QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やはり手作り最強か - 食品テロ続報 4 -

やっぱ餃子は手作りが美味いだろ、ってことで。

  毒ギョーザ被害1692人…本場・宇都宮は「セーフ」(イザ!)

 

 厚生労働省の2日午後3時時点のまとめだと、中国産冷凍ギョーザなどが原因と疑われる健康被害を訴えている人は全国で1692人に上る。報告がなかった徳島県を除く都道府県からの報告をまとめた。
 有機リン系の農薬が原因とみられる症状が確定したのは、1月30日の時点で判明した千葉県の7人と兵庫県の3人の計10人から増えてはいない。

 しかし、1692人の中で、296人が医療機関で診察を受けている。そのうち、8人が入院したが、6人が退院している。いずれも有機リン系の農薬中毒とは異なる症例と診断された。
 1692人のうち733人は、体調不良の原因が国内産の食べ物に起因するなど、今回問題となっている中毒とまったく関係ないものだった。
 また、ギョーザの街・宇都宮市を抱える栃木県では、保健所に健康被害を訴える相談件数が極端に少なかったことが分かった。
 同県で健康被害を訴えたのは1件のみ。ゼロだった岩手、島根両県に次いで少なかった。

 総務省の家計調査(平成17年)によると、1世帯あたりのギョーザ年間支出額は宇都宮市が日本一。


約1700人のうち無関係と思われる733人を除いても千人弱か。
ま、当然残りにもプラシーボな人が相当数混ざるだろうけど、いかに簡単に多数の日本人に危害を与えるのが可能か、ということが実証されたってわけだ。
穴の件はともかくメタミドホスの含有量からしても、残留農薬説よりテロ説が濃厚になってきたわけだし。

あちらもそういうことにしたいみたいだしね。


  ギョーザ事件 謝罪なく、犯行説強調? 禁止農薬が闇で流通(MSN産経ニュース)

中国製冷凍ギョーザ中毒事件で2日に初めて記者会見した天洋食品の底夢路工場長は「安全管理の厳格さ」を繰り返し、同社に過失はないとの姿勢に終始した。当然、謝罪はなかった。管理体制が厳格ならば、「メタミドホス」はどこで混入したのか。故意の犯行説を強調するつもりなのか。会見は謎を一層深めた。
(中略)
 記者会見の内容は、その直前に行われた河北省の検査当局の会見内容とほぼ同じで、すりあわせしたことは明らかだった。


ていうか自分たちの言ってることわかってんのかな。生産管理体制に関わらず中国の輸出食品には生死に関わる危険の可能性がありますって言っているようなもんだぞある意味。
まあ、すでにペットフードや風邪薬でお馴染みなわけでそんなの今更か。

さっきTVで食品テロ説をクローズアップした上でコメンテーターが「今回の問題は、全世界(のテロリスト)に日本人の殺し方を教えたってことなんですよ。」と言ってたけど、今の性善説に依る(ある意味ザルな)日本側の検査体制ではまさにそうだとしか言いようが無い。
そういえば自衛隊でも使ってたんだっけ中国製冷凍食品。そういう意味では本格的なテロにも流用できる方法だってことだ。

国内での製造ならばまだ突き止めようがあるかもしれないが、海外からの輸入では絶望的だろうね。特に日本を敵視するような政策を取っている国からのものは。悪意、あるいは無自覚に基づくものは止めようがないだろうし。
冷凍食品食って死にたくないよなあ。冷凍食品に限らんけど。

栃木は餃子がポピュラーな食いもんだし、その分レベルも高いから、家庭や個人店での手作りが多かった、ってことじゃないのかな。手作り最強。

ところで産経は、MSN産経では「中国ギョーザ中毒問題」、イザ!で「毒ギョーザ」と特集のタイトルを変えている。お茶目だな産経。
オレはセーフだと思うけど、大人げないなあ、とは思ったり(笑)。
  1. 2008/02/03(日) 12:45:55|
  2. 中華人民共和国ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


おお、雪降ってんよ。>> | ホーム | <<日本に長く居過ぎたときー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2056-0f8131a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。