FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

64bitで遅くなるの本当?

先日、IntelのCore 2 Duoの64bitモードに不得手があるのはコードの最適化の問題だろうと書いたのだけど、実はそうでもないらしい。


  64bitは苦手なCore Microarchitecture(後藤弘茂のWeekly海外ニュース)

Core MAの場合、マイクロアーキテクチャ上の理由で、64bit時には性能が32bit時より落ちてしまう可能性が高い。少なくとも、同じステップ数のコードを走らせるなら、理論上は64bitの方が性能が落ちてしまう。もちろん、ベースのパフォーマンスが高いため、あくまでも32bit時と比較した場合の話だ。

 Core MAのこの問題は、現在のCore MAマイクロアーキテクチャの実装上の問題であるが、根源的にはx86/x64命令セットアーキテクチャの制約が影響している。


"アーキテクチャオタク"を自認する後藤氏はCoreのアーキテクチャに対し、

・64bitモードでは高速化テクノロジ「Macro-Fusion」が効かない。
・命令判別用にプリフィックスを追加することにより命令長が伸びて(帯域の制限により)1サイクルで掬える命令数が減ってしまうため、プリデコード効率が下がる。

という2つの弱点を指摘している。

しかし、この弱点を持っていても現行のX2よりはほとんどのケースで速いんだよねえ。
特にパーソナルユースでは32bitでも当面それほど問題にならないと思われるし。
どうする!AMD(オダギリジョー風に)!


しかしこんなときに限って(?)Intel純正のマザーボードに特定の不具合が発見されたようだ。
BIOSアップデイトで直るようなのでチップセットの不具合とかではないと思われるが。今Intel純正ってどこのOEMだよ?


  Intel製P965マザーに不具合、DDR2-800設定で起動不可に(AKIBA PC Hotline)

今週発売されたIntel P965 Expressチップセット搭載のIntel製LGA775対応マザーボード「DP965LT」で、BIOSの設定によりPCが二度と起動しなくなるという不具合が発見された。T-ZONE. PC DIY SHOPは店頭で注意を促すPOPを掲示している。
 同店によると、トラブルの内容は、BIOSメニューのDDR2メモリの設定項目においてクロックを800MHzに設定するとPCが起動しなくなるというもの。


Intel純正の975マザーでも同様の報告がある模様。
まさかラムバスの呪いではないと思うけど・・・。
Core 2 Duo発売時まで引きずるようだとちょっとイタイかもしれない。

また、サーバー用途では逆に性能重視という観点から上記の問題が浮上する恐れがある。そうでなくてもマルチCPUきついのに。
そういう意味ではWoodcrestに対してもOpteron優勢はまだ続くのかな。
CPU本体の発熱は減ったもののFB-DIMMの発熱は馬鹿にならないらしいし。
  1. 2006/07/19(水) 00:24:21|
  2. インテルと愉快な仲間たち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
以下、広告です。
 


半島の中の懲りない面々。>> | ホーム | <<平和なミサイル

コメント

今回の975マザーは、810のときみたいな回収騒ぎにはならないでしょうけど、その810からこっち、intelちゃんは「ここが勝負!」ってときに、チップセットで問題を起こすようになりましたね~。これはぜったいrambusの呪いです。(w
  1. 2006/07/19(水) 09:09:58 |
  2. URL |
  3. よが #-
  4. [ 編集]

>>よがさん
FB-DIMMの超発熱はラムバスの呪いっぽいですけどね(笑)。
440BXは名作でしたけど、あれはそれまでのIntelチップセットの圧倒的シェアがあったればこそ、とも言えますし。
それにしてもCore 2 Duo手強いです。まあうちはしばらくPC買わないと思うけど。
  1. 2006/07/19(水) 21:51:50 |
  2. URL |
  3. zak #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/1017-cbd1abcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)