QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ubuntuでスキャナ使ってみる。

CANON Lide30PC-NETでCANONのUSBスキャナLide30が本体のみジャンク扱い525円だったので買ってみた。
なんかフタがべこべこだ(笑)。




 
 
スキャナー動作OKでも使えればOK。
フタには「スキャナー動作OK」のシールが貼られている。
PC-NETのジャンクはオレ的には信頼度が高い。動く、と書いてあれば必ず動く。
というわけでそっこーPCに繋いでみた。
Lide30のWindowsのドライバはLide20とかと同じなので、あっさり認識。
適当に読ませてみると、ベルトに多少遊びがあるか~的な不協和音はするものの普通に動く。ま500円だからね。

スキャナは実はすでにLide80を持っているのだけど、そこへわざわざLide30を買ったのはちょっとわけがある。
ubuntuでスキャナを使ってみようと思って試してみたことがあったのだが、LinuxのドライバがLide80をサポートしていないのだ。
以前Lide50のジャンクを入手したことがあったりするのだけど、気付いたのはすでに友人に譲ってしまった後だったり。

というわけで機会を狙っていたのだった。

Linuxでスキャナを利用するにはSANE(Scanner Access Now Easy)というドライバを使用するのだけど、ubuntuの場合、Xsane Image Scannerというアプリを「アプリケーションの追加と削除」からインストールすると自動的にインストールされる。

Lide30をUSBケーブル(A-B)でPCに接続し、以前Lide80を試したときにインスコしたXsaneを起動する。すると。

Xsaneあっさり認識。さすが。
試しにゲームのパケの裏表紙など読ませてみた。全然無問題。
使えますな。普通に。保存も問題なし。
Linuxがサポートしてるスキャナを一台ぐらい持っておくのも悪くないな。

このPCのubuntu自体はGutsyへのアップデートでネットラジオ聴けなくなったり、不都合がいろいろあるので、一回再インスコしてみるつもりなのだけど、今んとこなんだかんだでgdgd。
いやーものぐさなもんで。
  1. 2008/02/12(火) 00:40:20|
  2. PC/携帯/ソフトウェア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


ポテトコロッケとサモサ>> | ホーム | <<とりあえず、なべ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2069-e40f9da2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。