FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

上島竜平になれ! - Winny裁判あれこれ -

さて京都地裁にて150万円の罰金刑が言い渡され被告側が即刻控訴したWinny裁判ですが、あの小倉秀夫弁護士が見解をITmediaに寄稿しています。

  Winny裁判を考える なぜ「幇助」が認められたか


 

Winny開発者の判決は「予想より軽かった」と小倉秀夫弁護士は述べ、幇助とは何かを解説。「最大の悲劇は、Winnyのポジティブな利用方法をユーザーが開拓してくれなかったこと」と指摘する。

内容的にはまあ無難な見解でお仕事モードだな、と思いながら読んでたんだけど、

匿名で自由に情報発信ができるとなると、それを用いて著作権侵害とかわいせつとか誹謗中傷発言とかのネガティブ情報の発信に利用したいという誘惑に勝てない人たちがわんさか出てくるわけですが、それって新しい技術なりサービスなりの可能性を押しつぶす方向に働きやすいわけです。他方、そういう新しい技術なりサービスなりを、適法な、ポジティブな用法で活用する人たちがわんさか出てくると、その技術等が押しつぶされることなく存続できる可能性を高めてくれます。

最後でla_causetteモードかよwwwww ワロタ。
結局この人はWinny裁判にしろ、ディマクコンダにしろ、その他諸々あらゆる事象を自説「匿名の卑怯者」論(検索しやすくしときますねw)の補強要素としてしか考えない人なのだなあ、と今更ながら思った(笑)。
ところで「WinMXなどのピュア型P2Pファイル共有ソフト」とありますがWinMXはサーバを介するので「ピュア型P2P」とはいえません。自称「IT弁護士」さんらしくないミスですね、と枝葉にツッコんでみたり(笑)。いいのか。氏は自分の発言に責任など必要ない!と表明してるわけだし(笑)。

まあツカミはこれぐらいにして、実際のところ「シム宇宙の内側にて」さんが書いてるように、

  ひろゆき氏に同じくスピード違反と著作権法違反の違いが分かりません

オレも100km/h以上スピードの出る車を販売する自動車メーカーとどこが違うのか、と思ったりもする。
パチンコなんかもそう。あれが賭博であることは製造者たるパチンコメーカーは認知してるはずで、であれば賭博行為の幇助ということになるんじゃないの?さらに、日本のマスコミではタブーでも数々の海外紙がパチンコ業界が北朝鮮への主な送金元になっていることを指摘しているわけで、そういう意味からするとパチンコ業界自体が北朝鮮の核開発の幇助か。まあ、これは国内法には触れないのかもしれないけどね。
だいたいパチンコはそれ自体が事実上の賭博であるにもかかわらず警察がグルって看過してることがまず問題なんだけどね。
ここら辺がきちっとされてパチンコ屋が無くなれば、バカ親に灼熱の車内に置き去りにされて熱射病死するかわいそうな子供もいなくなるわけで、いいことずくめだよなあ。

盛大に話がそれたwww

今回の裁判に言及しているサイトをいろいろ見てみると、結局今回の判決の根拠はソフトの開発そのものではなく、金子氏の発言において、著作権法に反する使用を認知しつつ看過した、というところにあるようだ。
その論からすると、著作権法に反する使用方法を積極的に推奨するような記事を掲載しまくったネットランナー誌などはまず幇助罪に問われてしかるべき、などと思ったりする。開発者でなければ罪に問われないのか?でも開発することそのものは違法ではないとしているし、それってなんか恣意的な運用だよなー、と感じる。
つまり、ソフトを開発する人はその使用法が法令に違反する可能性を感じたとしても、(幇助の根拠となるような言質をとられないよう)それに言及せず、または

「やるなよ?おまえら絶対にやるなよ?」

とそれに反対する態度を表明しつつ粛々とソフトの開発を進めればよいわけでその意味において、上島竜平最強(笑)。
  1. 2006/12/19(火) 23:24:46|
  2. Webの揉め事とか炎上とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
以下、広告です。
 


ドネルケバブ丼>> | ホーム | <<かっこいいぜH-IIA

コメント

どの記事を読んでもこの判決の妥当性って見えてこないですし、
難しい司法のお話も私には分かりませんが(TT)、

>「やるなよ?おまえら絶対にやるなよ?」
コウ明記して「良し」とするならば、
率先して明記すれば良かったのに・・・。

もし自分が開発しネット上に公開するならば、一筆加えておきます。

公開して、著作権侵害を野放しにしておいたと間違えて判断されるのもシャクなので。
あえてそうしている場合を考慮しても、やはり一筆加えておきます。
金子氏はあえて一石を投じたのでしょうか?
この事態は予測の範囲内だったのではないかと思えてなりません。

開発者としては、利用者の用途を予測するのは開発を行うに当たっての
重要な要素だと思うからです。(必然的とでも言いましょうか)

かといってソレが司法の場での有罪となるには疑問です。
やはり微妙ですね。(^^;)
  1. 2006/12/20(水) 05:39:22 |
  2. URL |
  3. samurai #tHXiGMF2
  4. [ 編集]

