FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

イカの塩辛のスパゲティ

しおからのスパゲティイカの塩辛でスパゲティを作ってみた。
イカの塩辛好きなんだよ。外人は嫌いな人多いけどオレ日本人だし。
普段はご飯と一緒に食うけどね。

アイデアは昨日の『あたしんち』から。
オリジナルのレシピはやきそばがベースで具がえのき、目玉焼きだったのだけど、イカスミスパゲティもあるし、やきそばOKならスパゲティもいけるだろ、ということでスパゲティにしてみた。料理は実験じゃ~。
具はえのきの代わりに好きなシメジで。目玉焼きは今回パス。めんどい。玉子買ってこなかったし。

1.にんにく1片をつぶした後、荒みじんに切る。
2.大葉2、3枚を細切りにする。
3.鍋に湯を沸かし、沸騰したら塩小さじ3を入れ、ときどきかき混ぜながらスパゲティ100gを茹でる。
4.フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れ、1のにんにく、アンチョビペースト2cmぐらいを入れて弱火で温めて香りを出す。
5.にんにく、アンチョビーの香りが出てきたら中火にして、シメジ1/2パックをほぐして入れて炒める。しょうゆを小さじ1/2ぐらい入れて下味と香りをつける。
6.スパゲティが茹で上がったら、湯を切って5のフライパンに入れて混ぜながら炒める。
7.スパゲティ表面の水分が飛んだら、火から降ろし皿に盛る。
8.イカの塩辛をスプーン山盛り1、柚子胡椒小さじ1/2を混ぜる。
9.2の大葉を上に盛り付ける。好みでポン酢、レモン汁など。

和風っぽいのでにんにくは控えめにしてみた。
塩辛が意外としょっぱいので、ちょっと少ないかな?ぐらいがベストと思われ。火を通さないほうが美味いかな、と皿に盛ってから混ぜたけど思ったより生臭くない。コクがあってウマー。柚子胡椒の香りとピリ辛がよく合う。
ただ、塩辛だけだといかんせんイカが少ないので別途イカの身か鶏肉などを足してボリュームアップを図ってもよさげ。
レモン汁をかけるとサッパリしていいのだが、かけすぎると柚子の風味を邪魔するのでポン酢やカボスとかあるとなおよし。
半熟の目玉焼き(温玉とか)を乗せて黄身とろ~りとかでも美味そう。
あ、海苔かけてもよかったな。

まあ今回の実験は成功ということで(笑)。
スポンサーサイト



  1. 2006/06/25(日) 20:17:30|
  2. 食べ物 - 作ったもの/レシピ
  3. | トラックバック:5
  4. | コメント:0

やっぱり

あーやっぱり中国人だったのかー!


  職務質問の2人に襲われ警官発砲、中国人風の男が死亡(Yomiuri Online)

 23日午後5時5分ごろ、栃木県西方町真名子の民家前の路上で、県警鹿沼署真名子駐在所の男性巡査(30)が、石灯籠(いしどうろう)の頭部(直径約20センチ)を持った中国人とみられる男に襲いかかられ、拳銃1発を発砲した。

 弾は男の左下腹部に命中し、男は約1時間15分後に搬送先の病院で死亡した。


このニュース最初にTVで見たとき、犯人の国籍には言及してなかったが(報ステ?)、この無鉄砲な凶悪さに「どーせ特亜じゃねーの」と思った。
案の定だったか。やっぱり、と思ってしまう自分が悲しい。
でも外国人犯罪者数万年1位2位だし。

先般の西日暮里の武装スリ団といい、やっぱり指紋押捺、ビザ強化は必要だね。

いつものように差別だって言うなら国民全て指紋押捺義務化したらいい。ID制導入賛成。結局成立しなかった共謀罪もそうだけど、オレ別に悪いことするわけじゃないから構わないもん。あと在日の通名も廃止ね。


例によって中国が筋違いの文句言ってきてますね。


  中国、真相究明を要求=栃木の射殺事件(Yahooニュース)

中国政府は、栃木県西方町で職務質問に抵抗した中国人男性が撃たれて死亡した事件を重視し、日本外務省と北京の日本大使館に対して、早急な真相究明と「中日関係の大局に基づく妥当な処理」を要求した。


「中日関係の大局に基づく妥当な処理」て何だよ(笑)。
どう見ても正当防衛です。ありがとうございます。日本国の刑法に基づいて妥当に処理させていただきます。中国は人治国家だから外国人は差別されると思ってるんだろうな。一緒にするなよ。
それとも宗主国様の国民なんだから見逃せ、とでも?幼児惨殺女といい、犯罪者輸出国家が偉そうに。
でもそれに媚びるのが害務省。圧力に負けるな警察庁。
身内の悪事は不当に庇うのに正しく職務を遂行した身内を正当に庇えない組織なんて最低じゃないか。
  1. 2006/06/25(日) 02:02:05|
  2. 中華人民共和国ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソーセージのスパゲティ

ソーセージのスパゲティ最近なんだか自炊に対するモチベーションが低くて外食が多い。偏ってるなー。いいわけとしては、最近仕事の予定が立つのが直前だ、とか、暑くなって煮物とか持ち悪いし、とかあるのだけど、要はめんどくさい。食材買っちゃうとたいてい多いので使い切るための算段をしなきゃならないってのもある。作りたいって思う料理も今特にないしなー。

そんなわけで作る料理もなるべくシンプルなものになる。刺身とか(笑)。おかげでネタにならない。

今週はソーセージお徳用なんて買ったので朝飯はずっとホットドッグ(笑)。
それでも余っているので今日の昼飯はソーセージぶち込んでスパゲティ。早い話がコレのオリーブ抜き。ソーセージがベーコンになったり、ツナになったり、手元の材料で簡単に出来るのでこの味付け(塩味ピリ辛)のやつはよく作る。簡単で美味い。
そんなわけで新たなエントリの意味あるのか?という気もするが気にしない気にしない。

1)にんにく数片をつぶした後、荒みじんに切る。
2)たまねぎ、ソーセージをざくざくと適当な大きさに切る。
3)鍋に湯を沸かし、沸騰したら塩小さじ3を入れ、ときどきかき混ぜながらスパゲティ100gを茹でる。
4)フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れ、1のにんにく、チリパウダー数振り、アンチョビペースト2cmぐらいを入れて弱火で温めて香りを出す。
5)にんにく、アンチョビーの香りが出てきたら中火にして、2のたまねぎ、ソーセージを入れて炒める。
6)スパゲティが茹で上がったら、湯を切って5のフライパンに入れて混ぜながら炒める。塩を小さじ1/2、胡椒を適宜振る。
7)スパゲティ表面の水分が飛んだら、火から降ろし皿に盛る。
8)ドライバジル、粉チーズをお好みで。
  1. 2006/06/25(日) 00:26:17|
  2. 食べ物 - 作ったもの/レシピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
以下、広告です。