FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

匿名至上主義者(笑)

ちょっと褒めたと思ったらもうこれだよ。

  はてなキーワード「実名原理主義」の編集合戦を見て(ekken)
  株式会社はてなは、id:gerlingという実名の卑怯者をなんとかすべきだ(ekken?)


 
猫猫先生の筆名批判者実名晒し事件に便乗して「実名原理主義」ともう一つのキーワードでid:gerling氏(音羽理史編集長賞受賞市民記者)がやりたい放題。
それを批判したekkenさんのところへさらに小倉秀夫弁護士参戦。

元の騒動は、騒ぎを大きくするのが本意でなかったので生ぬるくヲチしてたのだけど、こうなるとオグリンヲチャとしては言及するしかないな。最近はヲチスレ覗くくらいで本陣すらあまり見ていなかったのだけども。

だいたい普段から不当にプライバシー等他人の権利を侵害する事由に厳しい小倉先生のことだから、今回は猫猫先生批判の論陣を張ると思ったんだけどな。実名晒しなど大したことではないということだろうか。
でなければ、敵の敵は味方、ということかな。

  実名原理主義

ウェブ上での匿名での批判、批評を許さず、その価値観を他の者にも強制しようとする立場。
このような実名原理主義の立場をとる者の中には、自らを匿名で批判した人の実名を暴露しようとする者もいる。
但し「実名を晒す」という行為は匿名でも行われている為、匿名で批判した人の実名を暴露した人が実名であったという事実を物語っているに過ぎない。
揉め事を頻発させている実名原理主義者もいるが、これは実名原理主義が問題ではなく、単にその者の人間性が問題であることが多い。


いま見たところ、このキーワードは削除されそう。なんでかな?ま最後の一行は余計な気もするのでこれのせいかもしれないw。

オレが実名原理主義者として即座に思い浮かぶ人を列挙すると、

小倉秀夫弁護士
音羽理史編集長賞受賞市民記者
鳥越俊太郎オーマイニュース元編集長
平野日出木オーマイニュース編集次長
Richard Lloyd Parry記者(Times紙日本駐在員)
小谷野敦氏(猫猫先生)

ぐらいかな。だいたい今まで言及したことのある人々。
猫猫先生は今回言及を控えてたんでWikipediaで代用ね。ていうかコレ読むだけでかなりイタいんだけど。
キーワードの元の文章で言及されてた池田信夫氏も、はてブ等匿名批判してるし、まあイタいところもあるんだけど、コメント欄で匿名コメンテーターと一応議論する程度の穏健派ではあって、オレ的には原理主義とまではちょっと距離がある気がする。

で、日ごろから”匿名””卑怯者”といったキーワードで出張放火先を物色してると思われるこの方。


  小谷野さんが実名晒しを行ったからといってそれを実名論と結びつけるのは、実名晒しが匿名至上主義者たちによりなされてきたことを無視した議論ではないでしょうか。(la_causette)

実名ブロガーが他人の実名を晒すのは許されないが、匿名者が、時に憎悪の煽動とともに、他人の実名を晒すことは許されるという「実名晒しは匿名者の特権的権利」論を唱道するのであれば矛盾はしていないのかもしれませんが、そのような特権論自体、匿名者のわがままに過ぎないように思います。


いや、今議論しているのは、上記の編集合戦も含めて、実名晒し自体が正当化されるかどうかということであって、晒した人間が実名か匿名かなんて議論は誰もしてないので。
お得意の実名/匿名論に押し込めて事態を矮小化しようとしてるのはむしろこの小倉氏のエントリでしょうに。

と思ったらさらにハイクオリティなエントリ。


  現実社会での信用を損なうことなく悪質な印象操作を行う手段としての匿名性(la_causette)

la_causetteというブログの開設者が私であるということを知っている人が上記エントリーを読めば、私が「実名主義者が匿名者の実名を晒すのは偉いかも知れないけど、匿名主義者が他の匿名者の実名を晒すのは悪い事」とブログで主張しているものと認識することでしょう


それはブーメランというものです。藁人形遣いとして名高い小倉氏らしくもない。

なるほど、ネット人格と現実社会での人格とを切り離すことにより、このようなあからさまな印象操作を行う、信用に値しない人物であるという評価を、pbh さんのは現実社会では受けずに済むわけで、何が何でもネットの匿名性を維持しようという理由は納得がいきます。ただ、現実社会での信用を損なうことなくこのような悪質な印象操作を行える状態を維持するということが、日本のネット社会の健全な発展のために必要なのかというと、私は否定的です。


ほら。pbhさんも災難だね。
この事件についてオレの言いたいことは例によってだいたいNOV1975さんやmuffdivingさんが言及してくれているのだけど、


  実名晒し上げについて某所の通りすがりさんの意見と僕の見解(novtan別館)

今回の実名晒し事件は、本人の社会的評価への影響は限定的(自らの情報をある程度コントロールできてるしね)だと思うけれども、嫌がらせには変わりない。


  キチガイに刃物ならぬキチガイにBlogだな。(NC-15)

あえて実名晒すのはただの嫌がらせでしかない。


端的に言っちゃうと、対象者が明示的に開示していない個人情報を法的な手続きによらず本人の意思に反して公開することは一種のテロ行為であり、どのような理由があろうと嫌がらせだということに変わりはないということ。
それは、行為者が匿名だろうが実名だろうが関係ないし、例え当人の脇の甘さに個人情報の漏れる原因があったとしても、それはその脇の甘さを別件として批判されるべきであって、嫌がらせそのものの免罪符にはなり得ない、ということ。
もちろん批判などの対向言論に対する報復だとしても嫌がらせの免罪符にはなり得ない。当然。
言論には言論をもってなされるべき。


あと、今回の件でわかったのははてながいかに表現の自由を大切にしているか、ということ。
プライバシー?でもそんなの関係ねェー!

はてなは最近特にキチガイ濃度が濃すぎ。


muffdivingさん、はっきり言いすぎ(笑)。はてなと相性がいいんでしょうかね。
その意味では小倉先生や池田先生のはてな批判は(パッチワーク的に)正しい面もあるのかも。
  1. 2007/12/26(水) 00:33:37|
  2. Webの揉め事とか炎上とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
以下、広告です。
 


フランダースの犬は好きですか?>> | ホーム | <<哀愁のIT戦士

コメント

なんだかなー

何だかな、実名云々なんですが、ネットではなくて、実際の社会が実名制なのに犯罪は良く起こるし、誹謗中傷や批判がなくなったという話も聞かない。
まあ、公共の場でそれを堂々とやれる人間が少ないのは確かですが……。

っていうか、匿名匿名って言いますけど、ネット上で本当に匿名である事が出来るのはほんの一握りなんですけどね、何を勘違いしてるんだか。
  1. 2007/12/26(水) 03:48:40 |
  2. URL |
  3. MIB@生物兵器 #44amet6U
  4. [ 編集]

>>MIB さん
>ネット上で本当に匿名である事が出来るのはほんの一握り
トレーサビリティの話ならその通りですよね。

まあ今回の件を実名の人が実名匿名論に絡めて論じるのはどう考えても逆効果だと思うんですが、無自覚な人にはわからないんだと思います。ビバ藁人形w。
  1. 2007/12/26(水) 23:50:39 |
  2. URL |
  3. zak #S/G8Z6W.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/1981-25892a76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)