QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どこにでもいる。

一匹見たら30匹つーことか。

  善光寺作戦(Operation Zenkoji 4.26)開始!!(チベット事件のまとめガイドライン) (I CAN'T TELL YOU WHY(邦題:ニュース))


 

もう1つ オマケ

当日、中国人バイトが大量動員されます。
各国マスコミに日本国旗と中国国旗を掲げて日中友好を世界にアピール。
日給5万円。
東京から参加の人は貸切バスが出ます。
大型バス4台 200名。現在186名参加確定。
集合は4/25 23:45 上野駅周辺(詳細は追って)

声援は以下。
①一つの世界、一つの夢
②中国頑張れ! 北京頑張れ!
③連帯、友情、進歩、調和、参与、夢
みんなで声を合わせて情熱的に日中友好を海外にアピールしましょう。


>友情、進歩、調和 ← ここは笑うところですか?
バーサーカーの次はサクラ動員かよ。ドイツの対応は正しかったってことだな。


  洗脳されたドイツ人(Meine Sache)

私「わたしたちはドイツに暮らしていますが、言論の自由はありません。最近ドイツは、中国語のBBSを閉鎖しました。今わたしたち中国人は、インターネットでコミュニケーションできないんです」



  【軍事情勢】イエロースパイの恐怖 野口裕之(イザ!)

《ドイツのメーカーにカメラ持参で見学に来る中国人のジャーナリストやビジネスマンに、独側スタッフは尋ねた。「このカメラで、ドイツの技術をこっそり盗み取るつもりではないだろうね?」》

 ■軍事転用が目的

 中国メディアは「この種の『ユーモアと友好親善』を欠いている“冗談”は、ドイツ人と中国人の会話の中で必ず登場する会話内容の一つとなった」と伝えている。そして“冗談”を広めたのは、ドイツのシュピーゲル誌が昨年8月に報じた特集「イエロースパイ」だと批判する。その号は、中国人とおぼしき女性が、下ろしたままの赤いブラインドを赤いマニキュアを付けた指でこじあけ、魅力的な目で外の様子をうかがっている表紙で飾られた。
 公安筋によれば、一部の中国人は軍事転用目的で、日本や欧米の技術を研究・技術者、ビジネスマンを装って盗みだしている-という。ドイツもまた、他の先進国同様に中国スパイには手を焼いている。例えば、中国は高速鉄道網建設に向け、安価で高い技術を取得すべく日独仏3カ国を競わせた。ドイツはリニア建設で約3 00億円相当の技術を提供したが、政府からの補助金で開発した高度技術だけは伝授しなかった。ところが2004年11月26日夜、この技術を入手しようと中国人技術者らがドイツのリニア工場(上海)内に侵入し、設備を無断で測定していたところを発見された。さらにその後、中国側はドイツに技術使用料を払い、自ら建設する計画などを提案したが、ドイツは当然拒んでいる。 
 米国の対中警戒感は、もっと徹底している。NASA(航空宇宙開発局)など、航空宇宙関連の施設は1990年代から、身分が確かな同盟国の研究・技術者以外、外国人の立ち入りが禁止された。2005年2月、FBI(連邦捜査局)は民間人経営者に対し、米国内にはスパイ目的の偽装企業が3000社あり、中国スパイ活動が毎年、前年より20~30%増加している実態を公表。中国スパイに対抗するには民間企業の協力が不可欠だと、異例の協力を呼びかけた。実際、倒産した米国の工作機械メーカーが03年、中国の国有企業に買収されている。

 ■「アマチュア」を投入

 ロシアの諜報活動は、凄腕のプロが1人で「バケツ1杯の砂」を持って来る。だが、中国流は“アマチュア”を投入する点が特徴といわれる。中国の兵器技術情報収集の教範「西側軍事科学技術の収集利用に関する中華人民共和国の長期計画」などによると「約4000の団体が政治・経済・軍事・医学・社会・教育・文化など、あらゆる正面で」収集にあたっている。彼らは「洗練されたプロではなく、スパイ教育を受けた各分野の専門家」で「一度に大量ではなく、少しずつ情報を集める」やり方が奨励されている。1人が「砂1粒」を集めてきて、組織全員で「バケツ1杯の砂」にするというわけだ。

