FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

すみませんよりありがとう

遅ればせながらツバサクロニクル- 桜の国のカフェ - 観た。

遺跡を守るように時折起きる砂嵐。
「王、お体に障ります。」と床から起きようとするのを制する雪兎に、
「名前、敬語。」と桃矢。兄妹だなあ。

異世界に着いた4人はメイドさんたちにムギュー。いいなあ。
家を借り、服を買って着替えた4人。
メイド服のサクラ萌え。小狼は何故学ラン?

鬼が現れ、何かに気づき、いらだった様子の黒鋼。
鬼との戦いでケガをした小狼に右目が見えないことを質し、今より強い鬼が現れたらケガだけでは済まない、と迫る。
それでも戦うと言う少狼に、「全く困ったガキだぜ」。黒ぽん嬉しそう。
「xxxxホリック」といい、隻眼はCLAMPの好むモチーフなのかね。

今週のオレ的ハイライトは、フェイがカフェを開き、4人がお茶をするシーン。

サクラにお茶を勧められ「ありがとうございます。」と礼を言う小狼。
「私ね、小狼くんに"ありがとう"って言ってもらうととても嬉しいの。なんだか・・・・妙に懐かしいような気持ちになるの。」

その言葉に昔を思い出す小狼。

手に火傷をして藤隆に手当てしてもらった小狼。
薬代を気にして「すみません。」と謝る小狼に、
「治療費の話をしてるんじゃありません。私は息子のケガを心配してるんです。」と言う藤隆。「すみません。」また謝る小狼。
そこへやってきたサクラにも心配され「すみません。」またまた謝る小狼。

「何故謝るの?」と問うサクラに「心配そうにしてるから。」と。
「さっき、父さんが心配してくれて"すみません"って言ったら困った顔になってました。困らせたくないのに・・・うまくいかない。」と話す小狼にサクラは、
「心配されたら謝るよりこう言ったらどうかな・・・・。」

そこへお茶を持ってくる藤隆。小狼の火傷した手を気遣う藤隆に、
「あ・り・が・と・う・・・」
「・・・・どういたしまして・・・。」ぎこちない小狼を微笑んでそっと抱きしめる藤隆。とまどい顔の小狼を優しく見つめるサクラ。

も う 涙 だ だ 漏 れ で す か ら オ レ 。
  1. 2005/08/02(火) 00:00:00|
  2. アニメ/コミック/特撮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
以下、広告です。
 


真夏の夜のサイコホラー特選>> | ホーム | <<昼の夜も

コメント

真剣に見てるんだね、zakさん・・・。
  1. 2005/08/03(水) 17:15:00 |
  2. URL |
  3. ヤヤー #79D/WHSg
  4. [ 編集]

このエントリ書くために何度も見直しました。画面が歪んで見えない・・・。
  1. 2005/08/03(水) 21:44:00 |
  2. URL |
  3. zak #79D/WHSg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/155-0b03d34b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)