FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

The River In Reverse/Elvis Costello&Allen Toussaint

The River In Reverse記念すべき1000本目は最近買ったこのアルバムのレビューにしよう。

「The River In Reverse/Elvis Costello&Allen Toussaint」

輸入版でかつセール中だったので1480円でした。安。
コステロとトゥーサン、おやじパワー英米連合軍ですよ。
ちなみにすげーかっこいいです。

元々コステロ好きなのだけど、中でも『Armed Forces』『Get Happy!』『King Of America』『Blood and Chocolate』『Spike』のようなポップ、シンプル、アコースティックなやつが大好きなのでこれはいけるだろうと思ってたけど予想以上。しかもアラン・トゥーサンですよトゥーサン。大御所。ニューオリンズサウンド大好きなオレには夢のような競演。即買い。

トゥーサンのニューオリンズスタイルのピアノに絡むコステロの歌声。このかっこよさは初競演作『Deep Dark Truthful Mirror』(コステロのアルバム『Spike』に収録)で体験済みなのだけど、ほんと、帰ってきたー、って感じです。
スティーヴ・ナイーヴ、ピート・トーマスとアトラクションズメンバーも参加してて、ピアノ、ホーンズ、(コステロの)ギブソン、(スティーヴの)ハモンドの競演というめちゃくちゃゴージャスなサウンド。
ニューオリンズスタイルのプリミティブな音にコステロの尖ったヴォーカルがマッチ(ミスマッチ?)してます。さすが元「怒れるギター青年」。割とトゥーサンの曲が多いのだけどコステロが歌うと何となくコステロ節に聴こえてくるから不思議。『Freedom For The Stallion』なんて泣いちゃいそうです。
トゥーサンのヴォーカルって初めて聴いたんだけど甘めな歌声がコステロと好対照だね。これもまたよい感じ。
ほんとにね、聴いてるうちに時間を忘れて、え?もう終わりなの?って感じのアルバムです。

このアルバムはコステロと昨年のカトリーナ被害にあったトゥーサンとが被害救済のベネフィットコンサートに共に出演したのがきっかけのようですね。その辺の事情はこちらの記事に詳しいです。

  再会を果たしたエルヴィス・コステロとアラン・トゥーサン(bounce.com)

ところでこの二人、最近日本に来てたのね~。知らなかったよ~。

  コステロ&トゥーサン・プロモ・イベント報告(Help Neworleans)
スポンサーサイト



テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

  1. 2006/07/06(木) 22:36:23|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CASIO G'zOne W42CA

W42CAそういえば「G'zOne Type-R」の後継機「G'zOne W42CA」が出てますね。

  写真で解説する「G'zOne W42CA」(ITmedia +D)

オレの目を引いたG'zOne Type-Rからの進化点としては

・CDMA WINに
・207万画素AFカメラ
・microSDカード対応
・辞書が付いた

ってとこかなあ。WINの利点は実はよくわかってないんだけど、Type-Rだとカメラは同じ130万画素ながらAFのP505isに画で負けてるし、データの転送もSDの方が簡単だ。あと辞書は良いよなあ。手元にあると意外と便利だし。これは羨ましい。さすが後継機。

でもデザインでは圧倒的にType-Rが好き。
W42CAは中途半端に携帯チックなのがイマイチ整理されてない感じ。
持って嬉しいのはType-Rな感じ。オレ的には。


そういえば、この記事で999本目だなあ。千本目は何を書こうかしらん。

テーマ:au - ジャンル:携帯電話・PHS

  1. 2006/07/06(木) 01:14:48|
  2. PC/携帯/ソフトウェア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Digi@SPA!

Digi@SPA!PR代理店の方から「扶桑社のDigi@SPA!のレビューを書かないか」というありがたいメールを戴いたので快諾して書く。
「提灯記事を書いてくれ」なんて話も袖の下も全く無かったので読んだまま書く。いいんかいな。

冒頭のエアギターはサクっとスルーするとして(こういうノリはやっぱり映像でないと伝わらないよね。例えばYouTubeにアップするなどしてPCとの連携をもっとアピールしてもよかったかも)、USEN社長の宇野康秀氏のインタビューは結構読み応えがある。IT企業には虚業というイメージがあるが、宇野氏は有線ネットワークというインフラを基にして論理的かつ正直に「何でもないアイデアを本気で」FTTH、Gyao、と新しいマーケットを開拓していく。いちいち納得な内容でした。
その後GyaoがらみでネットTV系の記事が続くけど、オレあんまりTV観ないからねえ。一応手堅く最近流行りのYouTubeも押さえてます。おもしろいよねYouTube。

オレが面白かったり共感したりは「デジネタ裏限定ベスト10」かな。
やはりランキングものは燃えるでしょう。
例えば"個性派"携帯ランキングNo.1にG'zOne-Rの後継機「G'zOne W42CA」が入ってたり、「アキバのニッチ系デジタルグッズランキング」4位に超高級キーボード「Happy Hacking Pro」が入ってたり、「ブログ炎上事件」ランキング2位に藪本ブログが入ってたりして「おー」って感じ。

他にもGoogle、Winny、mixi、BitTorrentと今日びのキーワードは押さえてるし、携帯、PC、AV機器などデジ系の新製品情報とか(ありがちだが)いろいろな記事がある。
題材の選択にSPA!らしいところもあるし個々の記事自体は結構面白いんだけど、全体的な印象としては割と普通。「週アス」?って感じ。
SPA!増刊ということでもっと確信犯的サブカル系バカ雑誌を想像してたんだけどそういう意味ではちょっと肩透かし(笑)。単発ということもあってか手堅く広く浅くわかりやすいが、その辺に編集側のちょっと手探りというかおっかなびっくり感を感じる。その、割と当たり障り無いところがやや不満。
例えば、上に書いたようにYouTubeでDigi@SPA謹製の映像をアップしたりBitTorrentで何かDigi@SPA謹製お宝(下らなければ下らないほどイイ)を配布する、というようなネットと連動した企画があってもよかったように思う。あるいは逆にビジネス面からそういうツールにアプローチするとか。
でなければ、もっと話題的にディープに突き抜けてもよかったかも。そういう雑誌じゃないか(笑)。
とにかくDigi@SPAならでは、というのがもうちょっと欲しかったな。

だからオレ的に650円はちょっと微妙。

テーマ:雑誌(既刊~新創刊) - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/07/06(木) 00:29:48|
  2. 映画/書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
以下、広告です。