FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

納豆とチーズの包み揚げ

納豆とチーズの包み揚げ冷蔵庫を覗くと先週の餃子の皮の残りがあった。納豆も残ってるし包み揚げにでもしてみるか。

1.納豆に刻みねぎ、青海苔、付属のからし、タレを混ぜる。
2.餃子の皮で1を包む。
3.高温の油で揚げる。

これだけ。皮がまだ余ったので残りは同じようにチーズを包んで揚げてみた。

ちょっと揚げすぎてしまった。でもまあサクサクと美味いっす。
納豆の方は火を入れたせいか匂いもあまりなくいい感じ。でも辛みも飛んでしまっているのでカラシも味ももっと濃い目でいいかも。結構柚子胡椒マヨネーズが合う。チーズを細かく切って混ぜてもよかったかもね。

チーズの方は普通。まあよくある味。ケチャップがよく合う。つまみみたいだな。

今日はこれと昨日の牛すじ煮の残り。
残った汁は冷蔵庫で煮こごりにするぞ(つか、勝手に固まる)。ぷるぷるでウマーなのだ。

テーマ:手作りごはん - ジャンル:グルメ

  1. 2006/02/12(日) 22:10:37|
  2. 食べ物 - 作ったもの/レシピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(゚Д゚)ポカーン  メンタリティの相違?

香港でタイーホされたデモ隊に続いて韓国が今度は騒乱暴徒をドイツに輸出するようです。ていうかコリアン・フーリガン?

【サッカー】W杯、「音攻」で相手チームの睡眠を邪魔せよ!
ドイツW杯でレッドデビルズの「騒音攻撃」再現なるか


2002年6月3日夜、釜山市海雲台の某ホテル前広場。300人以上の韓国サッカー代表チーム応援団・レッドデビルズが宵の口から銅鑼(どら)や鉦(かね)を叩き、一晩中お祭り騒ぎをした。午前3時30分、客室の灯りが1つ2つ灯ったと思ったら、あわてて背広に身を包んだ男が広場に降りてきてこう言ったそうだ。「私はポーランドチームの責任者だ。みなさんは世界最高のサッカーファンで、その意思は私たちに充分伝わった。だから素晴らしいゲームのためにもう帰ってくれたらどうか」
 「もし選手たちの睡眠の邪魔になったのならすまなかった、そんな意図はなかった」と丁重に謝って、早く撤収すると急いだのに明け方5時40分まで鉦(かね)の音が止まなかったのは一体何の申し合わせだったのか。1950年ワールドカップでブラジル市民たちによって初めてお目見えして以来、ファンによる「音功」は開催国が享受する当然の権利として認められている。(中略)
2002年6月2日の晩、何者が筆者の電話に暗号のようなメッセージを残した。「これから釜山へ行きます。もし問題が起きたらコラムを1本書いて弁護してください」。問題のこの人物はドイツでサムルノリ(銅鑼や鉦など4種類の打楽器を打つ韓国伝統芸能)祭りを企画、夜明けまで続く場外闘争を陣頭指揮する予定という。
劉邦の漢軍は物悲しげな音楽を演奏して楚の兵士の心を容赦なくえぐった。その男の「音功」が四面楚歌の故事どおり相手選手の心を揺さぶり、ひっくり返し、乱しますように。こんなことをしてでもわれわれ韓国人は太極戦士たちの助けになりたい。カンカ~ン、カカカ~ン、グァグァグァグァグァ~ン。

「ファンによる「音功」は開催国が享受する当然の権利として認められている」というが、少なくとも前回の2002年日韓ワールドカップで日本のサポーターによる相手チームへの「音功」というのはなかったように思う。
一般的な日本人のメンタリティとして、試合の場以外でのこういう類の妨害行為は「卑怯な振る舞い」として軽蔑されるからだ。

「マリーシア」という単語がある。ポルトガル語で「狡賢さ」というような意味で、サッカーではルールに触れない(または審判に見つからない)反則ギリギリの行為を指す。審判に見えない位置でシャツを引っ張る、わざと倒されたように見せる、など海外のサッカーでは別に珍しく無い。要は反則にならない限り何をしてもOKという考え方だ。

フェアプレイとマリーシア

蹴閑ガゼッタ」のこのコラムでも、日本ではスポーツと精神性が結びついているためにそれに反するマリーシアは馴染まない、と結論付けている。
ましてやマリーシアですらないピッチ外での妨害行為など言外の行為だろう。ピッチを出ればそこは「ノーサイド」なのだから。

そして、このコラムにも述べられているようにこのようなメンタリティは日本人に特有というわけではない。でなければ98年フランス大会予選リーグのクロアチア戦のような出来事が起きなかっただろうと思う(ちなみに韓国の人に特有のメンタリティはこちらの記事を読むとよくわかるかも)。

98年フランスW杯のクロアチア戦にて

98仏W杯のクロアチア戦だったと思うが、日本の予選敗退が決まった時、勝利に喜ぶクロアチアのサポーターに対して、日本のサポーターから
「決勝リーグ進出おめでとう。同じリーグを戦った戦友として、 日本は、クロアチアの今後の健闘を祈ります」
というような英語の横断幕が張られた。

そして、日本側から
「クロアチア・ちゃちゃちゃ クロアチア・ちゃちゃちゃ (拍手)」
というエールが送られた。

期せずして、クロアチア側からも
「ニッポン・ちゃちゃちゃ ニッポン・ちゃちゃちゃ(会場全体が大拍手)」
という状況になった。

自分は当時も今もヨーロッパ在住の身で、ユーロスポーツTV(英語版)で観戦していたんだが、司会者とコメンテーターが、
「何と感動的なシーンなのでしょうか。長年W杯を観戦していますが、試合後にこれほど胸がいっぱいになったのは初めてです!」
「本当にその通りです。試合後に両チームの健闘を称えあう、これこそが、W杯が目指しているもののハズです。なんて素晴らしい・・・(嗚咽)」

自分もその言葉に泣きました。イタリアやドイツにはクロアチアからの
移民が結構すんでいるんだけども、今だにこのことを覚えてくれている人もいる


もちろんスポーツだろうが何だろうが勝負に勝つための行為は何でも是というメンタリティもまた世界には存在するわけで、韓国もその範疇に入るのだろう。そのような人たちから観れば上記のような行為は負けてなお相手を称えるなんて馬鹿じゃねえ~?ということになるだろうね。
冒頭の記事で騒乱を煽っているのはチョン・ウォンジェという大学教授で、国民の範たる教育者(笑)がこう言うからには、これが韓国人の一般的な考え方なのだろうと思う。
そのような相手に日本流のメンタリティを説いたところで何の意味も無いし日本のサポーターは日本流を貫けばいい。ただ、用心するに越したことは無い。

しかし、相手を眠らせないための単なる騒乱行為を、故郷の歌で敵国楚の兵士の戦意を奪った劉邦の知略(四面楚歌の故事)に例えるのは正直どうかと思うけどね(笑)。ていうか自画自賛?

