FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

おれって冷たいぜ!(笑)

アキバblogさんによるとIntelのサーバ用CPU「Sossaman」のデモをアキバのTwotopでやってるらしい。

触れる SOSSAMAN 「おれって冷たいぜ!」

TWOTOP本店でも、YonahベースのデュアルコアXeon LV『SOSSAMAN』のデモが始まっていて、入り口にはSOSSAMANのポスターが掲示されていた。デモ機はヒートシンクが触れるようになっていて、TDP(=設計上想定される最大放熱量)が31Wなので、『SOSSAMAN』のポスターでは『おれって冷たいぜ!』。

YonahベースであるSossamanはその低発熱を生かしてブレードサーバ用に用いられるようだ。でも64bitでは扱えないんだよな。Dempsey同様、あくまでWoodcrest(Meromベースの次世代サーバCPU)登場までの繋ぎにすぎない。
先日のIntelのプレゼンで「Dempseyは遅れる」と言っていたが、その理由を後藤広茂氏が教えてくれた。

なぜIntelのサーバーCPUロードマップは混乱しているのか

Intelは、NetBurst(Pentium 4)系サーバーCPUのデュアルコア化も進めようとしている。しかし、65nmプロセス版のDP(Dual-Processor)市場向けデュアルコアCPU「Dempsey(デンプシ)」のリリースは、2006年第1四半期から第2四半期へとずれ込んでしまった。その最大の原因は、サーバー向けメモリモジュール規格「Fully Buffered DIMM(FB-DIMM)」の立ち上げの遅れだ。

Dempseyをサポートする唯一のチップセットBlackfordがサポートするメモリ規格FB-DIMMの立ち上げが遅れたため玉突き的に遅れているらしい。さすがRambus。ここでもIntelの足を引っ張るとは。
現在IntelはリリーフであるDempseyの更にワンポイントリリーフでPaxvilleを投入して急場を凌いでいる。つまり、

・低電力だが64bitサポートでないSossaman
・64bitサポートだが高発熱なDempsey
・中途半端な設計のPaxville

という、いずれ登場する火消し役Woodcrestに渡すための中継ぎ状態なわけだ。Woodcrestが出たら出たでスムーズに移行させなければならないし。もしFB-DIMMがRIMMのようにコケたりした場合大変なことになるし(それはCPUにメモリコントローラを内蔵するAMDも一緒か。AM2はまだDDR2止まりだが)。
さらにそれと平行してMP(マルチプロセッサ)用のTulsaも控えていると。これはNetburst系最後のCPUとしていろいろと考えられた設計のようだがいかんせん遅すぎたよね。プレスコの辺りでこれらの対策が打ててればまた今とは違った状態になってたかもしれないが。

そんなわけでIntelは相変わらずリングに上っている場合ではないのだ。
スポンサーサイト



  1. 2006/03/04(土) 22:36:34|
  2. インテルと愉快な仲間たち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ユッケジャンクッパ風雑炊

ユッケジャンクッパ風雑炊休みでごろごろしてたこともあってあまり腹減ってなかったのでさっぱりと雑炊に。

1.鍋に水500cc、中華スープの素小さじ1、酒大さじ1、ショウガ少々を入れ火にかける。
2.沸騰したら牛肉切り落とし100gと斜め切りにした長ねぎ1本を入れ、アクを取りながら数分煮る。
3.冷や飯茶碗1/2と乾燥ワカメ一つまみを加えて1分ほど煮る。
4.塩胡椒で味を調え、白ゴマを散らし、好みでラー油を少々たらして出来上がり。

うん、さっぱりして美味いね。
  1. 2006/03/04(土) 21:49:33|
  2. 食べ物 - 作ったもの/レシピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノナソース

ノナソース買ってみましたノナソース。近くのディスカウントショップで350円。
隣は愛用している中華スープの素「味覇」。

ソースっていうか粘度高いなこれ。ケチャップよりもさらにどろっとした感じ。
とりあえず鶏の唐揚げにつけて食ってみた。

もっとエスニックで尖った感じの味かと思ってたら味も匂いも辛みもクセがなくて意外とマイルド。チリソースに近くてニンニクがやや支配的な風味だが、独特の甘さはタマリンドかパームシュガーか。
いいね。旨いよ、これ。割と何にでも合いそう。
  1. 2006/03/04(土) 21:31:49|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アスパラガスとベーコンのスピラーレ トマトクリーム味

