FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

バカ教師の怠慢

今世間を騒がせている世界史未履修問題だが、あんなバカ教師どもの怠慢はないと思う。


 

彼らの行為の最悪な点は、「都合が悪ければ社会のルールを勝手に歪めてよい」という手本を大人たる教師自らが生徒たちに示したことだ。
いまどきの教師に教育者としての顔を期待してはいけないのかもしれないがいくらなんでもこれはあんまりだ。

必修科目というのは、文字通りそれを履修しなければ高校教育修了資格はない、と国が定めた科目のことだ。彼らはそれを知った上で公文書たる修了書類を偽造してきたのだから、オレは彼らを厳正に公文書偽造罪でしょっ引くべきだと思う。
彼らの「生徒への思いやり」などという見え透いた嘘に騙されて手心を加えてはならない。これは教師たちが楽をして成果(大学合格者数)を得ようとした結果だからだ。

例えばこれが大工だったらどうだろうか。
「建築基準法に違反するのはわかっていたけど時間がないので納期に間に合わせるために手抜き工事しました」と、もし大工が言ったら。

教師達は「カリキュラムに無理がある」「時間がない」などと言い訳をするが、時間がないのなら週休二日などといわず、土曜日をまるまる補講の時間に充てれば良いのだ。元々「ゆとり教育」の建前は土曜日を単なる休日ではなくお仕着せの学校教育ではない別のものを学ぶ時間に充てるという意義があったはずだ。決して教師を遊ばせるためではない。
地方における塾などの校外学習環境の格差問題についてもそれである程度埋めることが出来るだろう。元々今日の塾産業の隆盛は学校での授業時間減少を埋めるため、というのが原因の一つでもあるわけだから。
「時間がない」ということに対し、受験勉強したい生徒とそれを慮る情け深い(笑)教師との思惑が一致するのなら土曜補講というのは別段無理のある提案ではない。だいたい昔は土曜日は登校日だったわけで。国会議事堂前に座り込んでるヒマがあるのならそれを生徒のために使えばいいのだ。「出来ない」というのは単なる教師の怠慢でしかない。

一方、生徒側は、(知っていたとしても)未履修の選択を積極的に行なったというわけではないだろうから被害者的側面もあろうが受験後でも何でも補習はきちんと受けさせるべきだ。それが筋というものだ。
受験に影響するという批判意見もあるが他校の生徒は世界史を履修した上で受験するわけで、単に同じスタートラインに立つに過ぎない。
そこでもし苦渋を味わったとしても、かえって彼らは「ルールを守ることの重さ」を身をもって学ぶわけだ。決して無駄にはならない。

だいたい「受験教科以外の科目を勉強したくない」などとほざくヤツは他人より少ない勉強量で他人の上に立ちたいという奢ったガキだ。そういう輩は高校など行かずひたすら受験教科のみガリ勉して大検を取った上で大学受検した方がいい。そうすれば、体育、音楽、美術、技術家庭科、部活、運動会、文化祭など受験に関係のない科目、事柄を全て排除することが出来て実に効率的だ(笑)。

巷のブログを覗いてみると、世界史という科目が社会に出て役に立つとか立たないとかそういう観点から見た議論を結構見かける。
そんなことを言い出した日にゃオレなんかこれまで学んだ(そして忘れた)学問の大半が役に立たない「無駄」なものになってしまうわけで(笑)。
ただしオレ自身は人生を「効率」でしか測れないようなそういう人間にはなりたくない。「無駄」こそが人生を楽しくするのだ。学問にしてもそれは例外ではない。
だいたい世の中というのは元々理不尽で不公平なものだ。だから、そんな人生の「効率」を追求したところで、それが本当に効率的であったかどうかなんて死ぬ間際のそのときまで誰もわからないのだ。

それにしても興味深いのは何故未履修の科目が世界史だったか、だ。
受験に関係ないというだけなら、別に体育、音楽、美術、技術家庭科でもいいではないか。世界史を教えるとなんか不都合なことでもあるのか(笑)?

オレは大学で機械工学を専攻したのだが、もう一度大学に戻って何を勉強したいか、と問われたら間違いなく「世界史」と答える。これは今考えたことではなくずっと以前から思っていた話で。
実際面白いよ世界史。高校の世界史の教科書はいまだに取ってある。ただし学生だった当時は、こんな教え方ではつまんないだろうなと思っていたのも事実だけど。年号を記憶するだけの暗記科目では面白かろうはずがない。実際の世界史には歴史の流れがあり拡がりがあるわけで、そこをきちんと(楽しく)教えるにはやはりそれなりのスキルが必要だ。そのスキルを磨くことを世の教師たちは怠ってきたのではないのか(もちろん全ての教師がそうだというわけではないが)。
今回発覚した行為は、オレのように「世界史が学びたかった」と思う生徒の学習権をも奪ってしまったのではないか、とも思うのだ。
元生徒から契約不履行とか詐欺罪で訴えられたらどうするのだろうか。

世界史だけではなく最近は日本史も明治維新あたりでなぜか尻切れトンボになってしまうようだし(笑)、該当校の日教組支配率でも調べてみるとまた面白い結果が出るかもしれないね。

  

テーマ:教育問題 - ジャンル:ニュース

  1. 2006/11/09(木) 00:08:03|
  2. 国内ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


匿名であるということ>> | ホーム | <<捨て子ポスト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/1236-dd0ba763
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)