QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

UACC-6868

UACC-6868前からスコスコっという打鍵感とかキーがグラグラしないところが結構いいなと思ってたんだよね。
でもオレコンパクト派だし、実売4000円はちょっと高いかなと思ってたんだけど、箱つぶれ品がクレバリー2号店で999円だったので衝動買いしてしまった。
一応2週間の初期不良保証付いてるし。PS2/USB両対応なのねこれ。

今このエントリはX61に繋いだUACC-6868で書いてる。フルキーボードなんて久しぶり。
 
なんでかわからんが、箱にソフマップのシールが。仕入先は祖父か。

こいつ、ツクモの紹介ページによると、

メンブレンの最高峰とまで絶賛された至高のキーボード ミネベア「CMI-6D4Y6」が遂に生産完了になりました。 もうあの打鍵に会えないのか・・と意気消沈されている貴方に、
そのミネベアキーボードの販売元である「UAC」から嬉しいお知らせ!

ミネベアキーボードのタイピング感をUACの独自技術で再現した日本語109キーボード「UACC-6868」が発売になりました。シンプルなデザインはそのままに、優れた打鍵とお求めやすい価格はまさに「ミネベア」の特長そのまま!


とあるのだけど、「ニセベア」などと呼ばれてユーザーの反応はイマイチ芳しくない。
例えばこちらのサイトでは詳しくレビューされているが、

  UACC-6868 (UAC) (we interface)

このキーボードを目の前にして、NMBと比較するなんて全く無意味。これはこれで、全く別の独立した製品です。UACが付けていた「爽快打鍵」「原点」というコピーを、RT-6652が生産中止になったためこちらの商品に付け替えたということですね。そしてこのキーボードは決して悪くは無いものの、 4000円の価値があるとはなかなか思えないものでした。


な感じとか。キビシー

オレがちょっと打った感じでは、

・確かに前端が高くパームレストが欲しい。
・奥が低くなっている形状は手首が自然と下向きに傾斜するので意外と悪くは無い。
・筐体は一応鉄板入りなのでかなり安定している。
・足を出してもがたつくことは無かった。
・キータッチは重くはないけど割りとしっかりした感じでオレ好み。
・スペースバー短すぎ(オレは左手で使うのでそれほど困らないが)。

店でちょこっと触るのと、実際に座って打ってみるのでは印象が違うな。悪くはないけどね。
まあ、でも千円ならお買い得だと思うなあ。作り的にはそこそこしっかりした感じ。

ただ、今デスクトップで使ってるのが占有面積半分以下のコンパクトキーボードで、サイズ的に入らないんだよねコイツ。
模様替えするまでお蔵入りかなあ。
  1. 2008/03/02(日) 19:01:42|
  2. PC/携帯/ソフトウェア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


小倉先生が壊れちゃったよー。>> | ホーム | <<コブサラダ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2106-93352e4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。