テーマ:FIFA World Cup - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/02/12(日) 21:30:55|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

そういえば例の訴訟って

その後どうなったんでしょう。
遅ればせながら韓国ではIntelが公正取引委員会のガサ入れを食らったようですが。

韓国当局、Intelに立ち入り調査

韓国公正取引委員会(KFTC)が、独占禁止法および公正取引法違反容疑の調査の一環として、Intelのソウル事務所に立ち入り調査を行った。(中略)
昨年には欧州と日本の当局が、反競争的な慣行に関する証拠を求めて、Intelオフィスの立ち入り調査を行った。
 「日本の当局による同様の奇襲的捜索で、同国の独占禁止法に違反した慣行の証拠が明らかになった」とAMDの法務担当上級副社長トーマス・M・マッコイ氏はプレスリリースで述べている。「日本公正取引委員会(JFTC)は、Intelが日本のPC OEMと競争を阻害する条件で取引したと判断した」
 IntelはJFTCの判断に異議を唱えなかったが、不正行為は否定した。
 同社は米国で、AMDが市場シェアを獲得できなかったのは、主にサプライヤーとしての能力と信頼性の不足が原因だとする長い反論書をデラウェアの連邦地裁に提出した。

ところが、何故かこれらのガサ入れ後、AMDのプロセッサを載せるベンダーが増えてきて、わずか半年で米国PC市場でAMDのシェアがIntelを上回りAMDの世界的なシェアが5年ぶりに20%台に回復、なんて状態になっていますからねえ。どうしてなのかほんと不思議です。教えてIntelのエロい人。
  1. 2006/02/12(日) 17:15:43|
  2. インテルと愉快な仲間たち
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ハチのインド風カレー辛口

ハチのインド風カレー辛口秋葉原デパート2Fの100均にハチ食品のレトルトカレーの新しいパッケージが出てたんで買ってみた。「インド風カレー辛口」。パッケージ色はオレンジ。
「ハバネロの辛さが美味しいスパイシーなカレー」とある。
具はひき肉とガルバンゾ(ひよこ豆)。黄袋の辛口版?

味的には・・・あまりインドカレーっぽくはない。割と普通。ハチらしくやや甘めな味付け。具を除けば普通の辛口カレーっぽい。ていうか万人向け?
辛みは十分で何も足さなくても普通に食えるのはいいね。「ビーフカレーヤラピノ入り大辛」ほどは辛くない。
中辛だけどどちらかというと赤袋のほうがインドカレーっぽいかも。
とりあえずストックしとくのにはいいかな。100円だし。

ハチ食品のサイト覗いてみたら100周年記念商品「100年目のカレー」なんて出てる。食ってみたいなあ。

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

  1. 2006/02/12(日) 14:46:46|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

生きてろよアオイ - 舞-乙HiME 18話 -

先週分までずっと舞乙-HiMEって書いてた(汗

ヤマダいい味出してるな。ナツキもいいへたれ具合だし。
ハルカ相変わらず熱いなー。「ごめんねハルカちゃん」ユキノも過激だし。
あいかわらずセルゲイは「くそっ」(バシッ)ですか。それじゃーどっかの種みたいですよ。

ハルモニウムを起動させるには歌と紡ぎ手と守りびとが必要だと。
歌は「星が奏でるものがたり」でマシロ、紡ぎ手がアリカ、守りびとは?
ミユ登場。なぜアリカをそれほど気にかけるのかなあ。やはり何か理由があるんだろうなあ。紡ぎ手だから?
やっぱり「一人目」みたいだしミユ。

身分を隠して難民に紛れ、捜索する兵士達から逃亡するマシロ。
おーミミ再登場。OPにもいるしこれからしばらく出るのかな。
ミミの身の上話を聞き、これまで自分のしてきたことを悔いるマシロ。
ミミに差し出されたお世辞にも美味いといえないようなスープを「こんなに食べ物が美味いと思ったのは生まれた初めて」だと。

そのとき、アオイが難民達に見つかり脅されてることを知る。駆けつけるマシロ。アオイは難民達に崖に追い詰められてゆく。
マシロの居場所を教えるように脅されるアオイ。居場所を言えば助けてやると。
自ら名乗り出ようとするマシロ。しかし恐怖で身体がすくんで動けない。ただ流れる涙。
難民達の中にそんなマシロを見つけたアオイは意を決したように、

「知りません。知っていたとしても絶対に言いません。」

そう告げて自ら崖に身を投じる。マシロに微笑みと涙とを向けて。

・・・おーい、生きてるよなー。生きてろよー。お願いだから。・゚・(ノД`)・゚・。 ・

アリカは無事だったんだな。
EDはさすがにバラードっぽいイントロから始まる別バージョン。こいつとゾイジェネのEDはなあ・・・。
ていうか、これから毎週別バージョンだったりして・・・。

テーマ:舞-乙HiME - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/02/11(土) 23:17:20|
  2. アニメ/コミック/特撮
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:0

表参道ヒルズお目見え。 - 温故知新 -

表参道ヒルズが本日オープンしたそうだ。

「表参道ヒルズ」11日オープン シンボル継承、集客増

建築家安藤忠雄氏が設計した表参道ヒルズは、六本木ヒルズなどと違い景観を重視した低層の建物だ。建物中央は吹き抜け構造になっており、回廊は表参道の坂道にあわせて螺旋状に傾斜しているなど特徴的な構造になっている。
この建物は以前そこに建っていたある建物の景観をお手本にしたという。

現在表参道ヒルズが建っているそこには以前、旧同潤会青山アパートが建っていた

同潤会というのは関東大震災後、国策により設立された住宅供給を目的とする財団法人で、震災で破壊された木造/レンガ建て建築を教訓として、当時としては非常に先進的だった鉄筋コンクリート造りのアパートを、1941年に解散するまでの間に東京、横浜16箇所に建築した。これらのアパートは当時「東洋一」とまでいわれたそうである。まだ第二次世界大戦前の話だ。

同潤会 - Wikipedia

そのうちの一つが表参道に面した青山アパートだった。人が住んでいたのはもちろんのこと、数々のショップが入居しており、その頃の表参道の顔の一つだった。
オレも何度か入ったことがあった。渋谷-原宿界隈は小学生の頃から東京都児童会館や代々木公園に遊びに行っていたので馴染みがあったし、学生の頃に散策するときなどにちょっと入ってみたりした。時代がかった建物は廊下や階段が薄暗かったりもしたが、そこだけ時間が止まっているような雰囲気があって好きだった。

青山アパートと並んで思い出すのは代官山の八幡通り沿いにあった代官山アパートだ。代官山も好きな町だったので学生の頃暇なときよく散策した。当時たしかロイドフットウェアとかが入っていたかと思う。無味乾燥な都営団地などと違い、そのデザインや配置などにもセンスがあり、建物の息遣いのようなものが感じられた、などと思うのは贔屓目に過ぎるだろうか。

こちらのサイトには新宿区にあった江戸川アパートの写真がある。

同潤会 江戸川アパートメント

「あった」というのはこちらもやはり再開発のため取り壊されたからだ。
代官山アパートも同じように取り壊された。
やはり取り壊された鶯谷アパートは健保の健康センターか何かの正面にあって何年か前に健康診断に行ったときに外から眺めた。
同潤会のアパートはどこも一目でそれとわかる佇まいがあった。

