FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

逃げろ!

いじめについての話なんだが、同感。

  自殺する前に世界一周を(コリアン・ザ・サード)


 

このエントリで管理人の新井さんは、いじめられっ子はいじめのコミュニティから逃げろ、自殺を止めるのに有効なのは「逃避」しかない、と説く。
なんというか、全くもって同感。

以前「蒸発」というエントリで、逃げちゃった新入社員クンのことを書いたけど、「死ぬより逃げた方がいい」と書いたのはオレの偽らざる気持ち。あれはいじめじゃないけど、中にはいじめてるとしか思えない客もいるしね。

思えばいじめられっ子だったオレもずいぶん逃げた。やり返す、という選択肢もあったのかもしれないけど、逃げたね。オレは(笑)。
今だからこそ(笑)なんてつけてられるのだが、当時は冗談じゃなかった。
空想とか妄想とかね。元々一人でいることは全く苦にならないのだけど、おかげでだいぶ性格歪んだかも(笑)。
今でも当時いじめたヤツは不幸になってればいい、と思うよ。昔、いじめたやつに同窓会で農薬盛った事件があったが、褒められたことではない、と思うものの共感はできる。よく「いじめる側の論理」を得意げに説くヤツがいるけど、「死ね」と思うね。
「死にたい」と思ったことも少なくなかったが、幸い、というかなんというか、新井さんと同様に「死ぬ」ということに臆病なおかげで、今の今まで生きてしまった。
十代の頃はいいとこ三十歳までには死にたい(←結構気が長い)、と思ってたし。

いじめを無くすというのはある意味理想論で、いじめは人間の生来の業に根ざしたものなので無くならない、というのもよくわかる。同感。オレはどちらかというと性悪説寄りなので。
いじめに加担したり、それを隠蔽するような教師は論外だが、それがなくとも子どものコミュニティ内でのいじめは根絶されないだろう。これまでずっとそうであったように。
ただ現在のようにいじめが蔓延した状況を多少なり改善することはできるかもしれないと思うが。今の状況は子ども達が親や教師の背中を見て育った結果ではないか、と思うからだ。オレの頃はいじめるヤツもいたけど助けてくれるやつもいて、その辺はむしろ今より多様だったように思う。
まず規範となるべき大人が襟を正せ、てことだね。
しかしそれはそれで気の長い話なので、むしろ子ども達のケアを、という新井さんの意見は実に的を射てると思う。

というわけで、いじめられっ子よ。人生の後輩よ。逃げちまえ!
親御さんたち、うまく逃がしてやってくれ。給食費不払いなんてしてる場合じゃないぞ。

ところで、このブログのタイトルは「人生は雨の日ばかりじゃない」だが、実はこの言葉には前段がある。通して書くと、

「この世は常に不公平だ。でも、人生は雨の日ばかりじゃない。」

これは誰の言葉の引用でもない。オレのことば(多分(笑)。先人がいたらごめんなさい)。
子供のころからそう思ってた。それでも戦争中とかに生まれなくてよかったかーって。
冷めたガキだなーと思う。親に向かってこういったわけではないが、親も冷めた性格だと思って見ていたようだ。この視線はかつて「いじめられっ子」だったことや身体が弱かったことと無縁ではないと思う。当時、後半の「雨の日ばかりじゃない」はむしろ慰めに近かったけどね。
現在、自分の子ども達を見るにつけて、「無邪気なやつらだな、おい」と思うのだが、もしかして親として「わかってない」?オレ?

それでもこの言葉はまだ楽観的なところがあるわけで、当時のオレにはまだそれだけの余裕があったのかもしれない。実際、常にいじめられていたというわけではなかったし、追い詰められていたというわけではなかったと思う。それとも元来は楽観的な性格だったのかな。

なるべく自分はフェアでありたい、と思うのは常に不公平なこの世に対する反感なのかもね。
「せめて自分ぐらいは」ていう。
  1. 2006/10/22(日) 21:37:17|
  2. ノンジャンル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
以下、広告です。
 


そもそもリチウムイオンバッテリは燃えるもの?>> | ホーム | <<チベット難民狙撃、産経続報来た。

コメント

中学生になって次男の反抗期も重なってか、親なんてっていう気持ちが強くて、愛情の注ぎ方が難しくなってきました。
いつも楽しく笑って居て欲しいけど、子育ての難しさを実感しています。
  1. 2006/10/23(月) 19:14:15 |
  2. URL |
  3. 桃組 #pRdbsp42
  4. [ 編集]

親といるのが恥ずかしいって思う時期があるんですよね。
反発は自立心による葛藤だと思いますよ。
子どもも一人の人間ですからね。一時離れても又戻ってきますよ。
桃組さんはそういうときありませんでしたか?
  1. 2006/10/23(月) 21:50:35 |
  2. URL |
  3. zak #-
  4. [ 編集]

勿論ありました。
でもこの時期何を言っても、新井さんがいう親の愛情にも確信が持てないと思われそうで難しい。



  1. 2006/10/24(火) 08:33:34 |
  2. URL |
  3. 桃組 #pRdbsp42
  4. [ 編集]

ん~、そうですねえ。でも子どもにどう思われるか気にしてても仕方がありませんよ。
オレは接する機会が少ないのでむしろ子どもの出すサインを見逃したくないな、と思います。
  1. 2006/10/24(火) 23:27:50 |
  2. URL |
  3. zak #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/1210-c85d608b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)