FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

人事が悪いだろ

そんなのは入社試験か仮採用中に落とせよ。

  “タメ口で話す、挨拶できない、非常識…” 新入社員のあきれた言動アンケート(痛いニュース(ノ∀`))


 

「ここ最近5年くらいの間、ちゃんとした敬語を使える社員が少なくなっているのを感じている」(30代/男性)、「新入社員で初対面なのに兄弟に話かけるような感じでビックリした」(40代/女性)など、新人からタメぐちで話しかけられてあきれたというケースは結構多い。
タメぐちの対象が社内ならまだしも、こんな例もあった。
「上司に対しては社内のことで済むのですが、来社されたお客様に対してのものすごいタメぐちには驚きあきれ果てました」(40代/女性)

その次に目立ったのは、【挨拶】に関するもの。
「挨拶がしっかりできない」(40代/男性/沖縄県)、「人としてコミニュケーションの基本となる挨拶ができない人がいる。親が悪いのか本人の問題なのか?」(30代/男性/兵庫県)など、人として最低限のルールと指摘するコメントが多い。
http://career.oricon.co.jp/news/43766/

そして言動をたずねたアンケートにもかかわらず【突拍子もない行動】というのも多数届いた。「寝ぐせがあったので、身だしなみを注意したら、黙って外出し床屋へ行ってしまった。帰社すると、会社の指示だったのを理由に領収書を提出!」(40代/男性/東京)、「注意されて翌日に辞職。その決断力がある意味うらやましくもあったが、あきれた」(30代/女性/北海道)。(一部略)

※その他の例
・携帯電話を一日中手放さず、メールしている。注意したら「携帯を手放したら死んじゃう」と言われた。
・退職すると発言した後、堂々と会社で履歴書を書きだした。
・社会人にもなって自分の母のことを「お母さんが…」と言い、呆れてしまった。
・「御中」を「ごちゅう」と誤読。


「今時の若いもんは」てな文句はかなり昔からあるようだが、これは人事の怠慢だろ。
それで困るのは現場なわけで。

オレは今は直属の部下無しの自分のやるべきことだけやりゃあいいある意味気楽な立場なんだけど、コミュニケーションに難のあるやつはほんと困る。コミュニケーションも仕事に必要な能力のひとつだからな。
話し聞いてるようで聞いてないヤツとか、すぐパニクって固まるヤツとか、何頼んでもネガティブに受け取るヤツとか。あと部下じゃなかったけど、黙っていなくなっちゃうヤツとかね。
まあオレもどちらかっていうと理屈に合わないことは上司でもモヒカン族的に噛み付くタイプだし、あまり人のことは言えないんだが(笑)。つかオレの若い頃の上司は(理不尽に)短気な人だったのでそういうコミュニケーションは結構鍛えられたかも。
それでもさすがに敬語が使えねーヤツはいなかったなあ。外資系で上下関係には割とフランクな会社だったけど。いったいどんだけだよ、って感じ。
だいたい挨拶なんてもう基本中の基本で、小学生のガキどもにも挨拶だきゃ徹底させてるし。
オダギリジョーのLIFEカードのCM思い出した。
やっぱり教育の問題かなあ。ゆとり\(^o^)/ハジマタていう。


  運動会の“リレー、徒競走”は差別、“回れ右”は軍国主義…広島の人権教育(痛いニュース(ノ∀`))

「人権教育の柱は、“差別・選別をしない”です。結果として先生はいつも生徒と同じ目の高さにいなければならない。ですから、普通にあるような授業の始め方“起立、礼”さえもありません。“はい、静かにして”“席について”と何となく始まり“ここまで”と何となく終わるんです。 朝礼でも、“前へならえ”“気をつけ”“休め”は軍国主義だとしてやりません。うちの子は“回れ右”も出来ないんです」
別の元PTA役員も述べた。
「最も顕著なのが運動会です。入場は“行進”ではなくただ歩くだけ。ラジオ体操もダメ、徒競走は、あらかじめ全員のタイムを計り、タイムの近い子同士で走らせるので、一人だけ飛び抜けて一着になる、或いは大きく離されることはありません。選手のリレーなどもっての外です。差をつけることは差別だというのです。見ていてこれほどつまらない運動会もありませんよ」


オレは体育会系のノリとか嫌いだけど、それで敬語とか規律とか上下関係が学べるならそれはそれでいいかもなあ。
義務教育なんてのはそれ自体がそもそも「強制」なわけで、それには上下関係は必要だろ。それを差別って言うのは教育でも人権でもないと思うんだが、それがわからない教師が多いってのも痛いな。
「差をつけることは差別」とする「結果の平等」ってのは逆に言えば生徒個人がそれぞれの能力を発揮する場を奪っているわけで「個性」を尊重していないとも言えるわけだ。
そこで競争を否定しておいて、受験・就職でいきなり熾烈な競争社会に放り込むわけだから酷い話だよな。自分の手を離れたらどうでもいいって話か。そりゃガキどもも混乱するわ。
子供たちに必要なのは将来世の中を渡っていくために十分な競争力(学力とか体力とかコミュニケーション能力とか精神力とか人格形成とか総合的な)だろ。その下準備を怠って何のための義務教育だよ。まあ挨拶とか躾の問題はそれ以前に親の責任だけどな。

結果、敬語も使えない、非常識な行動をとる、すぐ辞めちゃうヤツの大量発生ってわけか?そういう自助努力しないヤツはネカフェ難民とかニートになっても同情出来ないなあ。死にそうなくらいなら逃げたほうがマシだとは思うけど、人生ずっと逃げっ放しじゃダメだから一時的に戦術的撤退しても必ずどこかで踏ん張り直さないといけないわけだし。
多少歳食ってても中途で「失われた10年」組の使えるヤツ獲ったらいいんじゃないの。そこら辺が人事の技量なんだしね。
それなりに使い物になるならともかく「お荷物」ならそれこそいないほうがまだマシだったりするわけで。
オレは仕事のパートナーとして同僚後輩含めて「使える」(この表現は語弊があるのを承知で使うが)のにも「使えない」のにも当たったことがあるのでそのありがたみが非常によくわかる。実際使えない部下ってのは辛いぞー。持った以上使わないわけにいかないし、すげー徒労感に襲われるし。
まあそれはそれで今度は上司の度量が試されてるとも言えるんだけどな。
  1. 2007/04/15(日) 23:31:14|
  2. WEB/BLOG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


ミーゴレン とり肉入り>> | ホーム | <<全米最悪

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/1549-c55d2bce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)