QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自己責任でないことが救いになるのであれば

それはそれでいいのだとは思うけども。

 
自己権利やらマッチョやらロスジェネやら敗残兵やらそれ以降の周辺話やらを読んでいて感じた違和感。

氷河期世代の人が就職時期に充分な求人を受けられたかったのは確かに不幸だったと思う。同情はする。
で、その不幸から連なる境遇が自己責任かどうかという議論(?)がかまびすしい。
それに関してはオレはケースバイケースだと思うし一概にどうともいえない。
だが、仮に自己責任でなかったとしたらどうだというんだろう。それで満足なんだろうか。

時代が悪い。国の無策が悪い。会社が悪い。上司が悪い。

そうかもしれない。
しかし自己責任であろうとなかろうと、日々のしんどい現実は自分自身にのしかかってくる。
そうした自分を取り巻く現実を受け入れて変えていけるのは自分しかいないわけで。
それは、誰に、何に責任があろうと変わらない。

かの時代に関するオレの個人的な感想を言わせてもらえば、国が公金を注入して先送りを行ったのが最悪だったとは思う。そのおかげで氷河期が長引いたわけで。一時的に失業率が上がろうと、潰れるべき企業(特に金融機関)はさっさと潰れてスクラップアンドビルドされるべきだったと思ってる。
それから、今もそうだが労働基準法はもっと厳密に適用されるべき。罰則を厳しくしていい。例えそれについていけない一部の企業が潰れて失業率が上がろうとも。

あとは、取り残された人の職業教育と中途採用の促進。
かの世代の人は積めて然るべき社会経験を積めなかったことが一つのハンデになっているわけで、そのハンデを埋めるものが必要となる。かの世代に限らないかもしれないが。

オレの今の職場は中途採用がほとんどなんだけど、他業種から転職した人でもたいていそれなりの期間で適応する。ただ時代の不運だっただけの元々適応力のある人はそれで適応するだろう。
ただ、中途採用そのものを促進するには企業にとって派遣よりも魅力がないと難しいとは思うんだけどね。年功序列の給与体系をそれように改めればいいだけとは思うが。歳食ってても給料は仕事なり、と。

終身雇用の終焉とか雇用の流動化自体は決して悪いことではないと思っている。
それで、現在腐っている、能力のある人が救われるかもしれないしね。

しかし、そんなことにしても政治的に働きかける力がない限りまず実現しない。
そしてそれは当然それを必要とする人が動かない限りそんな動きは起こらない。

「自己責任じゃない」から。
そのことのみに満足して死ぬまで緩慢な苦痛を抱えて生きていくというのならそれはそれでいいとは思うけどね。
何を受け入れ、何を拒むのか。それはその人自身の問題だから。自由意志ってやつで。

でも、もし周りを見渡そうと思うのなら、それで自分の進む方角を決めたいと思うのなら、座り込んだままより立ち上がったほうがよく見えると思うのだが。
  1. 2008/03/06(木) 23:12:47|
  2. WEB/BLOG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


いつの時代も(一部の)「新人は困りもの」>> | ホーム | <<癒し系 - EAR1 エージング130時間経過 -

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2113-a35519be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。