FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

アスキーの逆さ提灯?

さてあちこちの記事でベンチも公開され、発売前からAMD Athlon64 X2を蹴散らす勢いのIntel Core 2 Duo(Conroe)。
ネットバーストの苦しい提灯から開放されて各ITサイトのライター連も生き生きしているように見えますが、手放しで喜ぶな、という人もいるみたいです。







  Conroe登場間近! 予想通りの爆発的高性能に影を落とす盲点とは?(ASCII24)

どうやらConroe、従来の32bitアプリでは爆速だが、64bitネイティブなアプリで遅くなるということもあるらしい。アスキーにしては珍しい論旨だな。
これはおそらくコードの最適化の問題で、ネットバーストが抱えていたような本質的な問題ではないと思われる。そういう意味においてはx64の策定者であるAMDに一日の長があるのかもしれないが、どうせIntelもいつものようにコンパイラをCore 2 Duoに最適化してくるだろう。
現行のX2に対してCore 2 Duoに目立った弱点が今のところ無い、という結果は似た設計コンセプトのCPUで後発ということを考えればやはり妥当だろう。
どうするAMD?

それよりオレの目を引いた部分は、

ただ、Vistaのラインナップのほとんどすべてに64bit版が用意され、来年はいよいよ64bitがデフォルトになろうかという勢いなのに、「64bitアプリのほうが遅いことが多々ある」というのでは意気阻喪してしまう。「メモリを4GB以上積む必要にも迫られていないし、デバイスドライバやアプリの互換性にも不安があるし、まして、遅くなるんだったら、64bit OSを使う必要はない」と考える人が増えると、OSの64bit化への流れにも水を差すことにもなりかねない。実際困らないのなら何も64bit OSを使う必要はないともいえるが、ソフトとハードは車の両輪として、互いに刺激し合いながら進化していくものだ。ソフト環境の一大ステップアップにブレーキがかかるのは、PCの世界全体にとってマイナスだろう。

ここに業界人の本音が表れているな、と思って。
確かにソフトもハードも売れてくれないと困るよね(笑)。

K8も持ってるけどK7がいまだにメインなオレにとってこの「一大ステップアップ」にどれくらいの意味があるのだろうか、ということ。
今の環境にステップアップしたのはメモリのリソース制限から来る動作の不安定さやUSBに関する制限から2000/XPのシステムを使いたかったから。あとDVDやキャプチャカードというハードウェアが高クロックのCPUを必要としたから。それまではWin98@河童セレだったわけで。
自分が使っているCPU/OSに耐え難い欠点があるか新CPU/OSに相当魅力的な点が無い限り移行しようともあまり思わないんだよね。CPUやOSってあくまでも「箱」だから。

人がやる仕事や趣味自体は昔からそれほどステップアップしてないからね。
オレだけか(笑)。今の環境でもあと「5年は戦える」んじゃないかなあ。
  1. 2006/07/15(土) 13:43:11|
  2. インテルと愉快な仲間たち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


サトジュンだなあ。>> | ホーム | <<真夜中の超近代的電子原始プリン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/1013-beaafc88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)