いくら景観に魅力があったとしても住民にとって不都合が多ければ優れた住居とはいえない。
時代の波に晒されて老朽化し時代遅れになったその設備は建替えの必要に迫られていたのだろうか(ただし、構造に関しては取り壊す段になっても問題はなかったのだそうだ。その点においては最近の強度偽装マンションなんかよりもずっと優秀だったのである)。
またその都心の商業地域に位置する立地には、もはやただの集合住宅は存在を許されないのだろうか(公務員の官舎は一等地からどかないくせにね)。
ここ数年どれにも足を運ばずにいたが、知らぬうちに皆取り壊されてしまった。
記憶の中の風景が消え去っていくのは寂しいもんだねえ。

かつて存在した16のアパートのうち、現在残っているのは台東区の上野下アパート、荒川区の三ノ輪アパートの2か所のみだそうである。

テーマ:今日、気になったネタ - ジャンル:ニュース

  1. 2006/02/11(土) 21:48:01|
  2. ノンジャンル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

牛すじと大根の煮込み Ver.2

牛すじと大根の煮込み Ver.2かきのグラタンとどっちにしようか迷ったんだけど牛すじと大根の煮込みにした。
大根高いなあ1/2で129円かよー。
以前100g88円の牛すじ(1kgだったけど)を発見した肉屋に寄ってみる。土曜は特売日のはず。
・・・休み。どう考えても建国記念日です。ありがとうございました。
仕方がないのでスーパーに戻り100g138円のオージー牛すじを買う。
国産牛よりスジが太い感じだなあ。

今日は前回と違ってオージー牛だし、下茹でしてみよう。

1.牛すじ350gを、酒大さじ1、薄切りショウガ数枚、長ねぎの青いところ適宜、ひたひたの水と一緒に圧力鍋で1510分煮る。
2.火を止め、鍋に水をかけ鍋の圧力が下げて開け、牛すじを取り出して脂をよく洗い流し一口大に切る(牛すじが多すぎるのでここで半分冷凍にした。今度使お)。牛すじ以外は捨てる。
3. 大根1/2の皮を剥いて、厚さ1.5cm位の輪切りにし、米をひとつまみいれて透明になるまで茹でる。
4.鍋に2の牛すじ、3の大根、薄切りショウガ数枚、酒大さじ2、砂糖大さじ2/3、酢小さじ1、ひたひたの水を入れて普通のふたをして弱火で15分煮る。
5.つゆの素、醤油で味を調えさらに15分煮る。
6.一旦冷ます。
7.食べる前に再度温め、ねぎなどの薬味をお好みで入れて。

うーん、めちゃくちゃあっさり目だな。ちょっと薄味だったのもあるけど。まあまあ美味いけど味的には前回の方がよかったな。
下茹でしすぎたかな。それとも前回国産牛だったから?

4/17追記:下茹で時間は10分でもOKだったので訂正。

テーマ:手作りごはん - ジャンル:グルメ

  1. 2006/02/11(土) 20:04:17|
  2. 食べ物 - 作ったもの/レシピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Pen4クロックアァーップッ!

そんなわけで秋葉原。
ダイビル-UDX間の陸橋は渡ったことなかったので、そちらのルートを歩いてみた。写真はこちら。

【フォトレポート】秋葉原UDXの陸橋が通行可能に! いつもと違った視点で街を眺めよう

サボニウス・ウインド・タービン」の写真撮ろうと思ったら携帯の電池切れてたorz
Ark、Faith方面に出るには楽でいいね。陸橋&空中歩道。

Pentium 4を空冷で4.8GHzのオーバークロックしたPCがデモ中

TwoTopでCedarMillコアのPentium 4 631(3GHz)を空冷で4.8GHzに160%OCのデモをやっていた。CPUクーラーはNinjaに12cmファン3つ(NinjaSI120NCU2005などと並んで現在最も冷えるCPUクーラーの一つ)。160%はすげーな。
ケースからどのくらいの熱風が出てるのか見たかったが三方をガラスに囲まれていて手が入らなかった。

先日オレは新しいコアのPen4/Dに関して「忙しいときこそ怠けよう。」という記事を書いたのだが、スマソ、大変な間違いを犯していた。
記事中でオレは「EISTが働いて自動的に温度下げますから」などと書いたのだが、この機能はEISTではない。TM2(Thermal Monitoring 2)という。大変申し訳ない。

ひっそりとリリースされたPentium 4 570J

TM2 : 元々Pentium 4では内部のサーマルダイオードで温度を監視しており、ある程度以上の温度になるとプロセッサの破壊を防ぐためにシステムをシャットダウンしたり、動作クロックを落としたりするという機能を持っている。TM2はこれを更に発展させたもので、クロックを落とすと共に電圧も落とすという仕組みだ。まず動作クロックを25%程落とし、更に電圧を落とすことで、トータルで40%程度まで発熱を下げる仕組みである。
これはあくまで非常用というか、通常利用するシーンでTM(Thermal Monitoring)が動作するのはあきらかにおかしいので、逆に言えば通常の利用ではこのTM2の恩恵を受けるケースは殆ど無い筈で、実際そうあるべきであるが。

ということだそうだ。

ところで、上記のTwoTopのデモだが、某掲示板のPen4/Dのスレッドでベンチの値(HDBENCHのCPU/Integer148173 Float163859)が低すぎるという指摘がある。OCしているにもかかわらずCPU周りのベンチマークの数値が低いというのはどういうことなのか?
以前の記事で述べたように、やはり発熱が一定値を超えるとTM2が作動するため、動作はするがクロック/電圧が落ちていて所定の性能が出ていないのではないかという気がする。Superπ1Mが28秒というのも4.8GHzとしては凡庸なような。5GHzにOCしたCeleronDでSuperπ1M19秒(仏文)という記事もあるし。もっとも、うちの♪146(2.78GHzにOC状態)でCPU/Integer133828 Float156908、Superπ1M31秒ということを考えるとそんなに悪いスコアでもないのだが。
上記スレッドの報告でも、同様の構成で同程度OCをするとSuperπ1Mになぜか1分15秒という報告さえある。うちの豚2500+定格(1.8GHz)でさえ1分なのに。
負荷時にNinja使用にもかかわらずCPU温度が75℃とかまで上がってしまうようなので、やはりTM2が働いちゃっているのではないでしょうか。ていうか過ぎたるは及ばざるが如し?

もっとガンガン(液体窒素とかで)冷やしてやれば性能もクロックなりに出るのかもしれないけどねえ。どうなの?

