FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

どんだけWinny強力なんだよ千葉銀行www

とりあえずWinnyのせいにしときゃいいと思ってるだろ千葉銀行。

  千葉銀行の顧客情報が流出、Winny削除したつもりが残留(Impress)


 

千葉銀行は15日、同行の顧客情報がファイル交換ソフト「Winny」などを介してインターネット上に流出したことを公表した。

 流出がわかっているのは、2005年3月から4月にかけて、行員が自宅で作成したデータで、個人名、法人名および代表者名、取引内容などの一部の76件。このほか、一般に入手可能だという法人名および所在地の情報も95件あった。

 千葉銀行によると、この行員は2003年頃に自宅の個人所有PCでファイル交換ソフトを使用していたが、2004年までに自主的に削除。しかし、削除手順に誤りがあったために、ファイル交換ソフトが残留していたと説明している。その後、行員の自宅PCがウイルスに感染して顧客情報が流出、 2007年2月14日夕方に発覚したという。

 千葉銀行では2006年3月と5月、全行員の個人所有PCに対して、ファイル交換ソフトの使用状況調査と業務関係情報の削除を指示していた。今回の顧客情報流出を受け、千葉銀行では、全行員の自宅PCについてファイル交換ソフトが導入されていないことと、顧客情報などの業務資料が保存されていないことの確認を徹底する。


えーと、話を時系列順に整理するとこうかな?

1.千葉銀行員、2003年頃、自宅のPCにWinnyをインスコ。
2.千葉銀行員、2004年、自宅のPCからWinnyを削除(しかし残留)。
3.千葉銀行員、2005年3-4月、千葉銀行の顧客情報ファイルを自宅PCにて作成。
4.感染日時は不明だが千葉銀行員の自宅PCがWinnyを媒介とするウイルスに感染。
5.2005年5月~2007年2月14日の間に千葉銀行員の自宅PCからWinnyを介して3の千葉銀行の顧客情報ファイルが流出。
6.削除したはずのWinnyが残っていて、知らないうちに勝手にウイルスがWinnyを介してPC内の千葉銀行の顧客情報ファイルを送信した、と千葉銀行員は釈明。


ダウト。

まず、削除について。Winnyはフォルダごと削除すればいい。手順もクソもない。

次にウイルスについて。
感染時期に関しては、いわゆるWinny暴露ウイルスは多種あるが最初のものが発見されたのは2003年8月ごろなので、PCに残っているウイルスの種類を検証しない限り特定できない。
しかしWinnyを介してファイルを漏洩させるウイルス(ワーム)は起動状態のWinnyによって本来送信しないであろうファイルまで送信してしまう、というものであって、(ユーザにわからないように)Winnyを起動して送信する、というようなものではない。
Winnyを介して感染するものの中には山田ウィルスのようにWeb上のあるところにファイルをアップする、というようなものもあるが、それなら「Winnyを介して」とはいわないだろう。だいたい、山田ウィルスが発見されたのは2005年5月だ。

オレ思うに、間違いなくこの千葉銀行員は2005年5月以降もWinnyを起動してるね。
ていうか、顧客情報を家に持って帰るなよ。その時点でアウトだろ千葉銀行。

どいつもこいつも懲りないね。こんなのクビだろ普通。
結論としては「嘘を嘘と見抜けない人には(人を使うのは)難しい」ということでしょうか千葉銀行。
インプレスもITサイトの端くれなら、なんかコメントぐらいしろよ。

例によって2ちゃんねらーさんたちの反応は痛いニュースさんで。

  Winnyの削除手順を誤り、その後ウイルスに感染して顧客情報流出(痛いニュース(ノ∀`))

  1. 2007/02/16(金) 01:03:49|
  2. 国内ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


【追記あり】法律よりとりあえず算数をやったほうがいいのでは>> | ホーム | <<金沢三泊目

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/1441-dc17db75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)