FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

ご冗談を。終わってるな毎日

佐々木俊尚氏のブログに新しいエントリが。
今度は毎日新聞側の言い分を聞くインタビュー。

  毎日新聞「ネット君臨」取材班にインタビューした(佐々木俊尚 ジャーナリストの視点)


 

私としてはネット君臨取材班の花谷寿人デスクやTキャップ、I記者らに対応してもらえればと思っていたのだが、インタビューに応じてくれたのは、同社編集局次長の池田昭氏だった。「ネット君臨」企画の担当局次長である。

(中略)――がんだるふ氏は、取材意図についても説明がなかったと言っていますが。
池田氏 意図を説明しないと取材にならないでしょう。取材意図が伝わらないまま三時間も取材が続くとは思えないので、十分こちらでは説明したと認識している

(中略)――「ネット君臨」記事ががんだるふ氏を「男性」ではなく「男」と表現したのは、どのような意図だったのでしょうか。
池田氏 これを佐々木さんはネガティブな表現だとおっしゃるが、これは単に性別を表記しただけで、特別な意図をもって表現したわけではありません。
――ご冗談を。本気でそうおっしゃっているのですか?
池田氏 それは佐々木さんの主観かもしれないですよね。

(中略)――がんだるふ氏の疑問提起に対する取材班の対応として、どのようにすべきだとお考えになりましたか。また実際には、どのように対応されたのでしょうか。
池田氏 基本的な見解が違っているのかなということです
――基本的な見解というのは、どのような意味ですか?
池田氏 それについては言えません。
――どうして言えないのですか。
池田氏 がんだるふさんに対する個別具体的なことなので、それ以上のことを教えるわけにはいかない。
――では一般論として、基本的な見解が相違しているというのはどのような文脈において使われているのですか?
池田氏 一般論としても、それ以上のことは第三者の人についてはお教えできない。新聞記者のモラルとして、取材先との話を佐々木にお答えするというのは控えさせていただきたいと思っています。
――しかし「基本的な見解が違っている」というのはあまりにも曖昧とした表現で、何を説明しているのかという基本的なことさえそれでは理解できません。説明として足りていないのではないですか。
池田氏 基本的にわれわれは取材の意図を説明した上で、取材に入ったという認識を持っている。だから、いまおっしゃられることについて言うと、そういう取材の説明をしているわけだから、彼がおっしゃっていることとわれわれの認識していることが違うのであれば、それは見解の相違であるということです。

(中略)――このように長期にわたって使われている通名(ペンネーム)の実名性についてどのようにとらえられていますか。
池田氏 通名と実名は、本質的には異なるものであると考えています。
――通名と匿名は?
池田氏 匿名と通名は、どこでの掲載という問題がある。書かれた側からすれば、どこの誰かがわからなければ、匿名と同じであるし、誰かわからなければ、実名であるとは考えない。
――ではたとえば、鈴木一郎さんという平凡な名前の人物が実名でネット掲示板に書き込み、他人を批判した場合には、それはOKということでしょうか?
池田氏 それはだめでしょう。どこのだれかわからなければだめです。書かれた側がどこの誰であるかわかれば、理解できるけれども、少なくとも、ありふれた名前がどこのだれかわからなければ、それは実名とはいえない
(中略)池田氏 書かれた側がすぐにわからなければ、それは実名ではありません。


「説明したと認識している。」
「単に性別を表記しただけ」
「主観かもしれない」
「それについては言えません」
「見解の相違であるということです」

木で鼻をくくるとはこういうことを言うのだろう。
「(自分達は)意図を説明したと認識しているから、(被取材者の批判は)単なる見解の相違だ。」だと。
つまりこの池田という「男」(単に性別を表記しただけで、特別な意図をもって表現したわけではありませんよw)には取材相手に理解を得ようという意識はないようだ。自分達に「説明した」という言い訳が立てば後はどうでもいいらしい。批判に耳を傾けよう、などという考えは最初から無いのだ。

オレも「両方の言い分を聞くべきだ」という意見は頷けるので佐々木氏の前回のエントリを取り上げたときに、

毎日新聞側の言い分については佐々木氏も「毎日新聞サイドがこの件をどう見ているのかについては、いずれ日を改めてアップロードしたいと思っている。」と言っているのでこちらを楽しみにすることにしておく。


と書いたのだが、前回の佐々木氏の見方は結局間違っていなかったようだ。

取材の結果を元に好き勝手に書く。取材元から批判されても「見解の相違」と議論を避ける。
この「男」も、どうやらオマニーの平野氏言うところの「紙メディア人」らしい。

要するに、紙面上で批判されることに慣れていない。言わんや反論をや。メディア上での議論に不慣れなのである。仮にこちらに分があって、相手がトンチンカンな議論を吹っかけてきた場合も、黙ってやり過ごすのが「大人の対応」なのだと、これまで周囲を見て学習していた。