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2006/02/11(土) 18:03:14|
  2. インテルと愉快な仲間たち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日はひどい目にあった。

昨日の夕方、あと一時間ぐらいで仕事終わりかな、と思ってたら、
「トラブルなんで行って下さい。」非情なる声。

え?これから?まじ?だって金曜日だぜ?・・・仕事だし仕方がねーか。

・・・当然新幹線の中はビール片手にほろ酔い加減のお父さんばかり。くそぅ。
結局客先に着いたのが9時ぐらい。客先を出たのが12時半ぐらい。
当然その日は泊まり。その日のうちに一応片がついたから土曜日の分は移動だけで代休も取れないし。

・・・まあいいか。大浴場(温泉)で朝風呂も入れたし、日当も(半日分だけど)出ると思えば。

帰りの新幹線は、シートの巾が足りねーのか隣のデブのオバハンの肘が明らかに肘掛を乗り越えてぐりぐり当っててむかついたけど、眠かったのとめんどくさかったので、無視してそのまま東京まで爆睡。

どうせなので東京駅からそのままアキバに行っちゃえ。


  1. 2006/02/11(土) 16:43:26|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

チューリッヒのCM

アルプスの少女ハイジの登場するチューリッヒの自動車保険を見て、
「杉山佳寿子さん、頑張るなあ。」などと要らぬ心配をしてしまうのはオレだけだろうか、と思い調べてみたところ1947年生まれの58歳。
まだそんなお歳ではないのですね。失礼しました。
そういえば「ふたご姫」のキャメロットも杉山さんだよね。
  1. 2006/02/09(木) 23:52:57|
  2. アニメ/コミック/特撮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

静岡おでん缶

静岡おでん缶静岡おでん缶の中身あきばお~の旧正月福袋に入ってた静岡おでん缶食ってみた。
缶から器にあけてチンする。なんかやけに黒いなあ。
具はうずら卵x3、黒はんぺん、さつま揚げ、なると巻き、糸こんにゃく、牛すじx4。黒はんぺんて・・・。なんかつみれの種を平たく延ばした感じ。それにしても・・・汁が多い。
うーん、汁がイマイチだなあ。魚臭いというか。あまり美味くない。しょっぱくはないんだけど。
元祖こてんぐのおでん缶は食ったこと無いんだけど、これはやっぱり美味くない。
スジもぺろぺろのスジのみって感じだし。静岡おでんってこんなのか?
教えてくれ静岡の人。

あきばお~でまとめ買いしてる人とか見るけど味知ってんのかなあ?

  1. 2006/02/09(木) 23:04:25|
  2. 秋葉原
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ダメ男言うな。

「アキバ王」「フィギュア王」とオタク晒し系企画を連発してきた「TVチャンピオン」。
以前は結構好きだったんだけどな(今でも職人系は結構好き)。
言うに事欠いて「ダメ独身男もてさせ王選手権」だって。
「非モテ」言うならともかく、ダメ男言うな。
見た目がよくて話が上手けりゃOKなのか。ダメじゃないのか。
それほど結婚て偉いのか?

「人を外見で判断するのかよお!」

全くもってその通りです。・・・いやしかし、実もふたも無いな(笑)。
好くあれ、とする姿勢は確かに必要。
ルックスも自分に自信が持てるのなら必要。
人の気持ちを読み取ることも必要。
でなければ笑いなど取れません。・・・・アレ?

確かに出場したのはひとくせあって「空気嫁」ないひとたち。
仕事一筋、オタク、マザコン・・・。
確かに、会話したら「おまえ、人の話聞け。」といいたくなるようなタイプ。
でも、自分に自信がなくて、自分以外の世界観に触れることが少なくて、相手と言葉のキャッチボールをすることに慣れていないだけだと思うね。

その人たちに「モテ術」を叩き込むだと。

途中のトライアルの間、ある意味、教え込まれた話術やテクニックに頼っていた彼ら。「モテる男を演じるだけ」そう言われたとおりに。
しかし最後のキーワード、「愛とは何か」と問われて答えた、
「男でも女でも大切な人のために命をかけて助けること」
「全てを許すこと。全てを受け入れること。」
それらの言葉には彼らの本音が溢れていて、乗せられたと遺憾ながらちょっと目頭熱かったぜ。
最終的に人が感じるのはそういうところじゃないか、と思うのだが。
まあ、対人能力という点で彼らも成長しただろうしよかったよかった(棒読み)。

実際にはそんなに甘っちょろいもんでも無いだろうけどね(遠い目)。
オレ?まあオレは遺伝子のミッションももう果たしたし、別にいいけどな何でも。

あと・・・・・マジックは役に立つなあ(笑)。
  1. 2006/02/09(木) 21:15:27|
  2. ノンジャンル
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

乗ってみたいなツェッペリン飛行船

今日の大分は雪。結構九州も雪が降るのだよね。
帰りは空港に着くのがギリギリになってしまい、予約してあったANAの最終は乗れないなとJALの最終で発券し待合室に進んだところ、しっかり遅れておりました。両方とも。
しまったANAに乗ればよかった、マイルもったいね。などと思っても後の祭り。20分遅いJALの最終便に10分程遅れて乗り込みました。

風があるせいか離陸上昇の間揺れる揺れる。これで墜ちたらもったいねどころじゃねーな、と思っていたら無事雲の上に。

到着までヒマなので寝る、という選択肢もあったが久々に乗ったJALなので機内誌「SKYWARD」でも読んでみたところ、ツェッペリン飛行船が特集されていた。

一般にツェッペリン飛行船と呼ばれる硬式飛行船(金属外殻を持つ飛行船)を開発したのはツェッペリン伯爵である。このおっさん、フルネームはフェルディナンド・アドルフ・ハインリッヒ・アウグスト・フォン・ツェッペリン、とエルビス・コステロ(本名、パトリック・デクラン・アロイシャス・マクマナス)も真っ青の長ったらしさだ。
ツェッペリン伯爵はドイツの地方領主の子息として生まれ、軍を退役後、飛行船の開発に没頭したという。彼は巨額の資金と数十年という年月をこの開発につぎ込んだため「阿呆伯爵」と呼ばれたそうだ。

その甲斐あって硬式飛行船は実用化され、1900~1939年の間に130隻が建造された。主なお得意様はドイツ軍で、第一次世界大戦ではロンドン爆撃に使用された。
その127番目の船体が世界一周飛行を成し遂げた「LZ127グラーフ・ツェッペリン」である。ツェッペリン伯爵の没後12年のことであった。このとき日本に寄った際には土浦に降りている(当時土浦に飛行隊があったため。リンドバーグも来日の際には霞ヶ浦に降りたそうだ)。
そしてその129番目が大火災事故で有名な「LZ129ヒンデンブルク」号である。ヒンデンブルク号の爆発は浮力を得るための水素に引火したためといわれていたが、実は雷雲によって帯電した船体から発した火花が塗料に燃え移ったためらしい(水素の燃焼は無色なので炎は見えないそうだ)。
この事故およびその後の航空機の発達によって飛行船の存在は急速に時代の傍らに追いやられていく。

現在、彼の生家(現在ホテルになっている)のあるドイツ、ボーデン湖畔には彼の名前を冠した遊覧飛行船が飛ぶ。
その名を「ツェッペリンNT」号という。
この「NT」はどこかの窓と一緒で「New Technology」の略だそうだ。現在世界最大の飛行船で、全長75m、定員は14名(乗客12名)。世界最大といってもグラーフ・ツェッペリンが全長263m、定員45名だそうだからそれからするとかなり小さい。
ちょっと調べてみたところこの「ツェッペリンNT」、去年日本に来てたんですね。見ればよかった。1台ではなく量産されているようです。

乗ってみたいなー飛行船。飛行機はもう乗り飽きたよー。

現在のNT号はどこのかわからないが、かつてのツェッペリン飛行船のエンジンはマイバッハが製造していたそうだ。マイバッハとはえらく懐かしい名前だなあ。マイバッハとはダイムラー、ベンツと並んでガソリンエンジン車の開発者の一人。ガソリンエンジン車の父といってもいい。第2次世界大戦中のドイツ軍の戦車のエンジンはほぼ全てマイバッハエンジン。ティーゲルもパンターもみんなマイバッハ。
かつて1920年代には超高級車も生産していた。その名も「マイバッハ・ツェッペリン」(笑)。
しかし60年代にダイムラーベンツに買収されてしまいます。