アスパラとベーコンのスピナッチ久々に自宅で自炊。
賞味期限切れの瓶詰めトマトソースがあったので、それとスピナッチスピラーレの残りあわせてみた。

1.ニンニクをみじん切り、ベーコン、玉ネギ、アスパラガスをスピナッチスピラーレの大きさに合わせて切る。アスパラガスは火が通りやすいよう斜め切りにした。
2.鍋たっぷりの湯に塩大さじ1/2程度いれてスピナッチスピラーレ120gを規定時間(今回は7分)茹でる。
3.フライパンにオリーブオイル大さじ1、1のニンニク、アンチョビーペースト少々を入れて弱火で香りを立てる。
4.ベーコン、玉ネギ、アスパラガスを入れて中火で炒める。
5.炒まったら白ワイン大さじ1、トマトソース1瓶を入れて少し煮る。
6.火を止めて牛乳100cc程入れて、塩胡椒で味を薄めに調える。
7.スピナッチスピラーレが茹で上がったら、湯を切って6のフライパンにあけ、再び中火にして混ぜる。混ざってソースがよくからんだら出来上がり。好みでオレガノ、バジルなどを。

茹で立てスピナッチ大量スピナッチスピラーレとは巻き巻きのショートパスタ。茹で立てのがこんな感じで大量にあるとちょっとキモイ。緑色だし。
とにかくソースがよく絡むのは前回作ったときにわかっていたので今回は牛乳を足して薄味で緩めのトマトクリーム風ソースをたっぷり作っておいた。味もマイルドになるので良かったみたい。
チーズ使うとどうかなとも思ったんだけど、ソースがよく絡むしあっさりめがいいかなと思って今回はやめました。ンマイ。

しかし、どうも美味そうにみえないのは無造作に大量に盛ってるからなのかな?こちらのblogのようにこじんまりと綺麗に盛ればこいつも美味そうに見えたのか?それとも単に腕の差かorz
250gで5食分・・・。オレは二人前以上食ってるってことか。

追記:
スピナッチはほうれん草のこと。スピラーレがパスタの名前。スピラーレ・スピナッチで「ほうれん草のスピラーレ」だったです。馬鹿の知ったかぶり失礼しました。

テーマ:手作りごはん - ジャンル:グルメ

  1. 2006/03/04(土) 16:32:33|
  2. 食べ物 - 作ったもの/レシピ
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

Colour/The Christians

Colour/The Christians先日トリノオリンピックのフィギュアスケートのエキシビジョンを観ていて、スルツカヤの曲を、

「あ、The ChristiansのWordsだ。ナツカシス」

思った。
しかし、実際の曲はSarah BrightmanのSo many thingsという曲だった。
どう聴いてもそっくりです。なんで?調べてみた。で、真相は・・・

どっちも正解。

原曲は「Women Of Ireland」というアイルランドの伝承歌らしい。
原題はゲール語で「mna'na hE'ireann」(Mna Na Heireann)だと。よ、読めねー。
そういえば「Words」もMUSIC:TRADITIONALとなっていた。
Waltzing MatildaをモチーフにしたTom WaitsやThe Poguesのようなもんやね。

やっぱりアイルランドとかスコットランドの民謡はいいよなあ。和む寛ぐ癒されるゥ~。

てなわけで借りて聴いてみましたよ。サラ・ブライトマンの「エデン」。
綺麗すぎる歌声。原曲からするとSarahのほうが近いのかな。よくわからん。なんか微妙にアレンジされてるところが『涙そうそう』をカバーして歌ったHawaiianミュージシャンKeali'i Reichelの『Ka Nohona Pili Kai』(最近auのCMでも流れてるよね)を思い出した(悪いという意味ではなくて上手いな、と)。
カンサスのカバー「Dust In The Wind」がナツカシス。


そうそう、Colour/The Christiansだった。
このアルバムは「The Christians」に続いて2枚目のアルバムだったと思う。
クリスチャンズは、ヴォーカルであるイギリスはリヴァプール出身の黒人、ギャリーとラッセルのクリスチャン兄弟(当初3兄弟だったがロジャーがソロで独立)とキーボードのヘンリー・プリーストマン(白人)の三人ユニット(1stのライナーノーツより)。
楽曲はほとんどがヘンリー。そのせいかポップスっぽい楽曲/アレンジにゴリゴリのブラックなヴォーカル/コーラスというミクスチャーな感じの音になっている。
Living Colourといい、こういうの好きなんだなあ。

リズムアレンジに凝った感じの曲の多い「クロい」1stにくらべて「Colour」はよりキーボードが前面に出たポップなアレンジの曲が多い感じ。捨て曲がない。特に「Words」からの後半の流れが圧巻。フェイバリットなアルバムのうちの一枚っす。

でもこれも1stもオレがよくいく中古盤屋で300円で売ってるんだよなー。
うーん、罰当たりめー。誰か買ってやってよ。

テーマ:おすすめの一枚 - ジャンル:音楽

  1. 2006/03/04(土) 00:31:34|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
以下、広告です。