FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

使用前使用後

使用前使用後NT-1400の交換したCPUを見比べてみる。
右側のやつが元々ついていたSL5ST(800MHz)、左が買ってきたSL6H9(1.2GHz)。画像をよく見るとコアが違うことがわかる。SL5STが河童でSL6H9が鱈だね。FSBは同じだけど。

交換前: SL5ST = 河童800MHz Cashe128kB FSB133MHz コア電圧1.7V 0.18umプロセス
交換後: SL6H9 = 鱈1200MHz Cashe256kB FSB133MHz コア電圧1.45V 0.13umプロセス

このSL6H9、なんでか知らないけどIntelのスペック表に載ってないんだよな。謎。
こちらの表のSL64Kに近い(ステップ違い)んだと思うんだけどな。だとすればTDPは24.4WでSL5STの22Wに近いから安心なんだけど。POST時に"BIOS UPDATED DATA incorrect CPUID = 000006B4"て出るのがイヤーンな感じ。きっと新ステップでUnknown CPUになってんだろな。
一応無事(?)立ち上がるけど。

CPUを交換したところで、どう変わったか知りたくなるのが人情というもの。何せクロック1.5倍、2次キャッシュ2倍。
そこでベンチマークを敢行してみる。とはいえ普段ベンチなんてやらないし、ましてや一昔前のPC、何がいいのかわからず、とりあえず古よりのSuperΠとHDBENCHで。

SuperΠ結果(左が交換前= SL5ST(800MHz)、右が交換後= SL6H9(1.2GHz))
SuperΠ@800MHzSuperΠ@1.2GHz

HDBENCH結果:交換前= SL5ST(800MHz)
HDBENCH@800MHz

HDBENCH結果:交換後= SL6H9(1.2GHz)
HDBENCH@1.2GHz


SuperΠは交換前が2分56秒に対し交換後2分16秒と40秒も速くなった。
にしても遅せーな。セレとはいえPenIIIってこんなに遅かったっけ。
HDBENCHはCPUのスコアが交換前が整数36342浮動点少数33643に対し、交換後は整数55608浮動点少数54812と予想通り1.5倍強。

実際の動作はややキビキビするようになったかな?って感じだけど。
ブラウザ程度ではあまり実感しないかもね。
ePSXe」を起動してみると音周りがかなり良くなってる。やっぱり負荷をかけるとそれなりに差が出るようだね。
スポンサーサイト



テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2006/05/05(金) 22:28:04|
  2. PC/携帯/ソフトウェア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

辛抱たまらずCPU交換

W2が帰ってくるまで我慢」なんて言ってたくせに辛抱たまらず交換してしまいましたCPU。
ノートPCのCPU交換は初めてだな。オラわくわくするぞ。

キーボードをはずすまず全裸に靴下・・・じゃなくて化繊の服を脱ぎ、手を洗う。これは静電気を逃がすため。
マニュアルどおりNT-1400のキーボード奥側を留めている3つの爪を-ドライバで押して、キーボードをはずす。手前側の銀紙みたいなのが外れたキーボード。

増設メモリキーボードをはずすとメモリの増設スロットが見える。
ちょっとピンボケだけど「BUFFALO VN133-H256M」の文字が見える。PC133、256MBのSO-DIMMですね。
手前側に見えるのがキーボードのフレキケーブル。





キーボードのフレキコネクタ矢印の白いタブがフレキケーブルを固定しているのでこれを精密ドライバで持ち上げる。両側から少しずつ。上まで上がるとケーブルがフリーになってスルッと抜ける。はずしたキーボードは、効かないキートップ(Shift、「)をはずして、フレキケーブルの接点部、付け根共々接点復活剤をぶち込んでおく。



キーボード上側カバーをはずすキーボードをはずしたら奥側のカバーをはずす。両端のねじをはずし、真ん中に2こある爪を押しながら持ち上げる。インスタントキーのケーブルがあるため完全には外れないので注意。



カバーをはずした後カバーをはずしたところ。左奥にCPUのヒートシンクファンが見える。







ヒートシンクをはずすヒートシンクは4本のスクリューで止まっている。止め足が板バネ状でそれ自体がリテンションになっているようだ。
まずファンのコネクタをはずす。それから4本のねじをはずしてそっと持ち上げるとヒートシンクがはずれる。





ヒートシンクをバラすヒートシンクファンをはずしてみる。ファンは3本のねじで止まっている。これをはずすとファンとカバーが外れる。ヒートシンクは全銅製。シロッコファンのサイドフロータイプであるのがよくわかる。ファンが結構うるさいんで換えたいなとか思ってたんだけど入手が難しそうだね。



CPUをはずすヒートシンクをはずすとCPUが見える。「800/128」の文字から、クロック800MHz、2次キャッシュ128kBであるのがわかる。
CPUはレバーでなく矢印で示すスクリューでソケットに固定されている。反時計方向に180度回すとロックがはずれ、CPUがフリーになってすっと持ち上がる。なんとCPUにはグリスが使用されていない。シンク側になんかビニールみたいな薄いシートが貼ってあるのでこれがグリス代わりなのかな。はがれそうにないのでそのままにする。


CPUを付け替える買ってきたCeleron1.2GBに付け替える。グリスがないというのはなんかちょっと不安なのでセンターウンコにしてみた。
後ははずした手順の逆で組み付ける。

立ち上げてみるとちゃんと「Celeron 1200MHz」と認識される。やり。
キーボードのキーは復活しませんでした。こっちはあきらめかな。かといってキーボード買うほどのものでもないしね。

オレのジャンク道の心構えは三つある。すなわち、
・まず手を洗え
・案ずるより生むが易し
・諦めが肝心

画像に矢印入れてみたんだけどサムネイルだとわかんねーな。
拡大で見てね。

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2006/05/05(金) 21:07:15|
  2. PC/携帯/ソフトウェア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

鳥はむサンド w/クランベリーソース

鳥はむサンド w/クランベリーソースアメリカ人はクランベリーが好きだ(断言)。
たいていのところにクランベリージュースがオレンジジュース、アップルジュースと同じように並べてある。

以前アメリカでターキーサンドを頼んだとき、ターキーハムの上にクランベリーソース(ジャムだよジャム)がかかっていて驚いたことがある。
一緒に食事していた人の話だと、クランベリーとターキー(七面鳥)というのは、Thanks Giving(収穫祭)の季節を象徴する定番な取り合わせなのだそうだ。このような季節的な取り合わせは日本では珍しくないがアメリカでは珍しい、とも言っていた。

「ターキー クランベリー サンクスギビング」の検索結果

で、食ってみたらこれが意外と(失礼)美味かった。
先日、賞味期限ま近のクランベリーソースが60円で売っていたので買ってみた。で作ってみたのがこれ。

作り方は以前作った鳥はむバーガーのケチャップをクランベリーソースにしただけ。ターキーハムは無いので鳥はむで代用ね。
今回ピクルスは無し。レタスとかあってもいいのだけどね。

1.マフィンを上下に割りオーブントースターで軽く焼く。
2.マフィン(下)の上にスライスチーズ、鳥はむ、クランベリーソース、マヨネーズ、スライスオニオン、の順に重ねる。
3.マフィン(上)をのせてはさむ。

あ、胡椒かけなかったな。マヨネーズよりクリームチーズとかサワークリームの方がさらにいいかも。
ケチャップだとなんかありがちな味になるけど、クランベリーソースだと甘さが鳥はむの味を引き立ててまたいい感じ。ビビらずたっぷりかけましょう。
  1. 2006/05/05(金) 11:25:56|
  2. 食べ物 - 作ったもの/レシピ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
以下、広告です。