世界初の硬式飛行船に世界初のガソリンエンジン。この頃はまさに、
「ドイツの科学力は世界一ィィィィィッ!!」
だったのですねえ。

最近マイバッハの名前もダイムラー・クライスラーの最高級ブランド(なんとメルセデスベンツの上!)として復活してました。
オーダーメイドで最低でも4000万円以上だそうです。たか。

テーマ:飛行機、電車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/02/09(木) 00:29:25|
  2. ノンジャンル
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

九州を走る列車たち

コメントをくれたRoyさんの言うとおり、九州を走る列車たちには本州のそれと違う独特の「味」がある。

オレが思うにJR九州の列車のデザインやカラーリング、内装はヨーロッパの列車を意識しているように感じる。
エクステリアでいうなら、883系ソニックのリモワのスーツケースのように、あるいはシトロエン2CVのように側面にリブを配した車体、リレーつばめや有明のゲルマンちっくな無骨なデザイン。885系ソニック/つばめなどにしても小顔なところがなんかヨーロッパちっくだ。
内装は一言で言うとオシャレ。航空機のそれのようにふたが閉じるようになっている頭上のバゲッジスペースや、885系ソニック/かもめの本皮風シート(しかも前席背面のテーブル以外に、肘掛からコーヒーテーブルが振り出せるようになっている。)やフローリング風の床、ガラスで仕切られたデッキとキャビン、ゆふいんの森のように木材を意識して使用したキャビンなど。新幹線つばめも内装はしっかり九州テイストだ。
色でいえば、リレーつばめ、有明のメタリックグレー、883系ソニックのフレンチブルー、にちりんのような落ち着いた赤など。

そんな列車たちのイメージビデオ風のクリップをJR九州のサイトで見ることができる。

Seven Stories about Trains

豊肥本線のが出来ていないようなので本当はまだSix Storiesだと思うのだが(ダイジェストを入れてSeven?)。
ただし再生がWVXストリームなのでオレのようにWindows Media Playerをメインのプレイヤーにしてないひとはそのままだと見られないかもしれない。
そんな場合はWindows Media Playerを起動して[ファイル]>[URLを開く]で直接指定してやれば見ることができる。Macなひとは・・・スマソ。よくわかんない。

鯖寿司画像は特急ソニックの車内販売で買った鯖寿司。豊後といえば鯖でしょう、と買ってみたところ、これがとても旨い。しかも800円とお手ごろ。
季節もあるのだろうがしっかり脂が乗っていて、しかも〆め方がちょうどいい。たいてい駅弁で買うような鯖寿司は酢が染み渡って身がパサパサになったものが多いのだがコイツは絶妙だった。
これもひとつの「味」の違いかな。

テーマ:飛行機、電車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/02/08(水) 22:56:14|
  2. ノンジャンル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日は博多にて宿泊。

L特急有明は全席禁煙でJRも着々禁煙化が進んでるのかと。しかも1両目に喫煙ルームなるものがあった。熊本駅には0A番ホーム、0B番ホームがありました。-1番ホームじゃないのね。
着いた時間が遅かった上に天気悪いので地下街の定食屋で晩飯。
ホテルはインターネット無いし。あーあ。
明日のお客は大分でございます。流浪のエンジニア。
  1. 2006/02/07(火) 23:10:26|
  2. 日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

Boom the WASABI?

今「あるある大辞典」でやっていたが、わさびがタイでブームだそうだ。
ていうか辛い料理の多いタイ、そのつけかたが並じゃない。
かけうどんにでかいわさびの塊を溶いて食ったり。
わさび味のスナックとかも登場した(日本にもあるけど)。
わさびがネタの軍艦巻きが売ってるのはワロタ。罰ゲームだろそれw。

テーマ:海外こぼれ話 - ジャンル:ニュース

  1. 2006/02/05(日) 21:13:53|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ランキング登録してみた。

Blog始めて9ヶ月。初めてランキング登録などしてみた。
FC2のではなく人気ブログランキング のやつ、ってとこがちょっとへそ曲がり?
ここんちのブログ検索はLivedoorなんかと較べても引っかかる数/精度共に高い気がしてなにげによく使うので。

悩んだのはランキングに参加するカテゴリの設定。
日記とかパソコンとかアニメとか料理とかいろいろあるのだが、とりあえず「パソコン」にしてみた。「日記」とかだとあまりにも競争激しそうだし。
5つまで設定できるのだけどその代わりポイントが割り振りになるので、そんなことし日にゃただでさえ少ないPVがー、と思って一つに絞ったのだが、「パソコン」カテゴリって業者さんのblogが多いのね。
まあ気にするほど上位にくることもないだろうし、どの程度かやってみっか、って感じです。よろしくおながいします。

追記:登録後約2時間で10ポイント304位。ありがとうございます~。・・・って自分のポチか。

追記2:早くもカテゴリを修正。「PC・ネットニュース」にしてみました。理由は「パソコン」カテゴリよりポイントが低くても上位にいくのと、「パソコン」カテゴリは業者さんが多いので組織票には無勢かと思ったので。どうせなら見かけ上でも上位の方がうれしいじゃないですか。
このカテゴリは先輩さんがいるのでよろしくお願いします。
  1. 2006/02/05(日) 18:34:01|
  2. WEB/BLOG
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

ヒンギス残念。

「いったいどうしちゃったの?」

昨日とはまるで別人。そんな試合内容だった。
東レパンパシフィックオープン決勝戦。ヒンギスはサーブにラリーにミスを連発する。まるで昨日の終盤のシャラポワと入れ替わったようだった。

サーブが入らず、ラリーではディメンティエワにコントロールされる。
昨日と全く逆の内容で、1セット目はわずか2ゲーム、2セット目は1ゲームも取れずにあっさり敗退。

肉体的な疲れによるものではなく精神的なものだったのだと思う。
彼女にとっては昨日の試合が今大会の一つの峠だったのだろう。それを超えたがためにテンションが落ちてしまったように感じた。その精神的なわずかなズレがサーブを狂わせ、ストロークを狂わせ。そんな風に見えた。ラリーにも昨日のようなキレはなかった。
ミスをするたびに彼女が見せる苦笑のような表情がそれを物語っていた。「あーやっちゃった。」みたいな。

それでも最後まで笑みを失わず、ディメンティエワの勝利者インタビューを自分に言い聞かせるようにひとつひとつ相槌を打ちながら聞いていた彼女は好印象でした。

次、がんばって欲しいな。

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/02/05(日) 16:34:34|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:6

鬱展開キター!っていうかキスギダー! - 舞乙-HiME 17話 -

なんなんだー今回はー!

急展開過ぎ。しかも鬱過ぎー!

シュバルツ来襲するヴィントブルーム。
各個応戦するオトメ達だが、シュバルツの発する干渉波のため認証システムがダウンし、ローブを解除されてしまう。
混乱に乗じガルデローベに現れたアスワドたちと戦っていたナツキとブブ様もローブを解除され丸腰に。
そこにスレイブの大群が押し寄せる。
無勢とみてアスワドたちが去るとき、ヨウコ先生がラドを「黎人さん」と呼ぶ。
しかしラドは「その名で呼ぶな」と。本人?