ほんと毎日新聞ってタレントが豊富だよねw。

ところでこの「男」は「書かれた側がすぐにわからなければ、それは実名ではありません。」と言っているがこれは毎日新聞の公式な見解なのか。正気か?
ならばネット上では実名などというものはほとんど存在しないことになってしまう。
だって例えばコメント欄で「小倉秀夫」などと名乗られてもそれがIT弁護士として高名な「小倉秀夫」先生と同一人物かどうかなんてオレには「すぐ」判別する手段などないのだから。「騙り」かもしれないしねw。
匿名にしろ実名にしろ、それはある程度(文章の内容など)の「信用」があってこそ機能するものだから。実名と思しき「文字列」だけでは何の担保にもならない。例えば、自分のブログで意見を述べて元記事にトラックバックする、というであればブログの管理人本人であることを担保する上では有効だ、とは思うけどね。

まあ、なにはともあれ毎日新聞さんは特定国籍の方々に対する「実名」報道を常々心がけていただきたいものだ。

テーマ:毎日新聞 - ジャンル:ニュース

  1. 2007/02/22(木) 23:10:00|
  2. メディア - マスコミかカスゴミか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
以下、広告です。
 


障害者の不幸>> | ホーム | <<やっぱり萌える燃えるなー

コメント

昧日新聞w

zak_mustangさん、こんにちは。

佐々木俊尚氏は素晴らしいインタビューをされましたね。時代に取り残されるということを、リアルタイムで見る思いです。しっかしまぁ、毎日新聞というところは、世論というものにまるで関心がないんですねぇ。少しでも、世の中の動きに目を向けるつもりがあるならば、これほどまでにネットを過小評価しないでしょう。つーか、毎日新聞社は勉強が嫌いなのねw アタマ悪すぎw
  1. 2007/02/23(金) 10:24:05 |
  2. URL |
  3. 朝日に匂ふ山櫻花 #fXUu1OLg
  4. [ 編集]

佐々木氏もどこかネット上でこの件を再編集した上で「メディア君臨」とか言う台で連載したら面白いと思うんですけど…w
  1. 2007/02/23(金) 15:31:00 |
  2. URL |
  3. だいえん #-
  4. [ 編集]

>>朝日に匂ふ山櫻花さん
佐々木さんはこういう方面は実直でいい仕事しますよね。オマニの件とか。
嘘ばかり撒き散らして恥じない毎日新聞ですから他人の批判など皆「見解の相違」なのでしょう。

>>だいえんさん
氏のブログでアップされる予定の氏の「感想」が楽しみです。
またこの手の批判的な記事に関しては、オリコンのような個人に対する企業の恫喝的訴訟という手段が最近クローズアップされてきているので、恥知らずな毎日新聞がどう対応するかというのも気になるところではあります。
  1. 2007/02/24(土) 09:40:13 |
  2. URL |
  3. zak #-
  4. [ 編集]

時代やメディアこそ違うが歴史は繰り返すのでは

毎日だけに限らず新聞メディアが(なぜか朝日という嫌らしい名がフラッシュ・バックするが)現在、ネットで見られる様なことをやって来なかったとはいわせないよ。  しかも、それで飯を食って来たんだから、新聞記者の「男」どもは。 この「男」どもが、個人の誹謗中傷だけでなく、日本国民や戦没者の名誉に泥を塗り、平気の平左を決め込んで来たのは忘れもしない。 朝日の「従軍慰安婦」捏造記事でも匿名記者が朝日新聞社という「ネット」の陰に隠れて、「言い逃げ」した事は、未だにその尾を引いている。  「社会の公器」という匿名を乱用して来たこの「男」どもや柳田氏を含めて、メディアや時代の違いこそあれ、根底にある実質的問題の同一性を理解できていない。 日本でもカースト的社会意識の崩壊が始まったのでは。
  1. 2007/04/05(木) 14:41:42 |
  2. URL |
  3. parkmount #EBUSheBA
  4. [ 編集]

>>parkmountさん
インターネットの普及によって従来恣意的な情報のみ垂れ流してきたメディアの行状が暴かれてきましたが、まだリアルに波及しているとは言いがたい状況ですからまだまだ叩いていく必要があると思います。
特権にしがみついて醜態をさらす彼らは醜いですね。
  1. 2007/04/05(木) 23:09:24 |
  2. URL |
  3. zak #S/G8Z6W.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/1453-22f70ae1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)