FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

売国

とはこういうことか。
「地方参政権一丁お持ち帰り~!」ってか。

  「放置すると、日韓関係にヒビ」 外国人参政権付与、成立への流れ加速も…公明に各党同調、自民反対派は沈黙、首相次第か(痛いニュース)


 

国会で過去9年間に廃案4回、継続審議22回とたなざらしが続いている「永住外国人に地方参政権を付与する法案」の成立に向け与野党が再び動き出した。議員立法で法案を提出している公明党が自民党への働きかけを強めているのに対し、かつて「国家主権にかかわる問題だ」と訴えてきた自民党反対派は沈黙している。福田首相の判断次第では、公明党など推進勢力が目標とする来年の通常国会での成立への流れが加速する可能性がある。

永住外国人参政権の付与問題については21日の与党幹部会で、推進の旗振り役を務めてきた公明党の北側幹事長が「参政権実現に向け動かしていくべきだ」と切り出したことが、再浮上へののろしとなった。
自民党の伊吹幹事長は「日韓議員連盟会長の森喜朗元首相と相談したい」とかわしたが、北側氏は幹部会後の記者会見でも「放置すると、日韓関係にヒビが入る要因になるとの危機感を持っている」と強い意欲を示し、「最近、森氏と話したが『このままではいけないな』と語っていた」とも指摘した。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/071127/stt0711271001000-n1.htm

唐突に映る北側氏の発言の伏線になったのが、7日に都内で開かれた在日本大韓民国民団(民団)主催の決起集会だった。「約5000人が参加した」(北側氏)とされる集会には北側氏や自民党の河村広報本部長に加え、民主、共産、社民、新党日本各党の国会議員が出席した。
民団の要望を受けて河村氏は「(参政権付与は)これ以上放置できない問題だ」と強調し、民主党の白真勲参院議員も「小沢代表は積極的に賛成しており、党で反対する議員はいない」と気勢を上げた。

集会には、福田首相の義兄で、日韓親善協会中央会理事長の越智通雄元衆院議員も駆けつけて法案成立を訴えたほか、平成10年に最初に法案を提出した公明党の冬柴国交相と、自民党幹事長時代に法案を推進した野中広務氏も激励のメッセージを贈った。

冬柴氏は昨年12月、参院決算委員会の答弁で、韓国で17年に永住外国人の地方参政権を認める法律が成立したことによる相互主義を持ち出し「限りなく日本国民と近い生活を営む人たちには地方の選挙権を与えてもいいのではないか」と訴えたほどだ。

12年には公聴会を開くところまで進んだ法案審議だが、「地方選を含め参政権は国民固有の権利」との批判が自民党内から噴出した。当時、法案反対の中心にいたのが平沼元経産相だった。
平沼氏はその後、郵政民営化反対で自民党を離党したことに加え、小泉、安倍両政権で法案成立に向けた動きが沈静化していたことで、反対派の動きも止まっている。

一方、首相はこれまで官房長官時代を含め外国人参政権への姿勢を明確にしていない。
新テロ対策特別措置法案が当面の焦点となっているなか、「党内で反対論が根強い外国人参政権法案を首相が主導することはない」(自民党閣僚経験者)との見方が強い。
とはいえ、参院では外国人参政権に比較的熱心な野党が過半数を占めており、「外国人参政権法案に強硬に反対した安倍前首相と対極にある」(自民党中堅)と指摘される首相が、積極的に取り組む可能性も捨てきれない。(以上、一部略)
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/071127/stt0711271001000-n1.htm


>「地方選を含め参政権は国民固有の権利」
こんなの当然のこと。
国民の義務も持たず、日本の国益と反する勢力に組することもままある、祖国へ帰りさえすれば日本と関係ない人間に参政権など渡す道理がない。参政権が欲しいのならば日本国民に帰化すればいいだけで、参政権は欲しいが帰化しない、という考え方が理解できない。
こんなことした日にゃ、どこかの地域に集中的に移住した外国人に地方参政権を盾に取られて事実上の占領状態になる、なんてのも決して夢物語ではないと思うのだが。

>民団の要望
>限りなく日本国民と近い生活を営む人たち
ああそうですか。結局また鮮人どものわがままですか。というところ。
ていうかこんなのを要求するのは実際、過去の事例からいって在日しかいないわけだが。
さっさと帰れよ。

>放置すると、日韓関係にヒビが入る要因になるとの危機感を持っている
外交のために国益の危険を冒す、という本末転倒というか、無原則な人たち。
日本の外交、というのは日本の国益のためにするものだと思うのだが、こういう人は「国家主権」なんてどうでもいい、というかどうにか私物化したい人たちなんだろな。大事なのは日本よりアッチの国、というか自分の利権。
まあ公明が売国政党なのは今に始まったことじゃないしな。それを切れん自民がヘタレなわけで。

自民:河村建夫、越智通雄
公明:北側一雄、冬柴鐵三
民主:白真勲
その他:野中広務

売国奴の名前、ちぃ覚えた。・・・ってか常連か。

ある意味福田政権、あるいは自民党の踏み絵になるかも。
新風はアレだし、原理原則重視の論理一貫した保守政党が出てきたら、衆院選で議席伸ばすんじゃないかと思うけどなあ。
とはいってもネットなんて実に無力だし、政界再編でも無い限り、チェックメイト、事実上の「日本占領」でGAMEOVERってやつっすか。
あーやだやだ。オレもどっか偽名が公的に使えて、税金払わずに生活保護で遊んで暮らせる国に行きてえなあ。

ところで、こういう記事を見かけたのだけど。

  【溶けゆく日本人】人間関係の不全(1)消える「長幼の序」(イザ)

 自民党の西川京子議員は嘆く。 「『長幼の序』なんて、(若手からは)なくなってしまった」


つか、日本の被選挙権って何歳からだっけ?25歳?30歳?
だいたい「長幼の序」なんて大人になってから習うもんでも無いだろ。派閥があったから昔は「長幼の序」が成り立っていたなどというなら、昔からその程度の人間が政治家やってたってこと。
  1. 2007/11/28(水) 02:00:01|
  2. 愉快な国内政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


そういえば今年もサンマが安い。>> | ホーム | <<疲れた~。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/1936-5b468666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)