FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

特濃とんこつラーメン

特濃とんこつラーメン新北九州空港で買った「特濃とんこつラーメン」1食157円。
同じシリーズに「博多ラーメン」「鹿児島ラーメン」「熊本ラーメン」といろいろあったんだけど、これと鹿児島ラーメンを買ってみた。

たしかに特濃だけあってすごい量のラードだ。朝から体に悪そー(汗
具は乾燥わかめとたまねぎのみじん切り。冷蔵庫からっぽで他に選択肢ないんだけど、とんこつにたまねぎって合うんだよね。

うん、味は普通に美味い。ただし麺は博多風ぽいやや細。スープがこってりだからもっと太麺なほうがいいかもね。

追記:鹿児島ラーメンも食べてみた。こっちのほうがスープがまろやかでいいね。麺は同じやや細なのがやはり残念。
スポンサーサイト



  1. 2006/04/08(土) 10:32:41|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スターフライヤーに乗ってみた。

スターフライヤーのA320のキャビン
今週はずっと大分に出張だった。
大分空港は交通の便が悪く(大分駅からバスで1時間)最終便も早い(18:40)ので、大分駅からやや離れている客先をかなり早く出ないと間に合わない。
大分駅から正味1時間半程のところに新北九州空港がある。ここには独立系の国内航空会社スターフライヤーが就航している。福岡空港まで行く、という方法もあったのだが新北九州空港もスターフライヤーもまだ使ったことがなかったので乗ってみた。

新北九州空港は北九州市より3kmの沖合いにある。
長く伸びる真新しい連絡橋の先、海上にきらめく照明の一群。バスが近づくにつれてライトアップされたモダンな建物が見えてくる。ターミナルとしては地方空港らしく比較的小振りな建物だ。ガラスに覆われた外観が照明に映えてきらきらと輝いている。
内部は、入ってすぐのところにセブンイレブンがあり、便利な感じ(笑)。
土産物屋なども比較的充実している。
館内には無線LANのフリースポットがあり、無料でインターネットに接続することが出来る。

スターフライヤーの路線は現在羽田-北九州間のみだが、往復でそれぞれ一日各12便も飛んでいる。北九州発最終便はなんと23:30発だ。ただし羽田に着くのは24:55で、着いてもそこからの足はない。オレはタクシーでも帰れる距離だが。
まだ電車がある時間帯の、それより1本早いので帰るつもりだったのだが、予想以上に早く客先を出ることができたため、さらに1本早いのに乗ることができた。

スターフライヤーはイメージカラーとして黒を基調としており、カウンターもスタッフの制服も黒、機体も黒白ツートンという具合で、あまり日本の航空会社にはない印象を受ける。
機体はエアバスA320(正直エアバスはあまり好きではないのだが)で、黒白を基調にシルバーをアクセントとしたインテリアはポストモダンというか近未来な印象だ。非常に新鮮な感じ。ちょっと大げさだが映画のセットを思わせる。
全席エコノミーで、クラス最大スパンの本革シートは足元も(エコノミーにしては)確かに広い。全ての席には液晶モニタを備えている。そのおかげでオーバーヘッドのモニタが天井に無く、キャビン内を一層すっきり見せている。また、PC等のために100Vコンセントを全席に備えているところもポイントが高い。将来的には機内のインターネット環境も備える予定だそうだ。

A320は中央に通路が1本の左右3席づつだが、このレイアウトが実は機内サービスのコスト削減に貢献しているのかなとも思う(ボーイングは通路が2本なのでサービススタッフと機材が2倍必要)。ちなみにコーヒーはタリーズだそうだが、とりたてて美味くも不味くもなかった。普通。

ビデオのプログラムが実質的にニュースしかなかったのと機内誌がないのが少し残念。しかし、たぶんこれからプログラムは増えていくのだろうし、料金を考えると仕方のないところかもしれない。同じく羽田-北九州間を飛ぶJALの料金が(普通運価で)32900円であるのに対し、こちらは26000円なのだから。

運営機材とかにANA系のステッカーが貼ってあったので中の人はANA系なのかもしれない。これでANAのマイルが付けば言うことないんだけどなあ。
  1. 2006/04/08(土) 02:49:47|
  2. ノンジャンル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
以下、広告です。