QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

はいはい残念残念 - 食品テロ続報 5 -

なんか調子付いてる人たちがいるようだけども、

  中国製ギョーザ:「穴」報道で日本中傷 中国のネット上で(毎日.jp)


 

【北京・堀信一郎】兵庫県でギョーザ包装紙に穴が開き、「メタミドホス」が注入された可能性があると日本で報じられたことについて、中国のネット社会では1日夕から「悪意のある日本人の犯行」など日本批判の書き込みが始まった。情報閉鎖社会の中国では、書き込みが「世論」となって独り歩きすることもある。中国のネット上で再び「反日」が広まる恐れもある。

 若者に人気のポータルサイト「QQ」では「日本の警察が袋に穴が開いていたと発表」と日本のニュースが紹介された後、日本人を非難する書き込みが相次いだ。


恣意的にかどうかはともかく、中国国内には多分断片的にしか情報が届いてないんだろうけどなあ。下記のような情報など当然伝わってないだろうし。
まあ彼ら(の一部)が日本人をどう思っているかだけはよくわかった。


  中国製ギョーザ:新たに6袋の外側から殺虫剤検出 兵庫(毎日.jp)

中国製冷凍ギョーザを食べた兵庫県高砂市の親子3人が中毒になった事件で、兵庫県警は3日、輸入商社「双日食料」(東京都港区)から回収した同じ製造日(昨年10月1日)の「中華deごちそう ひとくち餃子」6袋のパッケージの外側から、有機リン系殺虫剤メタミドホスを検出したと発表した。会見した双日食料によると、6袋は大阪府内の小売店から返却された。高砂市と千葉県で起きた中毒事件の商品以外からの検出は初めて。

 県警は、パッケージの外に付着していたことに着目。流通ルートを特定するとともに、故意にメタミドホスを入れようとしたか事故で付着したのかを確認するため鑑定を急ぐ。

 6袋は小売店から「表面が液体でベトッとしている」とクレームがあり、昨年12月28日に輸入元の「ジェイティフーズ」大阪支店に返品された。1月8日に双日食料に持ち込まれたという。高砂市の事件の商品と同じ製造日の商品を探していた県警が3日未明に回収し、鑑定していた。

 6袋はいずれも未開封。うち1袋はパッケージ表側の左上部分に直径約1ミリの穴が開き、穴は裏面に突き抜けていた。トレーには穴はなかった。ギョーザやトレーなどの鑑定結果は出ていない。

 県警はこのほか、別ルートで双日食料に返品された同一製造日の未開封品20袋も回収しており、鑑定を進める。


回収されたものからメタミドホスが見つかった6袋中穴開きは1袋。千葉の件は穴開いてなかったようだし。あとから注射器等にて注入説を採るなら、メタミドホスが検出された袋全てに穴が開いてないとおかしいよな。それはこれから明らかになるだろうと思うけど、ハードル上げてどうすんだかねw。
それに、


  ギョーザ中毒 2製品は別コンテナ 大阪、神奈川で陸揚げ 包装袋も中国製(イザ!)

中国製ギョーザ中毒事件で、千葉、兵庫両県内で被害を出した2種類の商品は異なるコンテナで中国から輸出され、別の港で陸揚げされていたことが2日、分かった。商品の包装袋は同じ中国製だったことも判明し、両県警は袋に穴が開いた経緯の解明に向け、流通経路の特定を進めている。一方、ギョーザを製造した食品会社「天洋食品」では、工場内で何らかの毒物を使っていた可能性が浮上。中国政府の調査チームも来日し、原因究明が本格化する。

 両県警の調べなどによると、問題のギョーザを製造した「天洋食品」は、自社で梱包(こんぽう)まで実施。日本への輸送は商社「双日食料」(東京都)が仲介し、コンテナに積み込んで神奈川、兵庫、大阪各府県の港で陸揚げしていた。

 問題のギョーザは千葉県の2家族が食べた「手作り餃子」と、兵庫県で被害が出た「ひとくち餃子」の2種類だったが、異なるコンテナでそれぞれ神奈川、大阪各港で陸揚げされていたという。

 陸揚げされたコンテナは「保税地域」で保管した後、日本たばこ産業(JT)側が受領。同社が通関手続きを行い、枝分かれするように各地の生協などに卸されていた。

 また、ギョーザの包装袋はJT側がデザインを担当していたが、いずれも中国の「東洋制袋有限公司」が製造。納められた袋を使い、天洋食品が工場内で袋詰めしており、中国側では一貫した生産、管理体制が敷かれていた。


問題の毒ギョーザは複数のコンテナに別れ複数の港から水揚げされている。
同一の会社の同日の生産ロットの製品が別々のコンテナで輸送され別々の港に水揚げされてるにもかかわらず両者に同じように毒が混入されているわけで、
それって明らかにコンテナに梱包される以前、つまり天洋食品内→中国国内の積出港間での犯行だろうよ。常考。
つまり故意の混入だとしても中国人の犯行である可能性が極めて高いということだ。

それに混入されたとされるメタミドホスにしたって、日本国内では販売も生産もされておらず日本人には入手ルートが極めて限られているわけで、そんなもん使えばすぐ足が付くだろうしな。

まあまあそんな指摘したところであちらがまともに信じるわきゃ無いけどなw。
オレも原因や犯人が判明するなんて信じてないし、食わなきゃいいだけの話だからどうでもいいけど。
  1. 2008/02/03(日) 21:38:19|
  2. 中華人民共和国ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


スープ煮水餃子>> | ホーム | <<食品テロについて個人的まとめ的感想

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2060-52c439f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。