FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

転載?引用?朝日の削除要求

リンクしてる「mumurブルログ」さんに朝日新聞から削除要求が来たそうだ。

  朝日新聞社がmumurブルログに無断転載された記事の削除を求める


 

正確にいうと朝日新聞社の苦情を受けてライブドアから削除要求が来た、ということ。mumur氏は該当エントリを削除した。

新聞社と個人との記事を巡るネット上でのトラブルというと、3年ほど前の「連邦」と産経新聞社のトラブルを思い出す。事の顛末は「探偵ファイル」のこのエントリに詳しい。

  ZAKZAK来たりて、抗議する

これはニュースのタイトルが「連邦」ページ内に表示されてZAKZAKの記事に直リンクされることに対して、産経新聞社の伊藤繁次長という方から「連邦」管理人の吉野健太郎氏に「うちの記事に無許可で直リンすんな!」というメールが届いた、という話。
実際、インターネット上の著作物への単なるリンクに許可が要る、などという法律は無く、現在であれば考えられない話で、そんな理屈が通るならこのブログなんか真っ黒、てことになるわけだが、まあこの話は案の定伊藤氏が物笑いの種になって終わった。オレも当時連邦の読者だったので、リアルで「バカだなあ産経。」と思いながら騒動を眺めてた。
これが当時の産経新聞社の統一的な見解だったのかどうかはわからないが、「iza!」なんてニュースxブログポータルを運営している現在を見る限りにおいては、むしろ積極的にネットとの親和性を保とうとしているように見える。ネットにおける産経新聞社や扶桑社出版物の潜在購読者数も当然意識しているだろう。

翻って今回の朝日新聞の話。
引用の何がアウトだったのか。朝日新聞の引用の基準によれば、

(1)その著作物を引用する「必然性」があること。また、引用の範囲にも「必然性」があること。通常は、引用先が創作性をもった著作物であることが必要であり、「朝日新聞に次のような記事があった。」として、あとはすべて記事を丸写しにしたものなどは、引用には当たりません。(2)質的にも量的にも、引用先が「主」、引用部分が「従」という主従の関係にあること。引用した人が表現したい内容がしっかりとあって、その中に、補強材料として原典を引用してきている、という質的な問題の主従関係と、分量としても引用部分の方が地の文より少ないという関係が必要です。(3)引用部分がはっきり区分されていること。引用部分をカギかっこでくくるなど、本文と引用部分が明らかに区別できることが必要です。
 なお、引用には、「出所の明示」が義務づけられています。引用部分の著作者名と、原作品名を挙げておかないといけません。aspara.asahi.com の場合だと、最低限でも「朝日新聞社のaspara.asahi.com ○○年○月○日から」といったような表示が必要になります。

ということらしい。つまり簡潔に書くと

1.引用の必然性(批評の資料として、等)
2.引用範囲の必然性(理由の無い全文引用を避けろ、と)
3.主張が「主」、引用記事が「従」という関係にあること。
4.引用部分の明示
5.出典の明示

ということのようだ。
mumur氏の記事の場合、全文引用が多く引用部分よりコメントが短いことも珍しくないので、引用範囲の必然性と主従関係の「量的にも」という部分に引っかかるかもしれないが、それならこのエントリだけでは済まないはず。
どうやらこのエントリに掲載していた紙面の画像がまずかったらしい。新聞のレイアウトというのは新聞社の著作物になるのだそうだ。確かに朝日のレイアウトは目眩がするくらい芸術的(笑)だからなあ。

法律を守るのは当然な話。
しかし天下の公器(笑)のくせに、まったくみみっちいぜ朝日、ってのがまあ正直なオレ的な感想。
朝日新聞の紙面貼ってるサイトなんて他に幾らでもあるのに、今回の件は恣意的なものを感じる。
こういうことにはスケールがでかいのにな。


  テレ朝、1億3000万円所得隠し 番組制作で架空外注費(Sankei Web)

テレビ朝日(東京都港区)が東京国税局の税務調査を受け、番組制作に絡み架空の外注費を計上したとして、平成17年3月期までの3年間に1億3700万円の所得隠しを指摘されたことが28日、分かった。単純な経理ミスを含めた申告漏れ額は1億5500万円。追徴税額は重加算税などを含め5900万円。


ちなみにmumurさんのとこは朝日新聞社からもアクセスがあるそうだ(笑)。さぞ目障りに違いない。自分で書いたこの記事を思い出したよwww

削除された記事は再構成されて再アップされた。
それに対していまのところ朝日から削除要求は来ていない模様。

  【テンプレ】朝日新聞による若者の右傾化分析 「将来への不安がナショナリズムへ」「社会に居場所のない若者が愛国へ」 (修正版)

ライブドアにしてみればプロバイダ責任法に基づいて正当な削除要求に従う、というのは納得できるのだが、「削除要求メールの文言アップするなボケ!」というのは納得がいかんなあ。これも著作権?
まあ、仕方ないか。カスだからな。  
  1. 2006/09/29(金) 21:56:09|
  2. メディア - マスコミかカスゴミか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


祝!日ハムシーズン優勝!>> | ホーム | <<ゼーガペイン最終回

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/1168-82473c1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)