FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

解明されるべき事実

もし、なかったことが解明されちゃったりしたらどうするんでしょう?
いや、どこかの国と違って抜け目のない彼らのこと、そんなはずはない、はず。

ナチス公文書 今秋5000万件公開 ホロコースト解明へ -YahooNews

ナチスの強制収容所などの実態が記述されたドイツの公文書約五千万件が今秋にも、一般公開される見通しとなった。同文書はホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の犠牲者や強制労働者ら千七百五十万人の名前が記載された最大級のナチス関連資料。これまで犠牲者の家族や生存者にのみ公開されてきた文書が幅広く公開されることで、ホロコーストの全容解明が進むとの期待が高まっている。
 この文書は第二次大戦中の連合国が押収し、現在は米国やポーランド、ドイツ、イスラエルなど十一カ国が独中部バド・アーロルゼンの公文書館「国際追跡サービス」(ITS)で赤十字国際委員会(ICRC)とともに管理している。
 一般公開には十一カ国すべての同意が必要となるが、ドイツ政府はこれまで、国家賠償訴訟が新たに起きることを懸念、「関係者のプライバシーが侵害される」などの理由で公開を拒んできた。しかし、米国が一貫して圧力をかけてきた経緯があるのに加え、「(戦後、六十年以上の)歳月が流れた」(独法務省スポークスマン)として、方針転換を決めた。
 ドイツ政府は五月十七日、ルクセンブルクで行われる十一カ国の年次総会で、この決定を正式に報告する予定で、ツィプリース独法相は「半年以内に公開できるはず」と見通しを語った。
 公文書館には毎年、十五万件もの問い合わせがあるが、資料は今後、ホロコーストの歴史家たちによって詳細に調査・分析されることになりそうだ。ホロコーストでは、ユダヤ人六百万人が犠牲になったとされる。

ニュルンベルグ裁判での告発によると、アウシュビッツの収容所ではユダヤ人を毎日ガス室で1万人以上殺し焼却炉で(灰になるまで)焼いていたとのこと。
でもよくよく考えてみると、ただ殺すためだけに、殺す側にとっても危険な毒ガスをわざわざ大量に使い(排気を完全にしないと危ない。また、毒ガスだってタダではない)、わざわざ大量に燃料を使って死体を灰になるまで焼く(葬式の後に焼き場に行った人はわかると思いますが人を骨や灰になるまで焼くにはかなりの時間と燃料を必要とします)というのは非常に不合理です。合理性を重んじるドイツ人らしくない。戦時資源の無駄遣いだよ。
水槽に突き落として殺し、死体を埋めてしまう方がよっぽど簡単で速い。実際に英米軍は収容所開放時にチフスで死んだ大量の死体をブルドーザでがらがらと穴に落として埋めてるわけだし。死体無き虐殺とはよく言われたもんだ。虐殺があったにしても「灰になるまで焼いた」はないんじゃないかと。
600万という数字にしても南京大虐殺同様当時のユダヤ人口を考慮すると数が合わないとかやっぱり言われているようだしね。しかも何故か『生き残り』の数は年々増えている、と。

しかし、これらの文書が公開されたところで当のドイツの人たちは疑問を口にすることすらできないわけで、これにだけは同情しますね。別にネオ・ナチを擁護するわけじゃないが、抑圧された感情が間違った方向に向かうのは、プロセスとしては理解できます。

アウシュヴィッツの争点

上記のリンクの文章を読めることをオレは言論の自由を保障した日本国憲法に感謝します。
もちろんこの文章を額面どおりに受け取ってしまうこともまた同様に危険なわけですが、例えば先に書いたオレの素朴な疑問もこれを読むと納得する部分が大きいわけです。ユダヤ人のナチ党員も当時実際いたわけだし。

また不衛生で劣悪な環境であった当時の収容所でチフスのような伝染病が猛威を振るっていた、というのも現在ではわりと広く知られた事実らしいです。数万人レベルの死者が出ていたようです。ただホロコーストを語る上では意図的にふせられているように感じますが。
かのアンネ・フランクも姉と共にチフスで亡くなったらしいですね。恥ずかしい限りだが知りませんでした。そして、その有名な『日記』についてもこんな話が。

アンネ・フランクは、アンネの日記を書かなかった。

詳細はリンク先を見てもらえばわかるのだけど要は、

・日記の筆跡が友人に宛てた彼女の手紙の筆跡と全く違う。
・日記の一部が当時存在しなかったボールペンで書かれている。
・アンネは収容前オランダに住んでおり、当時の父親宛の彼女の手紙もオランダ語なのに何故か日記はドイツ語。

この他には、

・アンネの父親に対し『日記』の売り上げの分け前をよこせと裁判を起こしたユダヤ人作家メイヤー・レビンが「自分が書いた」と証言している。しかも何故かこの裁判記録が紛失している。

なんて主張する人もあるようです。裁判記録が紛失しているってことはこの記録が残っていると都合の悪い人(あるいは組織)があるんでしょうか。
こういう舞台裏を覗いちゃうと、

流した涙を返せー!

って感じだなあ。
もちろん、彼女の短い人生が悲劇で彩られていたのは間違いのないところだと思うけど。
スポンサーサイト



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/04/22(土) 02:40:26|
  2. 海外ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。