マシロを警護しつつ闘技場を逃れたアリカ達。途中でエルス、セルゲイと合流する。しかし、なんか様子のおかしいエルス。

そこに現れるスミス。マシロを渡せと迫る。
セルゲイが「蒼天の青玉を使え。」と囁く。
アリカとマシロが青玉を手に握るとペンダントから飛び出しアリカの耳とマシロの指に嵌る青玉。マテリアライズ!
アリカのローブを見たスミスは呟く。「まだ力を使いきれていない」と。
最終バージョンがレナの着ているローブなのかな?サナギマーン。

そしてスミスが叫ぶ。

「働いていただきましょう。ミス・エルスティン!」

え・・・・。

エルスの手にはシュバルツの紫水晶が。さっきのはこれの伏線かー!
スレイブを召喚するエルス。戦いを止めるよう説得するアリカに、両親も祖父母もずっとそうだった、決まりなのだ、と告げ、謝るエルス。

そこへ現れるナギとニナ。マシロに黒幕か、と問われ認めるナギ。

スミスに命令されアリカを襲うエルスティンのスレイブ。それをかばったセルゲイの胸元から落ちたのは、いつかアリカがおじさまに送ったハンカチ。セルゲイはアリカを救うため、彼女が本物の姫だとナギに告げる。
セルゲイがナギを裏切っていたことがばれた瞬間。
そしてセルゲイの気持ちがニナにばれた瞬間。

「ずるいです・・・お父様・・・」

ニナテラカワイソス。

ことの真相を知り混乱するニナ。憎悪に燃えたニナに呼応して漆黒の金剛石がニナの耳とナギの指に。
マテリアライズしアリカに襲い掛かるニナ。
アリカを庇ってニナの前に飛び出し一刀両断されるエルスのスレイブ。

「戦いがなければ・・・、みんなと・・・ずっと・・・いっしょに・・・あたしたち・・・友達・・・だから・・・あたし・・・」

消えてゆくエルス。

エルスを失った怒りと悲しみに激突するアリカとニナ。お前らエルスの何を聞いてたんだー?
ていうかあの爆発の中じゃ本人達以外皆死亡だろ普通。・・・セーフティシャッター?

うああああ!エルス死んじゃったよー!なんか来週から観る気が・・・。
アリカとニナの激突は新OPで決まりとはいえ、こんなに早く来るとはね。

この記事を書いていて、もしアニメ版「君望」でこれだけのタメがあれば、遙はベッド上のオブジェにならずに済んだんじゃないか・・・?とか思っちまったオレがいる。わずか2話だったからな第一章。
ま、栗の子繋がりということで。

テーマ:舞-乙HiME - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/02/05(日) 02:25:32|
  2. アニメ/コミック/特撮
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0

NDIMAKUKHONDA/ディマク・コンダ

アフリカの小国マラウィで、ある日本人の歌がヒットチャート1位を驀進している。
歌の名は「NDIMAKUKHONDA/ディマク・コンダ」。
現地のことばで「愛してる」という意味だそうだ。PVの中で甚平を着て歌っているちょんまげの青年はプロの歌手ではない。

山田耕平さん。海外青年協力隊のマラウィH15年度2次隊村落開発普及員だ。
この歌は現地のミュージシャンの曲に山田さんが付けた詞を現地語に訳したものだ。
歌の中では、ある男女が偶然出会い、そして恋に落ちる。

マラウィという国は他のアフリカ諸国同様HIVの成人感染率が高く15%近くにもなり、平均寿命が40歳にも満たない国だ。そのせいもあり国自体も最貧国といえるほど貧しい。

歌の後半、二人はHIV検査を受けに行き、男は陽性と判定される。
「君を傷つけたくない。他にいい男を見つけてくれ」と別れを切り出す男に「それでも愛しています」と女は言う。

そう、ちょっと切ないこの歌はエイズ検査奨励ソングなのだ。
マラウィでは若いカップル間の感染が多いという。エイズで何人もの人が死んでいくのを見ていた山田さんは、エイズをくいとめるために何か出来ないだろうかと考え、この歌をつくったという。
その歌がマラウィの人の共感を呼んだのだ。

さっきTVで見たのだけどWebでは何故か全然ひっかからない。
あまり知られていないのかな?でも、こういう話はうれしいね。
この歌のおかげで検査を受ける人が増えたかどうかは明らかにされていなかったけど実際にエイズをくいとめる助けになって欲しいと思う。

こちらの方の記事にJicaの記事へのリンクがありました。

アフリカ マラウイで日本人青年の歌が大ヒット

jica JOCVニュース マラウイ・協力隊員HIV/エイズ予防啓発を現地語の歌でキャンペーン !

テーマ:海外こぼれ話 - ジャンル:ニュース

  1. 2006/02/04(土) 23:11:40|
  2. 海外ニュース
  3. | トラックバック:7
  4. | コメント:20

カレー作った。

カレー食材が切れてるので戸棚を探ると賞味期限をやや過ぎたカレールウが発見されたので、久々にカレーなど作ってみることにした。

寒空の中材料を買いだしに行く。人間てのは生きてる限り腹の減る不便な代物で、こればかりはどんな引きこもりも仕方がないのう。
外に出ると少し咳が出るな。
しかしだるくて晩飯作るのがめんどくさくなったので途中で寿司食った。
でも舌がちょっとダメみたい。ネタの味の微妙なところが感じられず。全く味がわからないということはないのだが分解能がかなり落ちてる感じ。普段なら100倍で見える顕微鏡が20倍までしか見えない、とかそんな感じだね。なんか損した気分。

材料は買ったので明日のためにカレーを作る。
1.適当に切った鶏もも肉、ニンニク、玉ネギ、ニンジン、ブナシメジ、をオリーブオイルで炒める。ショウガチューブ、アンチョビペースト、冷蔵庫の中で余っていたベーコンも入れてしまえ。
2.十分炒めたら、鍋に移し、水、赤ワインで煮る。沸騰したらアクを取りさらに20分ぐらい煮る。
3.カレールウ5皿分を入れさらに10分煮る。隠し味にココア、インスタントコーヒー、醤油を入れてみる。
4.ケチャップ、ガラムマサラ、唐辛子を適当に入れて味を見たら大辛になってた(泣

鶏肉、きのこ、ショウガ、唐辛子は風邪にもいいみたいだし。
友人の結婚式の引き出物で貰ったハイテク土鍋で作ってみたがとろ火でも火持ちがいいのがいいね。

明日だけじゃ食いきれないけどどうしようかな。あさってからまた出張だし。

こうやって大量に料理作るの好きなんだけど、最近出張が多くて単発の料理(炒め物とか)しか作れないのが不満。カレーとかシチューとか牛すじとか餃子とか好きなだけ作りたーい。
あ~あニートになりたいなあ。で好きなだけ料理して毎日(同じものをなくなるまで)食うと。
経済的な問題さえ解決されれば別にいいよニートでも。別に親に寄生するとか他人に迷惑かけなければね。今だって金稼ぐために仕事してるんだし。まあでも、こういう理由でニートになりたいってやつは珍しいだろうね。ていうかプチリタイヤ?

