QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

吉と出るか凶と出るか - 食品テロ続報 3 -

昨日チラッと書いたけど、毒ギョーザ騒動に対する国内の企業の対応が出てたので取り上げてみる。

  「中国産」使用か撤去か、頭抱える外食産業(YOMIURI ONLINE)


 

 居酒屋チェーンの「白木屋」「魚民」などを経営する「モンテローザ」は従来、「ジェイティフーズ」(JTF)が輸入元となった中国製品を一部のメニューに入れていた。しかし、31日からは、すべて販売をやめた。モンテローザ広報は「これだけの騒ぎだから、農薬混入の事実関係がはっきりするまで、万全を期して販売を控える」と言う。

 ファミリーレストランの「すかいらーく」グループの提供中止対象はさらに広く、中国で調理された73品目を当面、使用しない方針だ。系列の中華レストラン「バーミヤン」の各店舗で31日夕、一斉に「販売休止」の掲示を出した。広報担当者は「安全性は問題ないが、お客様が不安視されるであろう品目を控えた。国内で代替加工場を確保したい」としている。

 一方で、「中国産食材の使用中止は簡単ではない」と言うのは、ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」を展開する「ロイヤルホールディングス」。アサリやエビの一部など中国産は全体の10%未満というが、「量、質、価格すべての条件を満たす代替地は見つからない」と漏らす。

 牛丼店「すき家」や「なか卯」などを経営する「ゼンショー」の担当者は、「中国には自社で管理する農場があり、今のところ中国産を外す予定はない」という。ファミリーレストラン「デニーズ」を経営する「セブン&アイ・フードシステムズ」も、野菜など約30品目の中国産食品を輸入しているが、中止する予定はない。

 同社は「原産地や加工工場の状態はすべて把握している」と強調。ゼンショーも「日本の食卓に安定して食料を提供するには、国産だけでは賄えない」と指摘している。


  毒ギョーザ、流通・食品業界に衝撃 撤去や顧客対応に追われる(イザ!)

傘下のイトーヨーカ堂111店舗で「中華deごちそう ひとくち餃子」などを販売していた流通大手のセブン&アイ・ホールディングスは、食中毒情報の連絡を30日午後に警察から受けるや、すぐに売り場から撤去。店内でも張り紙で注意を呼びかけた。同社広報センターは「信じられない」と困惑。ダイエーも「ひとくち餃子」など3品目を撤去した。
(中略)
 一方、食品大手の味の素は30日夕、子会社である味の素冷凍食品の「ピリ辛カルビ炒飯」など2商品で、問題を起こした天洋食品で加工された牛カルビ肉を使用していたことが判明。31日にも商品を回収する。また、冷凍食品大手の加ト吉も、天洋食品に製造委託した冷凍食品を自主回収することを決めた。
 即席めんの具材を中国から調達している日清食品は、「上海と滋賀の食品安全研究所で農薬のチェックをしている」と安全性を強調した。


  中国製ギョーザ中毒:中国製の野菜も百貨店続々撤去(毎日.jp)

中国製冷凍ギョーザ中毒事件を受け、大丸は1日、中国産の冷凍食品と野菜を、売り場から撤去したことを明らかにした。事件の原因となった中国の天洋食品製造の商品は仕入れていないが、「念には念を入れて加工食品のほか、野菜も撤去することにした」(広報)と説明している。
(中略)
 大丸と同じ持ち株会社のJ・フロントリテイリングの傘下にある松坂屋も31日朝に、名古屋市中区の本店の店頭から、中国産野菜1品目を撤去した。

 また、西武百貨店とそごうを傘下に持つミレニアムリテイリングも、中国製加工食品のうち、農薬が残留していないことの証明がない商品について撤去を始めた。三越も天洋食品製にかかわらず、中国製の冷凍ギョーザを撤去するよう、各店に指示を出した。

 大阪府や奈良県などに9店舗を持つ近鉄百貨店は、1日朝の開店前から全店で中国産の野菜と冷凍食品を撤去した。「不安を感じているお客様の心情に配慮した」としている。


撤去・販売休止組

モンテローザ(白木屋・魚民) → JTF製中国製品の販売休止
すかいらーくグループ(すかいらーく・ガスト・バーミヤン) → 全中国製品の販売中止
セブン&アイ・ホールディングス(イトーヨーカ堂) → JTF製中国製品撤去
ダイエー → JTF製中国製品撤去
味の素 → 天洋食品加工品回収
加ト吉 → 天洋食品加工品回収
大丸 → 中国産冷凍食品・野菜撤去
近鉄 → 中国産冷凍食品・野菜撤去
松坂屋 → 中国産野菜1品目撤去
西武 → 一部中国製加工食品撤去
そごう → 一部中国製加工食品撤去
三越 → 中国製冷凍ギョーザ撤去

デパートは顧客層が顧客層なだけに対応速いね。
すかいらーくの「全中国製品」販売休止も思い切った手だと思う。

中国食品継続使用組

ロイヤルホスト → 継続使用:代替不可のため
セブン&アイ・フードシステムズ(デニーズ) → 継続使用:現地の状態全て把握
ゼンショー(すき屋、なか卯) → 継続使用:自社管理工場のため
日清食品 → 継続使用:検査は万全

ゼンショーはBSEのとき、「漢だ」と思ったんだけど、なんかただの親中反米なんじゃねーのって感じに見えてきた。「自社管理」という自信なのか、原材料調達という制約のせいなのか。うちの近くのすき屋は肉とか野菜の産地を店頭に表示しているが中国製というのは見なかった気もするけどなあ。今度気をつけてみてみよう。
そういえば松屋も、肉・野菜は中国だな。また牛丼食えなくなってきたな。
神戸らんぷ亭はダイエー系だから大丈夫かなあ。どうだろ?

同じセブン&アイでもホールディングスとフードシステムズで対応が違うんだね。
日清といい、まあそういうしかないんだろうけど、すごい自信だな、とは思う。
あとは、損得見据えた経営判断だよねえ。
一回中国と合弁とか組んじゃうとずぶずぶでなかなか抜けられないっていうし。
  1. 2008/02/01(金) 22:30:37|
  2. 中華人民共和国ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


ギョーザは恨をのせて - 食品テロ続報 2 ->> | ホーム | <<手作り餃子

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2050-abd2ea05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。