FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

田舎ものの猿芝居

あのマイナーリーグの誤審判、また明日のWBC日韓戦に登場するようですね。
そんなにまともな審判、いやまともな主催者いないのかMLB(笑)。

韓国戦に10人目の敵!王ジャパン、準決勝も“誤審”審判

王ジャパンの前に再び“誤審”審判が立ちはだかる-。WBC2次リーグで米国がメキシコに敗戦。日本は失点率で米国を上回り、18日(日本時間19日)の準決勝進出を決めたが、3度目の対決となる韓国戦の球審を、日本戦で大誤審犯したボブ・デービッドソン審判員が務める予定になっていることが分かった。この日の米国―メキシコ戦でも右翼ポール直撃の打球を本塁打と判定しない米国有利のミスジャッジで物議を醸した同審判員。

米国も自分とこが負けちゃったからもうどうでもいいんでしょうね。WBCなんてもともと「米国の米国による米国のための大会」だし。

全て米国人の審判であることといい、優勝候補ドミニカやキューバのブロックと決勝まで当らないようになっている組み合わせといい、ローカルな頂上決戦を「ワールドシリーズ」などと呼ぶ田舎ものの米国らしい。ずいぶんと狭い「世界」だ。その延長で今回も「米国とそれ以外」って思っていたんだろう。そこに例の米国びいきの誤審。すっかり猿芝居を披露してしまった。
だいたい日本-韓国みたいに同じ予選ブロックのチーム同志で決勝まで3度も当るなんて普通じゃ考えられないもの。
「えー?次ドミニカかキューバじゃないの?」ってマジ思ったもん。
本当はその位置には「世界野球界の盟主(?)」米国がいる予定だったのだろうしね。で決勝へ、という筋書き。
引き立て役だったはずの韓国やメキシコにすっかり足引っ張られちゃったけどね。
審判だって労使交渉の関係でマイナーリーグの審判が相当数混じってるそう。だから今回の誤審(?)みたいなことも起こるわけだ。それにしたって、そのときの判定は覆らない(試合中の審判の判定は絶対だから)にしても、証拠VTRはあるわけだから普通なら後からしっ責とかあるはず。「普通」ならば。W杯みたいにね。

それが普通じゃないってところを見せつけちゃったのが今回のWBCなわけで。
王ジャパンには、ここでがんばってもらって次回はサラッとボイコット、てのがかっこいいんだけどなあ。
ていうか日本選手みんな次回から辞退しそうだけど。結局松井秀が一番賢かったってこと?

明日は仕事だから観れないんだよなー。まあ三度目の正直だ。ガンガレ
スポンサーサイト



テーマ:WBC - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/03/18(土) 23:38:56|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじかれしもの

アジアの真実さんのエントリでキッズGooのフィルタリングなるものを知った。
なんでもGoo側の趣旨としては、

これまでの "こども向け検索サービス"は、データの数が少なく必要な情報を得ることも難しく、結局のところこども達や教育現場では、"一般向けWWW検索サービス"を利用せざるを得ない状況でした。その結果、子供たちは読めない漢字がある等で情報を満足に得られなかったり、有害と思われるコンテンツを閲覧してしまうという危険を伴った環境でインターネットを利用する状況であったと認識しております。 こうした中、こども達が満足に利用できる充分なデータ量と使いやすさを備えた本格的な検索サービスが欲しいという切実な声が、こども達や保護者、教育現場などから弊社にも聞こえてまいりました。
このような声を受け、弊社は「キッズgoo」として、これからを担う子供たちが十分インターネットを活用できるように、こども向けにインターフェースを工夫した上で、一般向け検索サービスと同様のデータ量を持ち、かつフィルタリングを行うことで安全と思われるページのみを表示するという、実用性と安全性の両方を兼ね備えたインターネットへの入口をご提供したいということで、「キッズgooサーチ」の運営を開始いたしました。

ということだそうだ。
問い合わせフォームから、望ましくないサイトをチクったりとかも出来るらしい。
ということは恣意的にフィルタリングをさせることも可能なんじゃないの?
そこで試しに「人生は雨の日ばかりじゃない」を検索して開いてみると、

     「ごめんね。ページがひょうじできませんでした。

・・・・・おい。

全く~。うちみたいに良心的なブログを弾くなんて失礼ねえ(笑)。
ちなみに何故か跡地は大丈夫(笑)。

キッズgooはじかれサイト同盟」なるサイトがある。
活動内容としては、

・大人向けサイトの自覚を持ち、お子様にはわからないハイレベルで高邁なコンテンツを提供しつづけます。
・サイトの管理者自身も大人の自覚を持ち、常にニヒルでシニカルそしてアダルティなサイト運営を心掛けます。
・日々キッズgooでフィルタリングされているのをチェックしほくそえみます。

