FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

いや、その格好のせいでしょう

読売新聞の女性記者が深夜にタクシーが停車しなかったことに憤慨して記事に書いている。

  許せぬ タクシーの客選別(読売新聞)


 

3月30日夜、友人らと食事に出かけ、気がついたら31日午前3時を回っていた。
終電など、とっくにない。場所は新宿・歌舞伎町。さらに、週末、月末、年度末、と「末」が三つも重なった最悪の深夜である。いやな予感はした。

もちろん、歌舞伎町のど真ん中でタクシー争奪戦に参戦するほど、「初心者」ではない友人(女性)と私は、歩いて新宿の外れに向かった。中心部さえ外せば、道路は空き、空車のタクシーが増えてくるはずだ。

実際、某地点まで来ると、赤い空車サインが何台も見えてきた。ところが、である。
手を挙げても、車道に身を乗り出して叫んでも、空車タクシーがとまらないのである。
運転手は、こちらを見ようともせず、新宿に向け走り去っていく。

暗くてこちらが見えないのか、とも考えたが、私の服装は、金色のコートにショッキングピンクのストール
どう考えても、闇に紛れるはずはない。また、酔っぱらいは起こすのが大変なので嫌がられるともいうが、同夜、私はほとんど酔っていなかった。念のため。
結局、数十分後、怒り狂った私たちは、赤信号で動けない車に狩人よろしく飛びかかり、ようやく帰宅の途についた。車中、運転手に、乗車拒否について質(ただ)したところ、「女性だからじゃないですか。近距離が多いんで嫌がるんですよ」と常識のように言うではないか。

確かに我が家は、新宿から比較的近い。しかし、歩いては帰れないのだ。そもそも、タクシーは客を乗せて走るのが仕事であろう。結果的に長距離の客がつけば「ラッキー」だろうが、だからといって、タクシー側が客を選別し、近距離の可能性のある客を切り捨てるのは、サービス業として許されないはずだ。

同じ悔しさを味わったことのある女性は少なくないと思うが、いかがだろうか。



仕事柄タクシーにはよく乗るし(今日も乗った)、中にはムカつく運ちゃんもいるけど、話を聞くと、ほとんど歩合制だし勤務時間は厳しいしで結構気の毒だなあと思うことが多い。勤めていた会社のリストラとかで運転手やってる年配の方も結構多いしね。
さすがに深夜に乗ることはほとんど無いのだが。

この記事を書いたのは読売新聞鈴木美潮記者。
深夜に怪しい服装のおばちゃんがタクシー乗り場からはずれたところで道路から身を乗り出して叫んでたら、その筋の人と思うだろうし酔っ払いかもしれないし(遠目では酔っているかどうかなんてわからないし)、そりゃタクシーの運ちゃんでも怖いと思うだろ。女性だからどうだとかじゃなくて。
関わりたくないと思うのが人情だと思うけどなあ。
素直にタクシー乗り場で並べば良かった話。

それに乗せてくれた運ちゃんに質すのもどうかと思う。
運ちゃんもさすがに「そんな奇天烈な格好の酔っ払いには怖くて関わりたくなかったんでしょう」なんて言えないよね。
この記者もただ一人の運転手の証言(?)を元にこんな記事を書くなんて洞察力も想像力も無さ過ぎる。怒りに我を忘れているのかもしれないが、こういうチラシの裏みたいな私怨を記事にするのは感心しないな。載せる読売も読売だけど。

そもそも、新聞記者は公正な記事を書くのが仕事であろう。結果的に特ダネがつけば「ラッキー」だろうが、だからといって、記者が私怨で冷静さを失い、一部の証言のみで偏った結論を導くのは、ジャーナリズムとして許されないはずだ。


てところかな。
これがオマニーなら別に驚きもしないんだけどね。


ネタ元はいつもの痛いニュースさん。

  読売・女性記者、タクシーの“乗車拒否”に怒り狂う…運転手「女性は、近距離が多いので…」
  1. 2007/04/12(木) 01:00:12|
  2. メディア - マスコミかカスゴミか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


なんか毎日飛行機乗ってる気がする>> | ホーム | <<737に乗ったよ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/1544-829adb8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)