QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

まずはよかった。

ウチからもリンクしている北京趣聞博客 (ぺきんこねたぶろぐ)
3月23日以来更新が途絶えてて、まさか何かあったんじゃ、などとドキドキしていたら、

  蟄居解禁。


 

■みなさま、お久しぶりです。しばらく、ブログ更新をお休みさせていただきました。前エントリーのコメントが250をこえていて、びっくりです。しかし、残念ながら中国からはアクセス禁止で、全部読めませんでした。たぶん一部コメントが、ワード検閲にひっかかるのでしょう。

■さて、当ブログの稚拙な表現がもとで、とある複数の方面の激しいお怒りを買うこととなり、産経新聞本社さまおよび中国総局のみなさまに、はなはだご迷惑をおかけいたしました。平に平にお詫びもうしあげます。

■私も、この種の筆禍は2度目(しかも半年もたたぬうち)なので、さすがに、もはやこれまで、と閉門蟄居にて、お上からのお沙汰をまっておりました。ブログお取りつぶしはもとより、北京所払い、遠島、あるいは切腹申しつけられるか、とそれなりの覚悟はして、辞世の句なども練っていました。

■が、先日、東京本社よりお沙汰が下りまして、なんとブログは継続、私もとりあえずはおとがめなし、言論の自由と産経発展のために、きりきり任務を全うせよ、とのお達しでした。おそらく産経以外の報道機関であれば、いまごろ、終生遠島は確実であったか、と。寛容なる本社の措置に深く感謝する次第です。


どうやら、ここのところのチベット関係のエントリが当局の逆鱗に触れて、謹慎されていたらしい。
また、当該ブログへのアクセスは中国からは出来ないとのことだ。まあ中国からはウチのも見れないんだが。
都合の悪い記事を書かせない協定やら、他国での批判を取り締まれと言ってくる国だけのことはあるな。
つまり今回の件から察するに、北京趣聞博客の件の記事は当局にとって

  「 大 い に 都 合 が 悪 い 」

ということだね。わかり易いな。
福島氏はこのエントリで自ブログについて、

裏がとれていないものも多い。ですから、読者の方々はそのつもりでお読みください。鵜呑みにすることは要注意です。


と書かれている。
論拠も示さずもっともらしいことを書くメディアも多い中、ブログとはいえ福島氏の真摯な態度は清清しいとすら感じる。
都合が悪いことはすぐ隠蔽し恫喝するどこかの人たちの言うことよりは少なくとも信用していいのかな、とオレは思うけども。オレはね。

しかし無事でよかった。いや、命あってのものだねです。何とぞ無茶はしても無理せぬよう。
ひとの命の軽い国だからねえ。
  1. 2008/04/08(火) 01:45:51|
  2. 中華人民共和国ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


そういえばARIAも終わっちゃったね。>> | ホーム | <<逃げどころについて

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2169-22f2cd9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。