FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

ニセ日本食お断り

なぜこの記事がわざわざ朝鮮日報に載るのかよくわからない(笑)。

  日本政府「ニセ日本食お断り」(朝鮮日報)


 

日本政府、来年から海外レストランに認証制度導入へ

 日本政府が「ニセ日本食店」の取締りに乗り出した。

 日本政府は2日、『正しい日本食』を強調し、日本の家庭食とはまったく異なる食事を販売する海外の食堂を取り締まるための法案を作成する計画であると明らかにした。

 日本の農林水産省は料理専門家グループを構成し、法案作成のための実質的な検討に入った。

 農林水産省は「伝統的な日本食の調理法や材料をまったく無視し、日本食だと宣伝する海外の飲食店が氾濫している」として法案の必要性を強調した。

 この法律は日本の食品業界による農産物の海外への輸出を大きく促進するものと見られ、日本国内で伝統食に従事する農業関係者や食品業界関係者の強い支持を得ているという。


>伝統的な日本食の調理法や材料をまったく無視し、日本食だと宣伝する海外の飲食店が氾濫している

てことは作ってる人は日本人ではないのかな。
オレは海外ではなるべく現地の料理を食うようにしているのだが、それでも仕事の先方の気遣いで日本料理を食ったことが何回かある。
オレが以前勤めてた会社の米国本社はカリフォルニア州某市にあったんで市内に日本料理屋が何件かあったけど、美味しいと言われる店の店主は日本人/日系人だったな。不味いといわれる店は行かなかったからわからんけど。
マレーシアの日本料理屋でものすごいチキンカツ定食を食わされたことはあった。
だいたい衣がパン粉じゃなかったし(でも唐揚げでも天ぷらでもない。何だったんだあの衣)、しかも揚げすぎでカリカリ。ソースも現地風(もっとも、海外の日本料理屋で醤油を置いているのは当たり前だが日本風のソースを置いているところは少ない)。一応無難なやつを頼んだつもりだったのだが、中途半端に洋食っぽいやつ頼むよりも天ぷらとかそういう定番ものにした方が良かったのかもしれない。店主は中国系だったように思う。
もちろんまともな日本料理を作れるのは日本人だけ、なんて言うつもりはないけど。


  おふくろの味((ワールドカップ含む)日本と日本人のなごむ話・いい話)

ネパールの首都 カトマンズに面白い店があります。
その店の名は「おふくろの味」
ネパールにある日本食レストランです。
その店に行った人の話を。
彼の名を仮ににHとします。
Hはトンカツ定食を注文。
サクッ!としたジューシーな歯ごたえ・・・
普通にうまかったそうな・・・・
そんな彼に一人の料理人が声をかけてきた。
「オアジノホーワドーデスカ?  ナニカマチガッタトコロガアレバ、スグニオシエテクダサイネ」
彼の名は ズバン。
彼こそがこのトンカツ定食を作り上げた尊敬すべき料理人。
ネパールにある日本料理店で10年以上も修行してやがて独立。
そしてこの店を開いたのだという。
もちろん生粋のネパール人である。

H「いえいえ、とってもおいしかったですよ。間違ったところなんてありませんから。」
ズバン「ソーデスカ。アリガトウゴザイマス」C=(^◇^ ; ホッ!

事実、彼の日本食はほぼ完璧だった。
ダシの取り方、盛り付け方、接客法にカタコトの日本語・・・さすがに10年以上の修行はダテじゃない
しかし、そんなズバンさんもたったひとつだけ不安を心のうちに秘めていた
それは・・・本場の日本食を食べたことがない(日本に行ったこともない)ということ!
そんなズバンさんが次に出してきたのはおにぎり。
なぜかつけあわせがガリなのかはスルーするが、のりの巻き方、形、やわらかさ、具のチョイスは文句なし!
だがしかし・・・
ズバン「ダイジョブデスカネ?」(ドキドキ・・・)
H「おいしいよ、ズバンさん!でも次からは・・・塩 を 付 け て 握 る と・・・も っ と お い し く な る か も し れ な い ・・・・」
ズバン「エッ!オニギリハ塩ヲツケテ・・・ニギルモノダッタノカァァァッ!!!」

こうしてズバンさんの日本料理がまたひとつ、レベルアップしたのであった・・・


トンカツって日本料理だったのか。ってよくよく考えるとチキンカツもそうか。
一応下の記事が示すような海外の怪しい日本料理屋は避けた方が無難かもね。


  本当の日本料理店の見分け方( O V E R D O P E )