盛大に論点がずれるかもしれませんが、これだけ悪い方にP2Pが利用されるようになったのは地方による情報の格差とかもあるように思うんですがね…。
WinMXでやり取りされるのがmp3が殆どだった頃はそこまでCDの売り上げに影響が出るような反応は無かったように思うんですが、
高速回線が全国の結構な範囲に広がって大容量のデータをやり取りできるようなったにも関わらず、アニメなんかは特に3大都市圏でばかり放映されて地方ではDVDが出るまで見れない。
でも、ネット上ではどんどんネタバレするし、そもそも都市の連中がタダで見てるのに何で高い金を払わなければいけねーんだ?ってのもある。
じゃあ、って手元を見ると高速回線とP2Pソフトがあったって感じじゃないですかね。
今でこそ、GyaOとか合法にネットで見れるようになってきましたけどね。
  1. 2006/12/20(水) 15:10:39 |
  2. URL |
  3. だいえん #-
  4. [ 編集]

>>samurai さん
経過をリアルで見ていた感じでは、金子さんは「あえて一石を投じた」とは思いますが、逮捕されるとまでは思っていなかったように感じます。認識していたならばDL板でのあの会話内容はなかったでしょうね。ある意味この逮捕は前代未聞でしたから。
小倉氏述べるところの、「中立的行為による幇助の可罰性」の問題になりますが、「Winnyを含むファイル共有ソフトが著作権を侵害する態様で広く利用されており、Winnyが社会においても著作権侵害をしても安全なソフトとして取りざたされ、効率も良く便利な機能が備わっていたこともあって広く利用されていたという利用状況」を根拠とするのならば、それを喧伝し状況形成に大きな役割を果たしたネトランが無罪で提供した金子氏のみに罪を問うのはおかしいだろうとオレは感じるわけです。騒ぎが大きくならなければ彼は逮捕されなかったわけですよね。さらに、もし悪用可能なソフトがあって、作者に悪意を持つ誰かが「恣意的に」喧伝し、その悪影響が世間的に「認知」された場合には作者に罪を問うことが出来るのか、という話です。玉虫色としか言いようがありません。

>>だいえんさん
>地方による情報の格差
たしかにそれはありますよね。P2Pのおかげで日本のアニメの感想が数日後には海外の掲示板に現地語で載るようになったわけで(笑)。

それについては小倉先生が参考になる意見を述べておられます。
「せめて日本標準を(http://benli.cocolog-nifty.com/benli/2006/12/post_44ca.html)」
「BENLI」の方はよそ行きモードで割りとまともなんですけどね(笑)。

P2Pの著作権問題に関してはmp3メインの頃からナップスター→グヌーテラ→ファイルローグ→WinMXって感じでずっと問題視されて来ているので決して目新しいものではないです。
Winnyが問題視されたのはむしろバカ公務員などによる個人情報漏洩騒ぎのせいで、そういう意味では別件逮捕(笑)なんじゃないかと思います。
本来この手のソフトはその辺を「わかっている人」が使うものだったわけで、ワキが甘い人たちを大量に生んだネトランの罪はその意味でもやはり重いとオレは思いますけどね。
  1. 2006/12/20(水) 21:10:12 |
  2. URL |
  3. zak #-
  4. [ 編集]

もの凄い遅レスで恐縮なんですが

>ひろゆき氏に同じくスピード違反と著作権法違反の違いが分かりません

私はこの2つを比べるのはおかしい気がします。スピード違反はそれ自体では生命や財産を侵害するものではないからです。
スピード違反ではなく、スピード違反による事故などと比べるのがより適切かと。従って、スピード違反による事故は蓋然性が低く(どこからを低いと捕らえるのかはまた問題になりますが)、車を売った会社も幇助に問われない、と。
ウィニーによる著作権侵害はこれの反対ですね。
さらに突っ込むと、スピードは法律ではなく、著作権法は法律です。


>「やるなよ?おまえら絶対にやるなよ?」
金子氏もこんなことを実際サイトに書いていたような…
いずれにしろ、犯罪の結果を積極的に企図・意欲しなくても、犯罪の結果の発生を認識し、認容していれば幇助罪になるのですから、逃れられないでしょう。
本当に知らなかった(認識が無かった)、と言い張ることもできるとは思いますが、PCや書類を押収されれば終わりのような気がします。(専門家が自分の研究分野についてよく知らなかったと言い張るのにはやはり無理があるでしょう)

ネトランのことに関しては激しく同意ですね。笑
  1. 2007/02/17(土) 03:51:25 |
  2. URL |
  3. kwal #dNFFwTJA
  4. [ 編集]

>>kwalさん
>犯罪の結果の発生を認識し、認容していれば幇助罪
スピード違反もまた法律に違反していることに変わりは無いので、スピード違反多発の状況を知りつつ、それを阻止できるのにしないメーカにほう助を問うのは、オレは的外れとは思わないのですが。
逆に「知らなかった振り」を立証できない程度にうまくやれば、罪には問われないってことですよね。
  1. 2007/02/18(日) 02:46:47 |
  2. URL |
  3. zak #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/1311-49d720e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)