてCK5購入の際に買ったグレーのやつ
何か変な音。ちょっと篭った感じで何かバランス悪い感じ。ていうか前途多難?

ピンクノイズでエージング20時間経過後。どうなったか?


おお、なんかいいじゃん。バランスが良くなってる。篭り感もなくなってるし。低音もまあまあ出て全体的にフラットな感じ。聴くのが楽しい。
高音がガサつかないのは特に好印象。Plugでは高音のガサつきをなんとか改善しようと試行錯誤したからね。殻割はしなくて済みそう。爆低音はテープ貼りであっさり減少したし。
絶対的な帯域はCK5よりも狭い。ハイハットは遠いし、低音もバスドラとかイマイチで、ちょっと上の方がボンボンなる感じ。中域の楽器やボーカルがぐいぐい前に出てくる感じで、やっぱりThe Plug改の音に近い。ピアノなんかまんまPlug改の感じだし。ただ、音の開放感ではPlug改の方が上かな?

CK5の音をカツオだし風味醤油味だとすれば、これはPlug同様味の素ガサー!ケチャップドバー!て感じなんだけど、それはそれでやっぱり楽しいんだよね。美味いカップラーメンとかジャンクフードのノリ。不味い本格派よりはよっぽどいい。

今のところイマイチどう改造すればどう音が変わるとかThe Plugと較べて変化が予想し難い。
まだエージング進行中だからかもしれないけど。

その他見た目で気付いたこと:
グレーのケーブルが何か業務用くさくてちょっとダサい。
ハウジングがでかくなったせいか白くなったせいか、着けて目立つ。これはいいことなのか?
  1. 2005/07/12(火) 00:00:00|
  2. AUDIO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

Spark! - 今日の無駄遣い -

44a2fe34.jpg買っちゃいましたKOSS Spark Plug
Sparkplug(点火プラグ)に似てるPlugだからSpark Plug。
デザインが先なのかネーミングが先なのかわかんないけどこういうダシャレは好きだ。だからつい買っちゃった。ヨドで約2200円。
CK5改気に入ってるから特に必要もなかったのに。イヤホンイクツモッテンダヨ(´・ω・`)

左右に分かれるケーブル部分は「持ち主が好きな分だけ裂いてくれ」という漢気あふれる仕様。当然左右等長。ストッパが途中にあるのでとりあえずそこまで裂いてみた。

ピンクノイズで4時間ほどエージング後の感想。
音質はややカマボコ+爆低音って感じ。Plugのように低音で中高音がマスクされてるんじゃなくて、ちょっと高域の伸びの足りないややカマボコな音に別の音の塊で爆低音が出てくるって感じ。中域がちょっと篭ってる。AMラジオの音をちょっと良くしてスーパーウーハー足しました、みたいな音だなあ。エージングで上が伸びてくれればあるいは、だけど。
Plug同様音の広がりはあるけどね。音の輪郭もPlug同様甘いけど。

あと結構音漏れするねコレ。Plugよりも漏れるわ。

ネチョスポがPlugよりも細く長くなったので耳への突っ込み具合が調節しやすくなったのはGood。

Plugより良いかは・・・今の時点では微妙だな。


続くっ!
  1. 2005/07/11(月) 00:00:00|
  2. AUDIO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。