「Wontonと呼ばれているタイプフェイスを使うどんな日本料理店も信頼しないでください。」
「ネオンサインのある日本料理店はまず疑ってかかって間違いないでしょう。」
「メニューを見てください。 それが中華料理か韓国料理のパートを含むなら、それは正真正銘の日本人レストランでないという良いサインです。」
「テイクアウト用のメニューの印刷方法を見てください。 印刷の特徴は、その背後にある文化的な特性を教えてくれます。 それは4つの垂直なパネルに折り重ねられた法的なサイズの紙ですか?」
「それは、黒と赤のインクで印刷されていますか?」
「あらゆる料理の頭に番号がありますか? これは中国の知恵の一部です。」
「そこには複数の電話番号が記載されていますか? 表紙に割引券が印刷されていますか?」
「レストラン名に注意してください。 「東京」、「禅」、「サヨナラ」、「京都」、「ワサビ」、そして「富士」のような周知の日本語は、あなたがこれらの単語のいずれかを含む名前のレストランを所有している日本人であるなら、切腹することを考えるほど恥ずかしいと感じます。」


そういえば上記の本社に行ったとき、不味いから止めた方がいい、といわれた日本料理屋はたしかに看板がネオンサインだった(笑)。
あと、オレ流ににいうなら、日本のソース置いてるところは信用してもいいかも(笑)。ていうか店に入ってからじゃ遅いか。
ついでによくわからないもの貼っておきますね。

  ★世界各地で日本料理の評判を落とす韓国人(★厳選!韓国情報★)
  韓国人留学生が見た現実!(今日の韓流通信(旧))
  1. 2006/11/05(日) 01:47:36|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4
以下、広告です。
 


いじめの責任は?>> | ホーム | <<コメント欄が邪魔?

コメント

うーん、日本にある海外の食堂が
本国のそれとどのくらい同じなのか
興味が湧くところであります。
というか、わけのわからん食事を子供に与える
ママを取り締まりの対象にしたほうが...。^^;)
  1. 2006/11/05(日) 19:57:04 |
  2. URL |
  3. musik_hibi #-
  4. [ 編集]

>>musik_hibiさん
たしかに梅スパとか明太子ピザなんてイタリアの人から見ると邪道でしょうね(笑)。日本人はそういうの(アレンジとか改良とか)大好きですからね。でも日本人が海外でそれを本場のイタリア料理として(偽って)広める、なんてことはないでしょう?
このエントリの一番のキモはそういう日本食屋モドキの質と数が世界的に無視できないレベルだってことです。
トンカツとかラーメンなんてある意味西欧料理や中華料理の亜流ですが、すでに海外でも日本料理として認知されてるんです。これはそれ自体が一つの(別の)料理として完成されたものであり、かつ日本人の先達が海外でそれを西欧料理とか中華料理とか偽らなかったからだと思うんですよね。

>わけのわからん食事を子供に与えるママ
そういうのはもう親権停止(笑)!
  1. 2006/11/05(日) 22:34:44 |
  2. URL |
  3. zak #-
  4. [ 編集]

たしかにニュースソースの中には、
言語道断のものがあります。

おいしいとされる日本食には
職人のプライドやこだわりが
表れているのでしょう。
それが侵されると認識すると、
少し腹立たしくもなります。
  1. 2006/11/06(月) 10:38:44 |
  2. URL |
  3. musik_hibi #-
  4. [ 編集]

>>musik_hibi さん
ですよね。以前の中国製スマートなどのように、金儲けのために見た目だけ似せたものを出せば良い、という感覚は許しがたいものがあります。
  1. 2006/11/06(月) 22:23:20 |
  2. URL |
  3. zak #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/1232-f4b94337
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Koreans use Japanese Culture to Promote Korea

JETRO is going to authorise &quot;REAL&quot; Japanese restaurants in France.http://www.jetro.go.jp/jetro/offices/overseas/fr_paris/info.htmlHere is whymumur氏のブルログよりShe&nbsp;has been &nbsp;to a &quot;Japanese restaurant&quot; in Paris.&nbsp;&nbsp;
  1. 2006/11/15(水) 15:33:07 |
  2. 世の中を生暖かく見守るブログ