FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

コメント欄が邪魔?

超久々に覗いてみたオーマイニュース、 記事の偏向度合は多少マシになったのかな、とは思うものの、次のようなエントリが。

  【ご意見募集】「この記事にひと言」欄について


 

オーマイニュースは今、悩んでいます。「この記事にひと言」欄の最適な運営方法は何か、と。

 そこで、市民記者とオピニオン会員のみなさんにご意見を伺おうと、この記事を掲載することにしました。

 オーマイニュースでは創刊以来、市民記者の方々からご投稿いただいた記事に「この記事にひと言」欄を設けています。これは、「ご利用・閲覧にあたって」にあるように、市民記者とオピニオン会員のみなさまに、記事をもとにした意見交換や新たな提案などを行っていただき、そのコミュニケーションからより発展した議論を導くことを目的としたものです。

 しかし今、記事を書いた市民記者の方々からさまざまなご意見や苦情が寄せられています。「記事の内容とは関係のない書き込みを何とかしてほしい」「誹謗中傷がひどすぎる。これでは議論にならない」「ほかのサイトのURLを貼るのはいかがなものか」。

 さらに、「記事を削除してほしい」「『ひと言』欄を読むのが怖い。もう記事を書きたくない」、そして「このような誹謗中傷を書き込まれるなら、市民記者を辞めたい」という声まで聞こえてきました。こうした意見は、所期の目的を果たせていないことの現れです。


これに対して同じWebニュースサイトであるアメーバニュース編集部がコメントしているのだが、


  オーマイニュースが「ひとこと欄」に意見募集中

何を言っているのだ、エッ! と言いたい。かりそめにも「記者」を名乗り、微小ながらも報酬を得ているというのに何を甘えているのか! 市民記者登録をし、記事を投稿している時点で覚悟はなかったのか! 批判や罵倒を恐れるのであれば、市民記者などと名乗らずコメント不可のブログで記事を書いておけば良いのである。しかも、創刊時に鳥越俊太郎編集長は「異論、反論ドンドン書いて下さい! そんな活気のあるメディアにしようではありませんか!!」と挨拶を結んでいる。今になって表現者としての資質のない者(つまり、公の場でモノを言った場合は、批判やクレームはつきものであることを認識していない)の甘えた苦情をつらつらと並べ、「オーマイニュースは今、悩んでいます」などと何を言ってるのだ、ドーンドーン(机を叩く音)。

 コメント欄が荒れるのは、その記事に問題があるからである。

 それだけだ。

 そもそも、コメントが面白いのではないか。オーマイニュースには「似田さん」を筆頭とし、面白いコメントを書く人がたくさんいるのに、それがもし、「閉鎖」や「検閲強化」という方針になったらあまりに寂しいし、コンテンツとしての魅力が激減してしまうだろう。


バッサリ。これ、編集部の公式コメントだよね?いや、禿同だけどwww。
同業者でもそう思うのか(笑)。以前書いたようにコメント欄が面白いんだよねーオーマイは。
元々コメント欄の激しさについては当該記事の偏向性や内容の拙さが根底にある。自分の非を棚に挙げて「被害者」面する姿はまるで(自主規制)。
コメント欄がなかったらオーマイの閲覧数は激減してしまうと思うがなあ。記事は単なる前説(笑)。
まあ中には長島美津子氏のように読み応えのある記事を書く記者もいるけどね。

そして、記事のセレクト、編集権については編集部員に責任があるわけで、この問題については上記の点に加えてオレはむしろ記事を選んでいる編集部自身に問題があると思う。為されているコメント自体についてはオレは別に問題だと思ってないし。
つまり、コメント欄についてどうこう言う前に編集部員の質の低さを何とかしろよと。オーマイ編集部にとっては自分達の拙さを棚に上げて、思うようにならないコメント欄が目障りでしょうがないんだろうねえ。編集部の論調に同意するようなコメントは当然ながら少ないし。
どういう基準かわからないが、編集部都合の削除がけっこうあるしねえ。
無知蒙昧な愚民は官僚様の政策に黙って従ってろってか?この辺りは開設当初と全く変わってないな(笑)。

この記事なんてコメント欄ではかなり理想的な議論が行われていて、荒らしてるのはむしろ西野浩史とかいうオーマイ編集部員の発言のみという状況だし。何をか言わんや、だな(笑)。

  高校生には理解できる学校の「親心」


  1. 2006/11/05(日) 14:21:20|
  2. WEB/BLOG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


ニセ日本食お断り>> | ホーム | <<私的睡眠考

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/1233-9b323e0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)