FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

潜入!メイフット!

ちゃららーん、じゃじゃじゃーん♪(CV=鈴置洋孝、BGM=ファーストガンダムのタイトルバック曲で)

えー、行ってきました、メイフット
Brownieで食う前に予約しておいたのだ。つか予約しとかないとダメっぽい。金曜日のせいか1時間待ちだったし。ていうか人気絶大?
リフレクソロジー(足揉み)30分+ハンドケア(手揉み)15分で4000円のコースを予約した。

オレはマッサージは、「てもみん」ぐらいしか行ったことがない(しかもANAのキャンペーンで)。海外でも台湾の足揉みと中国のホテルのマッサージ(H抜き)ぐらいだ。いつも揉む側だったし(確実に2000回は揉んでるな。シクシク)。ていうか未経験?

予約した時間10分前に携帯に確認の電話が来た(そのときはすでにエレベータの前にいたのだが)。「xxx様の携帯でしょうか・・・。」好感度高し。
中に入ると、雑居ビルの一室をカーテンでルーズに区切ってある。ある意味文化祭ちっく。「お帰りなさいませ。」とメイドたん。おお、お約束。

客層は・・・背広のサラリーマン風とか、トッポイ兄ちゃん風とか、チェックのシャツの学生風とか、いかにもな人とかetc. これぜんぶひっくるめてアキバ系?一応みんな男。あたりまえか。

仕切られたカーテンの中に案内され、やたらふかふかの椅子に座る。
靴下を脱ぎ、ズボンのすそをめくり(これは自分で)、フットバスに足を浸す。消毒とリラックスを兼ねとるわけね。
しばらくするとメイドたんがやってきた。
オレについてくれたメイドたんは本日デビューだという。未経験同士。ていうか処女童貞?
「おいおい、大丈夫かよ?」と内心思いつつ(失礼)、まず足を揉んでもらう。

あら、意外と上手。というか普通に気持ちいい。
おじちゃんやおばちゃんの分厚い手でがしがし揉まれないと満足できん、という人は別かもしれないが、それなりに文字通りツボを押さえた揉み方。
聞いてみると、店に出る前には本職のマッサージの先生のところで数日実習を受けるのだという。
店に出た後も先生のチェックがあるとか。意外と本格的(失礼)。
もっとも、客を舐めた商売は長続きしない、というのはカテゴリーを問わないと思うので、企業努力としては当然かもしれない。

このメイドたん、声優志望ということで、声優、アニメ、ゲームの話題で話が弾む。自分の守備範囲内で女のコと楽しく話が出来るのは悪くないね。つか、これが大きいのだな、きっと。しかも気持ちいいし。
手作りぽいところも実は大事なポイントなんじゃないかな。
自分のフィールド内で楽しく、女のコとマンツーマンで事務的でないコミュニケーションができる、というのが、ワガママでコミュニケーション下手なアキバ系にウケてる、と。風俗系と違って恥ずかしいというわけでもないし、自分に言い訳できるでしょ。この言い訳要素もポイントだね。

正直メイド服はどうでもいいかも。でもヴァーチャルな感覚を盛り上げるのには役立っているかもしれない。ヴァーチャルなメイドたんとリアルな会話を交わすというのは、なんか矛盾に満ちた感覚なんだけどね。

あ、という間の45分。アイケアも頼めばよかったな。+500円だし。
マッサージが終わるとドリンク(冷水or紅茶orストロベリーティー)が出る。
マッサージの後に水分を摂るのは老廃物を排出するのにいいということで理にかなったサービスだ。

というわけで帰り道は足取りも軽く。

まあこれで4000円ならリーズナボー。また行ってもいいかな、てな気にもなる。
でもなあ、3回行くとアルバのグラボ買えちゃうんだよなー。とか考えちゃうオレ。メイドたんもいいがお嬢さんも大事なのだ。
スポンサーサイト



  1. 2005/08/05(金) 01:00:00|
  2. 秋葉原
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

あれに見えるは

61578736.jpg白鷺城。

本日は600km西方へ日帰り出張。

姫路駅の新幹線ホームに一箇所だけ姫路城が見えるところがある。
窓にも「ここからお城が見えます」と書いてある。

確かに見えるが・・・(クリックで拡大します)。

ちいさー。
  1. 2005/08/05(金) 00:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

そして晩飯はBrownie

60ba3d0e.jpgなぜか午後6時に秋葉原にいるオレ。
晩飯を前から気になっていたBrownieで食う。場所は末広町駅から神田明神方面へ50mくらい歩いたところ。7席しかない小さなお店。
カレーとかパスタとかエスニック風洋食のお店なのだが思っていたよりもメニューが多い。目移り。
ベトナム風チキンカレー」も気になっていたのだが「牛肉の煮込み」を頼んだ。ライス大盛で。
味的にはハヤシライスというかビーフシチューというかドミグラスソース系で柔らかく煮込んだ牛肉がごろごろと入っている。ウマー。
これで750円(700円+大盛り50円)は安いね。
ただ、大鍋のヤツを小鍋にとって温めるせいかソースが熱々の割に肉はややぬるめだった。今の季節はいいけど、冬だったら肉まで熱々の食いたいかな。
  1. 2005/08/05(金) 00:00:00|
  2. 秋葉原
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
以下、広告です。