などと思ったりする風邪ひきの夜。
  1. 2006/02/04(土) 22:43:19|
  2. 食べ物 - 作ったもの/レシピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

土曜の昼にテニス観戦。シャラポアvsヒンギス

今日は疲労と風邪で体調が悪いのでごろごろしていた。
昼食後少しうとうとして目を覚ますと点け放しのTVでシャラポアとヒンギスの試合がちょうど始まったところだった。ヒンギス?マルチナ・ナブラチロワから名前を貰ったんだっけ。昔は小生意気なお嬢ちゃんという印象だったが、あれから何年たったかな。

というわけで普段はテニスは観ない。せいぜい年に片手で数えるほど。別に嫌いなわけではないのだが、特に興味が無いのだ。
というか格闘技、サッカー、野球、スケート、体操辺りしか観ないのだが。ゴルフも駅伝も観ない。ちなみに子どもの頃はプロ野球中継大嫌いだった(アニメがつぶれるから(笑))。
だからテニス観戦は素人で、基本的なルールがわかる程度。各選手のプレースタイルとかテニスの細かい見所などはさっぱりだ。
そんなオレが試合に魅き込まれてしまった。

東レパンパシフィックオープン準決勝。両者初顔合わせのこの試合は新旧女王対決と銘打たれていた。
ディフェンディングチャンピオンの若いシャラポアと過去6回決勝進出しているとはいえ3年半ぶりにプロに復帰したヒンギス(ていうか今何歳?)。順当に考えればシャラポア有利なように思える。

序盤は互角。プレースタイルは力のシャラポアに対し技のヒンギス、という印象。でけーなシャラポア。
速いサーブと力強いストロークでゲームを支配しようとするシャラポアを、逆にボールへの素早い追い着きと正確なショットで追い詰めるヒンギスという展開になった。
解説の伊達公子が「『テニスはチェスに似ている』と言われる」と言っていたが、ヒンギスのそれはまさに詰め将棋のようで、ラリーの間に少しづつシャラポアを追い込んでいった。
ヒンギスは打点に入るのが早い。解説によるとシャラポアのショットはめちゃめちゃ速いらしいので、シャラポアほど身長もなくリーチも長くないヒンギスにとっては相当素早い判断とダッシュ力が要求されるはずなのだが、ヒンギスの常人離れした正確な読みと鍛えられた足腰がそれを可能にしているのだろう。ボールに到達するのがとにかく速いのだ。そして右に左に多彩で正確なショット。相手の心理を読む判断はまさにチェスのよう。

試合は徐々にヒンギスに傾いた。1セットの7ゲーム目までは互いにサービスゲームをキープして互角に渡り合っていたのだが、次のゲームでデュースの果てにシャラポアのサービスゲームをブレイクするとそのままじりじりとヒンギスペースに。

両者の心理はその表情にも表れていた。非常に苦しそうな表情のシャラポアに対し、リラックスしてときどき笑みさえ浮かべるヒンギス。ボールをワイドに振られて見送ったヒンギスがチラッと振り返ったとき「今のはやられたわ。」と苦笑しているように見えた。
9ゲーム目の最後でボールがネットに当たりいいところに落ちるなど運も味方して1セット目は6-3でヒンギス。

これが影響したか2セット目になると完全にヒンギスペースで、ヒンギスのサービスゲームが早い。
シャラポアはよく堪えていたが、焦りが少しづつ調子を狂わせたのだろう、ショットのミスも増え、ラリーはほとんどヒンギスが制した。ところどころでシャラポアが渾身のサービスエースを決めるが、これも最後の抵抗という感じだった。各ゲームの内容ではそこそこ善戦したものの、結果的にわずか1ゲームしか取れず2セット目を落としたシャラポアの負け。

ヒンギスのプレイは的確な読みと素早いダッシュによるボールへ早い到達、ラリーで相手を翻弄し追い詰める多彩で正確なショットに終始していた。非常に落ち着いた安定感のあるテニスだった。
解説の松岡修三が、
「最近はパワーさえつければいいと思っているような若いプレーヤーが多く見られますが、これは全く違うテニスです。」
「シャラポアの速いボールに対し下がるところかベースラインをキープ、または前に出る。普通では考えられない。」
などと言っていたので最近主流のプレースタイルとは違うらしい。また、復帰以前のヒンギスのスタイルとも違うようだ。ある意味芸術的だったな。
「こんなに走らされているシャラポアを見たことはないんじゃないでしょうか。」
「今大会でシャラポアがドロップショットを打ったのは初めてです。」
「シャラポアは『私がこれまでやってきたテニスって何だったの?』と思っているでしょう。」
などとシャラポアも自分のテニスをさせてもらえなかったようだ。

しかもヒンギスが楽しそうにプレイしているのが観ていて伝わってきたしなんか好印象。
門外漢のオレが観ていてもとても面白かったよ。明日の決勝も観ようかな。

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/02/04(土) 17:26:27|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

忙しいときこそ怠けよう。

以前、65nmプロセスのPentium D/4はバグ持ちだ、と書いたが、これのステッピングが修正されたようです。

Intel、65nmプロセスPentium D/4のステッピングを変更
~EIST有効化、4月出荷予定


大きな変更点として、「Enhanced HALT State」と、「Enhanced Intel SpeedStep Technology」(EIST)が有効となり、Pentium D 940(3.20GHz)のマザーボード設計ガイドラインが130W枠から95W枠へ変更される予定。

ん、ちょっとおかしくないか?
EISTってのはCPUの負荷や温度に応じて周波数や電圧を加減する機構だがCPUの発する熱量自体が減るわけではない。940のコア自体は以前のステッピング同様に計算能力を最大に発揮した場合は130Wの熱を発するはずだ。
なのにどうして設計ガイドラインの熱量が130→95Wに下がっているのか。

考えられるのはこういうことだ。
発熱がガイドラインの95Wを超えるとEISTが働いて自動的に温度下げますから、それ以上は発熱しませんよ、と。計算能力が必要なときほどCPUの負荷は上がり発熱するわけだが、そんなときに940はわざわざ能力を下げてしまうわけだ。
8000回転回るエンジンだけど6000回転でリミッターが効きますから、ラジエータが小さくても焼きつきませんよ、て感じか?でもそれだったら最初から6000回転しか回らないエンジン(920)で十分なんじゃ?というのは禁句ですかそうですか。

そもそもIntelの掲げる(Pentium4以降の)TDP(熱設計電力)は最大値ではない。Typical(典型)値というもので、Intelの選択した現存する典型アプリケーション使用時の最大値というもので、最大値のおよそ7割程度にあたる。
Intelの言い分としては「通常時CPUの使用率が100%になってもCPU内のトランジスタが同時に全てON状態になることはなく、最大値を設計指標とする理由が無い」というものだが、どうみてもPentium4の高すぎる発熱量を誤魔化そうとしているように見える(ちなみにPen3の頃は最大値だった)。Intelの中の人には安全率という考え方はないのだろうか。
安全率というのは機械などを設計する場合に使用されるもので、負荷計算値の何倍の強度で部品を設計するか、というものだ。例えば、故障や事故が人命にかかわる可能性のあるエレベータの場合は10倍(設計負荷の10倍までの負荷がかかっても大丈夫)。

