FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

フランダースの犬は好きですか?

オレは嫌い。

  「フランダースの犬」日本人だけ共感…ベルギーで検証映画(読売新聞)

 

【ブリュッセル=尾関航也】ベルギー北部フランドル(英名フランダース)地方在住のベルギー人映画監督が、クリスマスにちなんだ悲運の物語として日本で知られる「フランダースの犬」を“検証”するドキュメンタリー映画を作成した。

 物語の主人公ネロと忠犬パトラッシュが、クリスマスイブの夜に力尽きたアントワープの大聖堂で、27日に上映される。映画のタイトルは「パトラッシュ」で、監督はディディエ・ボルカールトさん(36)。制作のきっかけは、大聖堂でルーベンスの絵を見上げ、涙を流す日本人の姿を見たことだったという。

 物語では、画家を夢見る少年ネロが、放火のぬれぎぬを着せられて、村を追われ、吹雪の中をさまよった揚げ句、一度見たかったこの絵を目にする。そして誰を恨むこともなく、忠犬とともに天に召される。原作は英国人作家ウィーダが1870年代に書いたが、欧州では、物語は「負け犬の死」(ボルカールトさん)としか映らず、評価されることはなかった。米国では過去に5回映画化されているが、いずれもハッピーエンドに書き換えられた。悲しい結末の原作が、なぜ日本でのみ共感を集めたのかは、長く謎とされてきた。ボルカールトさんらは、3年をかけて謎の解明を試みた。資料発掘や、世界6か国での計100人を超えるインタビューで、浮かび上がったのは、日本人の心に潜む「滅びの美学」だった。

 プロデューサーのアン・バンディーンデレンさん(36)は「日本人は、信義や友情のために敗北や挫折を受け入れることに、ある種の崇高さを見いだす。ネロの死に方は、まさに日本人の価値観を体現するもの」と結論づけた。


オレが小さい頃、うちには何故か世界童話全集みたいのがあって、アニメを見る前にすでにネタバレしてたのだけど、何かこの身もふたもないラストには子供心に違和感があった。当然、共感とか感動とかするどころではなかった。
まあ、こういうお話なんだよな、という子供らしからぬ醒めた視点もあった。

しばらくして、違和感の理由が、おそらく「報われない理不尽な死が許せない」ってことなのかな、と思った。
理解するにはキリスト教的な人生観のパラダイムシフトが必要だったのだと思うのだがそこはガキ。
「天国で幸せに暮らしましたとさ」だと、ふざけんじゃねえ!ちゃぶだいひっくりかえすぞゴラァ!、的な。
まあ日本人らしい多極的宗教観というか不信心というか。長じてもこの感覚は変わらなかったんだけどね。
だから「なつかしのアニメ名シーン」とかで必ず上位に取り上げられるのがなんとも理解できない。

同様の理由で「マッチ売りの少女」「人魚姫」「幸福の王子」とかのアンデルセンの一連の作品も好きではない。
以前映画バトンで少し言及したけど「チャンプ」も。なんでオヤジ死ぬんだよ。

身もふたもないラストの作品というとなぜか「Uボート」と「ディアハンター」を思い出したんだけど、両方とも戦争映画でかつ好きな作品。
これらは、戦争とは理不尽で身もふたもないもの、ということを描き出しているから特に違和感を感じないのかも。結末に至るまでに観ている自分の中で覚悟というか諦念みたいなものが形成されるから。
ところが、童話やファミリードラマの世界で油断させといてそりゃねーぜ、ってことなんだろうと思う。
なんていうんだろう。普通の、あるいはファンタジーの世界くらい報われてほしい、というか。やっぱこう、頑張ってるヤツは報われて欲しいんだよね。オレがいじめられっこだったというのも無縁ではないかもしれない。ある意味理不尽には慣れっこだったからね。

で、元々これらの結末は「天国に行けば皆幸せ」という宗教観から来ているものだと思うんだけど、その主の御許に召されることが至上の幸せという教えを信じているはずの毛唐どもの評価が「負け犬の死」と救いようがないほど即物的なのにクソワロタ。それこそ身もふたもねえw。
わざわざハッピーエンドに書き換えてまで映画化するぐらいなら他にいくらでも楽しい話あるだろうにw。

「滅びの美学」とか毛唐にもっともらしく語ってほしくないな。
「信義や友情のために敗北や挫折を受け入れることに、ある種の崇高さを見いだす。」というのは、どちらかというと「殉死の美学」だろ。「他人のために」「信念のために」「国/主人のために」殉じるというような。自己犠牲というか。何か自分にとって大切なものを守るために死ぬという姿に美学を感じるのではないのか。そういう気持ちならオレにもある。
でも上記の主人公たちのようにただ理不尽な死を受け入れるってのとは違うだろ。それはただ悲しいだけだ。とにかく、ただ滅ぶのはまったく美しくないと思うぞ。
その辺り西欧の騎士道にも通じるものがあるんじゃないのかねえ。すでに騎士は滅びましたかそうですか。

だからかどうかわからないが、オレも上に挙げた中で「幸福の王子」はちょっとだけ好きかな。
自分の体がただの鉛の塊になることを省みず貧しい人たちを助け続けた王子と凍え死ぬことを承知で運び続けたツバメに何か誇らしいものを感じながらも涙が出る。でもやっぱかわいそすぎる。感動したとか好きだとか簡単に言えない自分がいる。
この辺の感覚がオレの、泣ける話と胸糞な話の分水嶺になっている気がする。

書いててふと思ったんだけど、これらを「かわいそう」とウルウルしながら感動してる人ってのは、どこか自分を主人公の死と関係ない第三者的な立場に置いてるんじゃないだろうか。その意味では「負け犬の死」呼ばわりしている連中と大差ない。多分オレは主人公に感情を移入しすぎるんだと思う。

ちなみに世界名作劇場は「母を訪ねて三千里」と「赤毛のアン」が好きだ。
  1. 2007/12/25(火) 21:58:30|
  2. アニメ/コミック/特撮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


福しんの思い出>> | ホーム | <<匿名至上主義者(笑)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/1980-02b9a7fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)