FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

虚空の彼方に

いまさらのコピペらしいのだが擬似人格萌えのオレにはちょっとクるものがあったのでメモ帳代わりに。

  パイオニア10号の話(アルファルファモザイク)


 
ぐぐってみたら、こちらにテキストの全文があった。


 宇宙パイオニアコピペ、ボイジャーの旅(NTD TKS)

ある静かな夜、ささやきが…

冬の終わりの静かな夜、スペインはマドリッドの巨大電波望遠鏡が、ザーザー乱舞する雑音の中に、ある「生命」からのかすかな信号を探し出した。
信号の方向は牡牛座。「生命」はパイオニア10号宇宙探索機。
30年前に母なる地球を離れ、宇宙開拓史上初めて危険な隕石帯を無事に通過し、輝く雲海をかすめながら初めて巨大な木星の近接観測をした。
そこで木星の強力な引力を使って時速13万キロに加速、以来宇宙の果てに向けて延々と旅を続けている。
パイオニア10号は現在地球から78AU(1AUは太陽と地球の距離)の地点にあり、時速約5万キロで太陽系を離れて行く。パイオニア10号の設計寿命は2年だった。
それが30年後の今でも生きている。

◆主人を見つけた子犬のように
5年前プルトニウム電池の出力低下とNASA(米航空宇宙局)の予算削減でパイオニア10号との接触は打ち切られた。
光ですら11時間かかるこの距離では太陽も夜空の星のひとつに過ぎない。母なる地球の方向も分からない。
接触が打ち切られて以来、パイオニア10号は地球から送られて来るはずの強力な電波を待ちわび、必死に耳を傾けていたに違いない。
再びパイオニア10号を探し出すには半年以上かかった。地球から強力な電波を送り続けた。
それをやっと聞きつけたパイオニア10号は大喜びでその方向へアンテナを向け、集めた観測データを一生懸命送って来た。
パイオニア10号が宇宙の向こうで主人を再び見つけた子犬のように喜んではしゃいでいる姿が見えるようだ。
パイオニア10号との接触は今後も続けられる。
宇宙からの極めて弱い信号を雑音の中から聞き分ける研究にパイオニア10号が使われることになったからだ。

◆長い旅の終わり
パイオニア10号には金メッキの銘板が取り付けてある。人類の男女の姿とこの機械がどこから来たのかの情報が刻まれている。
この銘板をデザインしたひとり、6年前に62歳の若さで亡くなったカール・セーガン博士がこの中に生きている。
パイオニア10号は30万年後に地球から約10光年離れたロス248番星を通過する。
太陽のたった17%の大きさの星で、生命を宿す惑星を従えている可能性は少ない。
その後パイオニア10号は限りなく永遠に近い長い孤独な銀河の旅を続けるだろう。
この旅が終わりのないものとは信じない。やがて銀河の果てで、ある文明と遭遇し、人類からのメッセージを届けるだろう。
その惑星の博物館に大事に、大事に収められた時、パイオニア10号の旅は終わるのだと思う。
その惑星の子供達に見守られながら。

パイオニア10号は単なる機械ではない。我々人類の一部である。
やがて地球上の人類が滅びても、我々は永遠にパイオニア10号の中に生き続けるのだ。
冒頭でパイオニア10号を「生命」と呼んだ理由がこれで分かっていただけたと思う。


元のテキストは2002年ごろのものらしい。
その後2003年の1月22日にパイオニア10号との交信は途絶したそうだ。

30年余でついに交信途絶 探査機パイオニア10号
 米航空宇宙局(NASA)は25日、1972年に地球外知的生命(ET)へのメッセージを
 搭載して打ち上げた惑星探査機パイオニア10号との交信がついに途絶えた、と発表した。
 パイオニアの最後の交信は1月22日。地球から約122億キロ離れた地点からで、その後は何の信号も得られなくなった。
 プロジェクト責任者のラリー・ラッシャーさんは「2年足らずの設計寿命だったパイオニア10号は、本当に働き者だった」と、探査機との別れを惜しんでいる。
 10号は1972年3月の打ち上げ。翌年末に木星に接近し、初めて木星のクローズアップ写真を撮影。木星とその衛星の美しい画像などを送り、83年には海王星やめい王星の公転軌道の外側に達し、探査機として初めて太陽系外に出た。


わずか2年の設計寿命にもかかわらず30年の長きにわたりデータを送り続けたパイオニア10号。
通信を途絶してすでに4年半。信号送信確認も2006年3月4日に打ち切られた
もしそのまま飛び続けているとすればすでに地球からの距離は145億キロ。
そんな遥かなる虚空にひとりぼっちのパイオニア10号に思いを馳せるとちょっと切ない。
コスモス世代のオレ涙目wwwww

ボイジャーはもっと遠くを飛んでるんだけどね。


  アメリカ航空宇宙局<NASA> 惑星探査機 ”Voyager”(Orbital Pretty)

 木星、土星、天王星、海王星が一直線に並ぶという45年に1度のレアなイベントが発生する1977年、この時期に探査機を打ち上げれば、惑星の重力を利用して一台の探査機で次々と惑星探査ができる。これが惑星探査機ボイジャーのコンセプト。
つまり、木星の重力を利用して土星へ、土星の重力を利用して天王星へ、さらに天王星の重力を利用して海王星へ行こうというのです。

 こうして77年に打ち上げられたボイジャーは、実は双子の姉妹。危険の多い宇宙の航海を、どちらか片方でも全うしてくれたら、という配慮からでした。
また、万が一宇宙人に遭遇した場合に備えて、地球の挨拶や音楽を記録したレコードと、宇宙人へのメッセージが書かれたプレートを持たされたのは有名な話。

 ボイジャーはそれこそ、歴史の教科書に載るくらい立派な活躍を続け、惑星の軌道から別惑星の軌道へと、44億キロ以上もある広大なステージで、12年に及ぶ難しいダンスを踊りきり、89年10月にはとうとう最後となる海王星の観測を終えました。

そして1998年2月17日には、20年以上前に打ち上げられたパイオニア10号を追い抜いて、彼女は宇宙で最も遠い人工物体となり、現在も太陽系外部の探査を続けています。

 驚くべきことに、ボイジャーはいまだに観測データを送り続けていて、彼女の原子力電池の寿命が尽きる2020年には、ボイジャー1号は太陽から150天文単位(ほぼ200億キロ)の距離に達します。
その長い長い航海の間で、彼女はラブレターを渡す相手と巡りあえるのでしょうか。


観測者としての役割を終えた彼女たちが外交官としての役割を果たす日がいつか来るのだろうか。
  1. 2007/11/10(土) 17:58:59|
  2. ノンジャンル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


書く自由と傷つく事由>> | ホーム | <<なにげないクセ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/1904-1358495b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)