対するAMDはどうかというと、公表されるTDPは計算上の最大値だ。つまり同じTDPのCPU同士ではAMDのCPUのほうが3割がた発熱が少ないということになる(さすがにAMDもこれでは(カタログ上)不利だと思ったのか、組み込み向けCPUであるGeodeでは最大値とTypical値の両方を公表している)。
しかもAMDの場合、同じコアのファミリーはもっとも周波数が高いもの(発熱量の高いもの)に揃えられている。これはどういうことかというと、最も周波数が高いものに揃えておかないとCPUを高い周波数のものに乗せ換える際に使えない恐れがある、というものらしい。
もっとも、これも痛し痒しで、その辺りの判断はマザーボードベンダーにまかせればいいのではないかと思うのだが。あまり余裕がありすぎるのも部品代が高くなるし、コスト重視のPCではマイナス要因だしね。

いずれにせよメロンまでは形振り構っていられないIntel。
EISTがどんな条件で作動するようになっているかわからないけど、意外と130Wまできちんと回る初期ステップの940の方が貴重かも。

テーマ:コンピュータ関連 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2006/02/04(土) 12:24:49|
  2. インテルと愉快な仲間たち
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

恣意的な誤訳?

ITmediaの高橋睦美という人の記事で

休暇中のWebアクセスには注意、Windowsに新たな未パッチの脆弱性

という記事があった。何だまたWindowsの脆弱性かよ、というわけで別に珍しくもない(それも困るのだが)記事なのだが、その中の、

Bugtraqメーリングリストへの投稿やSANSによると、この脆弱性は最新のパッチをすべて適用したWindows XP SP2にも存在するという。さらにSANSは、AMD64マシンでの結果と断りながらも、攻撃サイトに試しにアクセスしたところ、バッファオーバーフローの発生を防ぐDEP機能が停止したことも報告している。

という部分がある。ちなみにこの原文、

During the test Johannes ran, it was interesting that the DEP (Data Execution Prevention) on his system stopped this from working. However, as this was tested on a AMD64 machine, we still have to confirm whether (or not) the software DEP also stops this - let us know if you tested this.

そのまま、Excite翻訳で訳してもわかるけど、

ジョハネスが走らせたテストの間、彼のシステムの上のDEP(データExecution Prevention)が、これが働くのを止めたのは、おもしろかったです。 しかしながら、これがAMD64マシンの上でテストされたとき私たちがまだテストされなければならなかった、確認、(or not)、また、ソフトウェアDEPはこれを止めます--これをテストしたなら、私たちに知らせてください。

全く意味逆じゃん。対象がAMD64なだけに恣意的、ていうか確信犯?

オレが発見したわけではないが、世界中に公開されるインターネットのニュースでこういう誤訳は恥ずかしいよな。誤訳が発見されるとこうやって瞬く間に広まるわけだし。痛くない腹も探られるわけで。
もしかして誤訳なんて大して珍しくないかもしれないが、こういうのがあると、他の記事まで疑ってかからないといけなくなってしまうねー。まあ、記名記事だからこの人の名前を覚えておけばいい話なのかもしれんが。
というわけで、これが修正されるのをワクテカしているわけなのです。
が、1ヶ月も前の記事だし、放置を決め込むつもりかな。

まあ、わざわざ誤訳などしなくても恣意的なメディアなど掃いて捨てるほどあるわけですが。

2/6追記:上記の部分訂正されましたね。1ヶ月以上も放置されてたのに、さすが某巨大掲示板w。
  1. 2006/02/04(土) 09:56:34|
  2. インテルと愉快な仲間たち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

困った子ちゃんだnVidia

以前ASRockの939SLI32-eSATA2/939SLI-eSATA2を紹介したがnVidiaがそれに対するけん制をしている、という記事。

Nvidia Discharges Multi-GPU Technology Support by Uli Chipsets.
Nvidia Claims Third-Party Chipsets Do Not Support SLI(英文)


その変な日本語訳

ヌビディアはUliからチップセットさえにおけるSLI技術の操作を公認することに関して否定的であるように思えます、それが現在所有しているチップセットデザイナー。 SLIをサポートする唯一のプラットホームが、ヌビディアの痴の自身のメディアとコミュニケーションプロセッサ(MCPs)です。

だそうです。つまりnVidia自身のチップセット以外でのSLIは認めないと。
ULiなんてもう身内なんだからいいじゃねえか、と思いきや、台湾政府が買収にいい顔をしていない模様。台湾政府から認可が出なければ買収話は流れてしまいます。そのせいかもしれないね。
たぶんVGAのドライバーにプロテクトかけるんだろうね。NECのEPSONプロテクトを思い出した。
ケツの穴の小せえ話だな。いいじゃねえかVGA2枚売れるんだから。

AMDもASRockのAM2 Future Portについては否定的で、HyperTransport1333MHzとなるようなことも言っているが、こちらは動かないかもしれないよ、と言ってるだけのような感じ。アップグレードパスを謳ってCPU買ってもらったほうがいいじゃん。Intelなんてアップグレードパスなんて言葉が通じなくなって久しいし。
でも、このへんはBIOSで何とかなるような気もする。1333で動くかどうかは別として。

まあとりあえず、がんばれASRock。その無駄に溢れ出る技術力で。
  1. 2006/02/03(金) 00:10:46|
  2. PC/携帯/ソフトウェア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なくて難癖。

米iPodユーザー 難聴起こすと提訴

米アップルコンピュータのデジタル携帯音楽プレーヤー「iPod(アイポッド)」は聴力障害を引き起こす可能性があるとして、米ルイジアナ州に住む男性が同社に損害賠償と改善措置を求める訴訟を1日、カリフォルニア州サンノゼの連邦地裁に起こした。AP通信などが報じた。
 訴えによると、iPodは115デシベル以上の音量を出すことが可能で、1日当たり28秒以上使用した場合、聴力を損なう可能性があると指摘。請求賠償額は現時点では未定で、原告側は今後、集団訴訟として手続きを進めたいとしている。原告男性がiPod使用で聴力障害となったかどうかは明らかでない。

もうアメリカ人のこの手の訴訟騒ぎ(マックのコーヒーとか電子レンジ猫とか)は聞き飽きた気もするが、連中飽きませんなあ。115デシベルとかいったらジェット機の騒音並で、そんなの年中聴いてりゃそりゃ難聴にもなるわな。あんたボリュームというものの存在もわからないアホですか?と言われてしまいそうな気もするのだが、そこが一筋縄ではいかないんでしょうなあ。陪審員制だし。
次に訴えられるのはSonyかCreativeかSamsungか。え?訴えられるほど売れてないって?

テーマ:どうでもいいかもしれないニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/02/02(木) 23:49:59|
  2. 海外ニュース
  3. | トラックバック:5
  4. | コメント:0

シナモン発見!

ミスタードーナツ高崎店でシナモン発見!
もうなくなったと思ってたよー。うれしー。

今週は長野→大分→高崎という延泊コンボで、風邪(ホテルの乾燥空気にやられた)で体調最悪というのも相まって、もうホテルでパンツと靴下洗うのも疲れたよママン。
  1. 2006/02/02(木) 23:13:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


前のページ