FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

雲間の夕日

雲間の夕日昨日、出張帰りの車窓から。

なんか綺麗だったので。
携帯のカメラだから写りはイマイチだなあ。



スポンサーサイト



  1. 2006/03/03(金) 23:03:55|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ものさし - ある実験 -

先日、珍しくうちに攻撃的なトラックバックが着いた。

どこを縦読みすればいいかわからないような幼稚でヒステリックな煽りだったのでそのままスルーしておいた。
この程度のTBやコメントを消すようなことは主義に反するし、面倒くさいのでしない。消すのはSPAMだけと一応決めているので。
間違って友好的なコメントを消しちまったことは何回かあるが(汗

しかし、ふと、あることを思い立ってそのブログサービスを提供しているプロバイダにハンドルネームで問い合わせをしてみた。
ハンドルを使用したのは、まず無いとは思うが、万が一個人情報が相手に漏れた場合ちょっと厄介なことになるかもしれないと考えたからだ。

「これは貴社の規約第18条に反しているのではないでしょうか。貴社の見解をお聞かせください。」

正直あまり、というか全然当てにしていなかったのだが、数日後、回答メールが届いた。

「第33条に従って処理いたしました。ご連絡ありがとうございました。」

処理?

そのTBを覗いてみると記事そのものがきれいさっぱりなくなっていた。
ファイルをゴミ箱に放り込むよりも速く削除されていたのだw。

そのプロバイダが自社の(公共の、ではない一応)利益に照らして示したものさしは「削除すべし」というものだったようだ。
ま、プロバイダ責任法もあるしね。危険物を抱え込む気はないようだ。

無分別、粘着質、ヒステリック、不可解、電波・・・etc。
そういう形容詞が似合うと思えるような発言に悩まされている人に勧める。
まずは発言先のプロバイダに問い合わせてご覧なさい。本名を晒さずともハンドルネームで全然OK。
幸運にしてあなたのものさしとプロバイダのものさしが一致すれば、その発言はきれいさっぱり消えてなくなります。

ちなみにそのプロバイダのものさしはコレはセーフだが、コレコレはアウトというものだった(というわけでキャッシュはまだ残っている。一度ネットに放たれたものはそう簡単には消え去らないのだ)。参考にしてくれ。悩めるひとよ。



追記4/1:アウトなコレコレがキャッシュから消えていた。いよいよネットからもゴミ箱行きかw。
てなわけでテキストとして保存しておいたものをあげておきます。読みづらいので任意に改行しました。

ちなみに、このオナニズム溢れる文章でこの男が主張するところのオレのおかしなところ

「まぁ、この人のいちばんおかしなところは、キチガイは危険だから権利を制限すべし、と言っているくせに、
そのキチガイが犯罪者となったときは一転、「通常の法律で裁くべし」としているところです。」

というツッコミどころだが、オレは自文で

・精神疾患を免罪符にするな
・一般市民に危害を加える存在を適切に区別、隔離しろ

と述べているだけで、この二つは矛盾しません。
ていうか「キチガイ」に「感情移入」しすぎw。

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

  1. 2006/03/03(金) 22:31:26|
  2. WEB/BLOG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
以下、広告です。