QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

海を汚すな

さらに、自分とこの海を汚して魚がとれないからって他国に密漁に来るのは勘弁してほしい。

  【社説】大韓民国は海をゴミ捨て場と考える国(朝鮮日報)

 

1972年に締結されたロンドン条約は、海にゴミや汚物を捨てないことを取り決めた国同士の約束だ。この条約のウェブサイトには、「90年代に海に投棄された産業廃棄物のほとんどは、韓国と日本が捨てたものであり、世界で下水の汚物を海に投棄している国は韓国・日本・フィリピンの3カ国だけだ」と明記されている。

 韓国は88年から群山・蔚山・浦項の3カ所の近海を、ゴミを投棄できる海洋投棄場として指定した。法的な裏付けがなされたことから、88年に55 万立方メートルだった投棄量が、昨年はその13.5倍の745万立方メートルにまで急増した。93年にロンドン条約に加入し、96年に海洋水産部が発足したのは、より多くの汚物を海に投棄するためだったのかと思われるほどだ。

 その上浦項と蔚山近海の投棄場の一部は日本の排他的経済水域(EEZ)を侵犯しているという事実も明らかになった。つまり、韓国の汚物を日本の海に捨ててきたことになる。日本政府は3年前にこの事実を確認し抗議してきたが、韓国はいまだに何ら対策を立てることができていない。本当に恥ずべきことだ。

 昨年捨てられた廃棄物は主に家畜のふん尿が202万立方メートル、生ゴミ171万立方メートル、下水の残余物161万立方メートルの三つだった。主婦たちがわざわざ弁別して出した生ゴミから出る排水の半分以上が海に捨てられていたのだ。魚は生物化学的酸素要求量(BOD)が5ppm以上になると生息できなくなる。海に捨てられた家畜のふん尿の汚染度は4000から5000ppmにもなる。


>世界で下水の汚物を海に投棄している国は韓国・日本・フィリピンの3カ国だけ
これ気になってしらべてみたんだけど、この文言は見つからず。知ってる人がいたら教えてくれ。俺が見つけたのは、国際海事機関のサイトで見つけたこれ。

  Microsoft Word - dumping focus 1997.doc(imo.org)

Currently only Ireland, Japan, Republic of Korea and the United Kingdom dump sewage sludge at sea.
(現在、アイルランド、日本、大韓民国とイギリスだけは、海上に汚水ヘドロを投棄します。)


あと環境庁のこれ。

  今後の廃棄物の海洋投入処分等の在り方について

これによると90年代当時の日本は世界有数の海洋投棄国(ロンドン条約批准国中では)ということになっている。またアイルランドおよび英国が1998年で投棄を禁止したことにも触れている。
ただWikipediaによると2007年の法改正で日本も下水汚泥等の投棄はほとんどが禁止されたようだ。まだ植物性残さ(これは梅干の漬け液らしい)、家畜ふん尿の一部は基準次第で許可されるようだが。
というわけで投棄レベルは非常に小さなものになっている模様。
実際魚の生存限界の1000倍ものBODを示すような海域なんて聞いたこと無いし。
日本も30年ぐらい前は(場所によっては)海も川もかなり汚れていたが、何十年もかけて綺麗にしてきたってことでもあるのだろう。

一方、韓国の実態はどうなのかというと、

  韓国のゴミ海洋投棄の実態(朝鮮日報)

現在、海に捨てられている廃棄物は、下水汚泥、畜産排水、生ゴミから出た液体、魚介類の食べかすなど多岐にわたっている。このうち、海洋汚染に大きな影響を及ぼす下水汚泥の場合、海洋投棄はロンドン条約批准国のうち、日本・韓国・フィリピンの3カ国のみに認められている。だが、日本では海に捨てているのは下水汚泥全体の0.2%に過ぎないのに対し、韓国では70%に達している。さらに日本は昨年、海洋投棄を全面的に禁止した。