 ■機密流出の防止を

 スパイ防止法がなく、各国のスパイが最も希望する勤務地が日本である。中国は倒産やリストラ、定年などで企業を出た日本人技術者を標的にし、本国に連れ帰っている。高額な報酬の技術指導を短期のアルバイトで招いてもいる。社に内密での訪中は社内規則違反であるから、帰国後は協力者にならざるを得ないのだ。さらに、合弁企業などと生やさしいやり方だけではなく、日本企業を丸ごとのみ込む“荒業”まで繰り出し始めた。一方、本国でのリクルートにも力を入れている。中国広東省では06年9月、全宿泊客の身元情報を公安当局に、チェックイン3時間以内に通報することが義務付けられた。違反すれば、旅行業許可証を発行しないなど、罰則が科せられる。外交官や技術・研究者などが工作の標的にさらされることになる。
 企業の合併・買収(M&A)は避けられない国際的潮流ではある。しかし、日本の安全保障を危うくする外国の“企業”は水際で閉め出さねばならない。経済産業省も昨年、大量破壊兵器やテロに転用される懸念のある技術の流出防止や、悪意ある外国資本の企業買収を規制すべく外為法の政令を改正。09年には防衛秘密の不正収集には刑事罰を科す方向で、不正競争防止法改正案を国会提出する方針だ。
 危機意識の向上は評価するが完全とは言い難い。極刑を盛り込んだスパイ防止法の制定。さらに、関係省庁の縦割りを廃し、安全保障にかかわる技術情報や機器の流出防止を担う、米国の防衛産業保全局のような組織の構築が急務ではないのか。(政治部専門委員)


>1人が「砂1粒」を集めてきて、組織全員で「バケツ1杯の砂」にするというわけだ。
早い話がどこにでもいるわけだ。連絡手段を封じるドイツGJwwwwwってとこか。
日本だって、デンソーやら海自やらヤマハやらミツトヨやら、その辺の話には枚挙に暇がないからな。
だからスパイ防止法必須だってのに。


  チベット騒乱:新華社の公式分析読んでみる?(北京趣聞博客 )

新華社が報じるチベット騒乱の内幕!
中国公安がネットとVOAを駆使した
ダライ集団の陰謀を暴く。
(中略)
3月10日のラサ暴力事件発生から今日(4月1日)まで、わが国18の在外公館はチベット独立はと国際チベット支援組織の暴力的攻撃をうけている。


暴力的攻撃?うーんロンドンぐらいしか聞いたことねーなー。
長いから詳細はリンク先を読んでもらうとして、これが全部ホントなら恐るべし新華社の取材能力と情報源、てことになるんだけど。例によってエビデンスはないんだけどね。
それだけヤツラの手先が世界中に散らばってるってことか?それはそれで納得できる部分もあるな。
まあ国内向けのプロパガンダにしか見えないんだが。

そういえばアルゼンチンでも地元華僑を動員したらしいね。


  “聖火防衛”を絶賛 中国の新華社通信(MSN産経ニュース)

中国国営通信、新華社は12日、南米アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで行われた聖火リレーについて、大勢の現地華僑らが“聖火防衛”に駆けつけ、大規模な応援を繰り広げたと伝えた上で「記者は沿道が(中国国旗の色で)深紅の海に変わっているのを見た」などと絶賛した。

 新華社電によると、現地の華僑団体メンバーらは自分の商店を臨時休業した上で、聖火リレー開始前にスタート地点などに結集。「祖国昌盛(隆盛)」「民族富強」などと書かれた無数の横断幕を掲げ、大声援を送ったという。(共同)


ソースが新華社だからどこまで差っ引いて見ればいいのかわからない部分もあるけど。
コレで聖火リレーが成功したのは、中国の援助で仲のいいタンザニア、華僑動員のアルゼンチンってことになるかな。核技術移転関係で仲のいいパキスタンは大統領が支持を打ち出してるしね。
わかりやすくていいけど、これに日本が連なると世界に思われるのはいかにも心外だ。
とりあえず葉書で投書してみっかな。

  善光寺作戦、開始!!(チベット事件のまとめガイドライン)

【望み高☆☆】
◆善光寺

* 聖火リレー出発地を引受けたのは昨年暮れ→その後にチベット問題。同じ仏教徒として善光寺も憂慮
* 抗議電話数を数えており、数によってはJOCに数字見せて 断 る つもり

(降臨関係者によると葉書で苦情を集めたいらしい)

* 若い住職の中で聖火リレーの出発地をボイコットする意見が出てきてる!
* 文書で抗議の人は葉書でお願い

 380-0851 長野県長野市元善町491 善光寺 事務局御中 電話〇二六-二三四-三五九一(代)
◆善光寺スポンサー宛て(例えばTVへの抗議もTV局ではなくスポンサーへ抗議したほうが対応が早い) 
 380-0904 長野市七瀬中町276 長野商工会議所内  善光寺御開帳奉賛会 御中



そういえばこんなの見つけた。覚え書き的に。

  デモで使えるFree Tibetマテリアル


【追記】

  【聖火リレー】「中国人は50年間変わらないマヌケ」「中国人の大応援団はサクラ」…米国の侮辱発言に人民激怒、抗議運動へ(痛いニュース)

デイリー議員は華字紙「星島日報」の取材に答え、
サンフランシスコで聖火を迎えた中国人の大応援団らは政府が金で雇われたサクラで、
バスで送迎されて参加したと発言した。
情報のソースを問われた議員は「人から聞いた」と答えている。


ソースの信憑性はともかく、「あ、やっぱりそうなんだ。」としか思わないオレがいるw。
  1. 2008/04/14(月) 00:04:38|
  2. 中華人民共和国ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


大根の葉入りチャーハン>> | ホーム | <<どうぞどうぞw

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2184-b091c925
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。