QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

真実が何だろうと

今枝先生は正直な話、しゃべりすぎだと思うが。

  弁護団への抗議と要望(弁護士・未熟な人間・今枝仁)


 

昨日の弁護団の記者会見で、僕の解任理由が弁護方針の対立にあったかどうか聞かれて、「それは違う。彼は被告人の信頼を失った。客観的事実と異なる。」と答えたとのことです。
しかし、その「客観的事実」なるものについて、なにも聞かされていないし、なにも明らかになっていません。
しかもその信頼関係を失ったという理由を確認するための接見もさせてもらえません。
最後の接見で、「絶対に辞めないで。今枝先生に最後まで弁護してほしい。」と言っていた被告人の信頼を、その後どうして僕は失ったのか。その過程を教えてくれもせず、それを「客観的事実」として吐き捨てるような姿勢は、被告人の主張についてそれを真実とする弁護団の説得力に跳ね返ってくるようにも思えてなりません。



光市母子惨殺事件の被告弁護団の一員であった今枝仁弁護士が解任理由の件で弁護団に抗議している。
ただし一方では安田弁護士を称えていたりもする。過剰に。


  安田弁護士を誤解しないために

世間には、安田先生は非常にアクロバット的な策略を弄する、怪しげな弁護士に見えているようです。しかし、僕が見るにですが、非常に基礎に忠実で、普通の弁護士よりもはるかに基礎に忠実な、純粋である意味まじめすぎる弁護士だと思います。
 純粋すぎるからこそ、人が色眼鏡で見たら何色にも見えてしまうのではないかと思います。
(中略)
それでも人間を信じ、裏切られても信じ、自分が周囲から何と言われようと自分が愛する人間を護ろうとする、バカな男です。もっと要領よく、もっとずるがしこくなってもいいくらいだと思います。
 僕も弁護団にいたとき、安田先生からの愛情を感じました。


思ったまま(?)何でも書けばいいというもんではない、と今までもあちこちから指摘されたはずだけど、性分なんだろうから仕方ないよね。


今回の事件、楢崎裁判長は「死刑を回避するのに酌量すべき点を見いだすすべもなくなった」「元少年は死刑を免れるため、虚偽の弁解をした。反省心を欠いているというほかなく、極刑はやむを得ない」と予想外に激しい調子で被告を断罪している。

しかし弁護団は懲りないというかなんというか。まあそういう弁護団だからこういう結果になったのかもしれないが。


  【死刑判決で弁護団(1)】「裁判所は被告人の心を完全に見誤った」(MSN産経ニュース)

山口県光市の母子殺害事件で、男性被告(27)=事件当時(18)=に死刑判決が出たこと受け、被告側の弁護団は22日、広島市内で記者会見し、「極めて不当な判決」と述べた
(中略)

安田好弘弁護士「最高裁の判決に忠実に従った極めて不当な判決だ。証拠の評価方法は基本的に間違っている。弁護団では、自白ではなく客観的事実からその信用性を見直して吟味すべきだと主張していた」

 《安田弁護士は殺害方法の鑑定結果など、時折身ぶり手ぶりを交えながら、判決の事実認定について批判を加えた》

 「加害者が右手で逆手で押さえたものとしか認定できないにもかかわらず、裁判所は逆手であることを全面的に否定した。こういうふうな認定はあちこちにあった。被告人の新供述は死刑をまぬがれるためにやった虚偽の供述と断定しているが、事実と反している。むしろ彼はひとつひとつ事実について思いだして、記憶に忠実に話してきたんです。死刑を免れるというものではなく、有利不利を問わずすべてを話すという気持ちから話しているのに、裁判所は被告人の心を完全に見誤っている」
 
村上満宏弁護士「18歳1カ月という未熟な未成年の犯行ということを真正面からとらえていない判決だ」

 新谷桂弁護士「ほとんど何も認めてもらえなかった。今日の判決はわれわれの言っていることを理解していない。判決に書いているのはまったくの詭弁(きべん)だろう」

 岩井信弁護士「なぜ18歳1カ月の青年がこのような犯行を犯したのかという部分に答えていない判決といわざるをえない」


裁判長 「被告は虚偽の弁解をした。反省心を欠いている」
安田弁護士「裁判所は被告人の心を完全に見誤っている」
今枝弁護士「安田先生は真面目すぎる弁護士。ただし私の解任理由だけは間違っている」
被告「絶対に辞めないで。今枝先生に最後まで弁護してほしい。」

さて、何が真実なんだろうね(笑)。
オレ的には今枝先生が書くほどに弁護団のうさんくささを感じずにはいられないけど。

今回の件、多くの人が指摘しているけども、弁護団の主張が真実だったとして、被告の証言をそのまま主張したのは、戦術的には愚策だった、という他ない。
弁護士ってのは裁判においていかに判事から被告に有利な判決を引き出すかってのが役目であって、その証言を判事に斟酌しやすいように持って行く作業こそが仕事だろうに。
「被告が真実(かどうか知らないが)喋ってるのに理解しないお前が悪い」ってどんだけ無能なんだよ。

そういう意味で弁護団は判事(と世間の一般人)の心を完全に見誤っていたね。
戯言(にしか聞こえない)を垂れ流して「被告の証言どおりです」ってどんだけ「純粋」なんだよ。

つまり弁護士として役に立たなかったということだ。
証言をそのまま垂れ流すだけならトラメガでも置いときゃいいんだしね。


オレ的には

「ま、しゃーないですわ今更。被害者さんのことですやろ?知ってま。ありゃーちょうしづいてるとボクもね、思うとりました。」
「犬がある日かわいかった犬と出会った。…そのまま「やっちゃった」…これは罪でしょうか」


などとポロッと書いてしまうようなやつが、今回の差し戻し審に続々出てきたような新事実を6年以上も誰にも話さずひた隠しにしてた、などと言われてもにわかには信じがたいよな、やっぱり。
  1. 2008/04/24(木) 00:44:15|
  2. Webの揉め事とか炎上とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


まだまだ人間じゃない>> | ホーム | <<たけのこ煮てみた。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2202-85b9dea5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。