 市民環境研究所は最近、統計に表れていない、海へ不法投棄された廃棄物の量が毎年90万‐180万トンに達している、と主張し、法定基準値を上回る廃棄物を捨てて摘発された翌日に再びこっそり捨てたり、許可された量の廃棄物を捨てて帰る途中、タンクに保管していた残りの廃棄物を捨てるといったケースが横行している、と訴えている。


  日本海沿岸大量ポリ容器漂着に係る韓国海洋水産部との協議結果について(第八海上保安本部)

日本海沿岸に漂着したポリ容器は韓国国内のノリ養殖業者が、殺菌(病害防止用)のために使用した過酸化水素水が入っていたものと考えられたことから、当管区本部では海上保安庁を通じて韓国側当局へ通報してきたところですが、今般ようやく韓国海洋水産部の指導により具体的対策が進められることとなりました。
今後は韓国側の漁業者への強力な指導によりポリ容器の漂着がなくなってゆくことを期待します。
(中略)
日本海沿岸に大量のポリ容器(容量約20リットル)が漂着するようになった(平成12 年 約38,000 個、平成13 年 約11,000 個、平成14 年 約13,000 個、平成15 年 約29,000 個)。


ところがあまり期待は出来なかったようだ。

  漂着:県内の海岸にポリ容器800個 韓国製、劇物入りも 触ると炎症の恐れ /島根(毎日.jp)

益田市や浜田市などの海岸に6日までに、800個を超えるハングル文字の標記(硝酸、過酸化水素)があるポリ容器が漂着しているのを県などが確認した。強酸性の液体が残っている容器もあり、県は市を通じて手に触れないよう住民に呼びかけている。(毎日新聞 2008年2月7日)


対馬辺りは言うに及ばず、日本海側の海岸に漂着する中文やハングル入りのゴミがここんとこ問題になってるしね。勘弁してくれよ。

で、下水の70%やら劇薬やらを投棄するもんだから当然海が汚れて魚は獲れなくなる。そこでどうするかというと、

  日本の経済水域海底から大量の韓国密漁漁具(イザ!)

日韓漁業協定で定めた日本海の暫定水域に隣接する排他的経済水域(EEZ)で、韓国密漁船が投棄したとみられる大量の漁具が回収されていたことが分かった。全国底びき網漁業連合会などが行っている海底清掃の状況を水産庁がまとめた。カニの好漁場の同水域では暫定水域を越え密漁をする韓国漁船が後を絶たず同庁や海上保安庁の取り締まりを逃れた密漁の実態が浮き彫りになった。

 水産庁によると、暫定水域に隣接する日本のEEZの海底清掃で回収された投棄物は平成12~19年の8年間で計約5228トンにのぼった。うちズワイガニ漁などに使う刺し網が2015トン、バイ貝やカニを捕獲するバイかごが902トン。日本の漁船は刺し網漁をせず、バイかごも日本で使われている規格とは異なっており韓国漁船が使っているものだという。

 いずれも密漁中に逃走し、漁具を海底に不法投棄したとみられ、回収した刺し網は、長さにすると東京~福岡の2・5往復分に当たる4535キロメートル、バイかごは30万796個で積み上げた高さは富士山約20個分という。


他国に踏み入って根こそぎさらっていくわけだ。
日本の漁は漁業資源の保護のために底引き網や刺し網漁を厳しく規制しているけども、ヤツラはそんなの関係ねェ。だって他国だもん。その上日本のEEZまで汚しやがって。
海保も見つけたら拿捕なんて甘っちょろいこといわずに片っ端から撃沈してほしい。
  1. 2008/02/12(火) 23:30:01|
  2. 朝鮮半島ニュース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


五輪いろいろ>> | ホーム | <<さらに汚すもの

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2072-46c5a166
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

??? ??? by Goodor Bad

?????????ΰ????λ??????????????Τ?????Υ???ä顢????
  1. 2008/02/17(日) 17:45:34 |
  2. by jp & Blog-Headline
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。