ということで、特に登録も報告も必要ないらしい。
「心の中」で参加と思えば参加、脱退と思えば脱退ということらしいので、よし参加したぞ(宣言)。

このサイトの発足が2003年12月だから「弾き」の歴史はかなーり古い。
オレ、いつからはじかれてたんだろうか?
検索サイトの恣意的なフィルタリングとしては、YahooやGoogleの中国政府の検閲への協力や「Google八分」という実例が知られるところだが、こちらは思想統制というよりは単にフィルタがおバカなだけなような気もする。しかし上に書いたように恣意的にフィルタリングさせることも可能なわけで、そういう意味でもカナーリ思慮の足りないイタい感じ。もしくは確信犯。
弾かれるページが多すぎて検索サイトとしちゃほとんど役に立たない気もするが。

上記のキッズGooの趣旨見ててかつて存在したNTTドコモの「キッズベル」を思い出した。防犯ベルつきのポケットベルで、使用できる文章は「うちにでんわして」「じゅくにむかえにきて」などの定型のみ。 親にとっちゃ都合のいい首に鈴だろうがこんなもん子どもが好き好んで使うかよ。

だいたい「読めない漢字があるから情報を満足に得られない」だと?子どもをバカにするな。

追記3/21:
エロゲの老舗アリスソフトは表示されるというのでやってみたところトップページはダメだがアリスの館7はOK。アージュもトップはダメだが「そこ海」はOK。エロゲはいいのか(笑)。


【追記2007年10月19日】
うちへのフィルタリングが解除されてるね。悔い改めたのかgooよw。

テーマ:こんなん見つけました - ジャンル:ブログ

  1. 2006/03/18(土) 22:20:07|
  2. WEB/BLOG
  3. | トラックバック:5
  4. | コメント:3

しょこたんのアキバ

しょこたん=中川翔子といえばオタクのアイドル?

緩くカールしたロングヘアから見え隠れする耳たぶにハァハァ。猿耳マンセー。しょこたんテラカワイスー
漫画/アニメ通で、フェイバリットな漫画家は水木しげる、趣味はゲームに漫画にアニメにコスプレ(部屋着がプラグスーツ?)とマニアック(案の定FF12もやってるのねナカーマ(・∀・)人(・∀・)。ていうかしょこたん壊れてる?(笑))。
やはりオタク向き?

しかしオレ的にはやはり中川勝彦氏のお嬢さんというポジションが強いんだよなあ。
お父上かっこよかったよねえ。陽気でバンカラな感じがグッドで好きでした。
しょこたんもおっきな目とか少し頬骨の張った輪郭とかそっくりだ。

しょこたん目当てでときどき見てる「王様のブランチ」で今しょこたんがアキバ特集。メインはオープンしたてのUDXなんだけど、聖地アキバってことで素で興奮気味のしょこたんテラカワイス。

ICHIとかおしゃれな食事スポットもいいんだけど単価が高いからなあ。やっぱりドネルだろ。

今年オープンするという秋葉原デザインミュージアムはちょっと興味あるな。
  1. 2006/03/18(土) 13:22:20|
  2. 秋葉原
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポーション飲んでみた。

ポーション飲んでみた。早速ポーション飲んでみました。

・・・・うぇぇ。

臭いは歯磨き粉臭いと聞いていたのでミントっぽいのかと思っていたらちょっとハーブっぽい(草っぽい)感じ。それもそのはず原材料にミント入っていなかった。ちょっと肩透かし。
味は確かにリポDぽいっていうかそんな感じ。やや甘め。
で、結構クスリ臭い。ハーブっていうか、漢方?

カモミールの匂い/味が結構目立つ。
ミントっぽいのはセージかメリッサかな?
タイムの味はよくわからなかった。ていうかあの香りが目立つようじゃ不味いだろうな。
まあ、あんまり美味いものでもなかったが、演出という意味では良かったのではないかと(>.<)。

ヤフオクでカード抜いたヤツが大量に出てますね。27種類だからなあ、アコギだ。


ところで、FF12はFFTシリーズと世界観(イヴァリース)を共有しているのですね。
FFT-Aのキャラクターも出てくるようだし(出てきたし)。
FFTシリーズやってないから特に感慨もないんだけど。

テーマ:ファイナルファンタジーXII - ジャンル:ゲーム

  1. 2006/03/18(土) 12:34:09|
  2. ゲーム/おもちゃ/ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
以下、広告です。