QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ええかげんにせえよ

町村先生のところ、例の炎上エントリの続報が来てた。

  青学准教授のblog記事を元に処分か?(Matimlog)


 

難しいのは、大学の教員について教育者としての適性があるかどうかを、その言動で評価することは当然という考え方で、これには一般論として反論は難しい。しかし同時に、前に書いたように大学の教員に対して表現行為を自粛しろというのは「もう「大学」の名には値しないのである」。

やはり、当該教員の表現内容を実質的に評価して、限度を逸脱していると評価するのであれば、教育担当者として適性なし=授業担当を外す~懲戒処分をするという余地があることは認めざるを得ないが、その評価基準は、極めてデリケートである。

落合弁護士は「研究者、教育者としての資質、能力に根本的な疑問をもたれても仕方がない、という印象を、率直に言って受けました」と評価されているが、慎重なことに、これを理由に大学としての処分をすべきかどうかには言及されていない。

瀬尾准教授を擁護するものではないし、彼女の言動は教育者としての適性を疑わせるに十分との評価もあり得べきだとは思うが、ではそれを理由に懲戒処分が相当かというと、疑問が残る。


議論の前提となる事実認定が曖昧だったりとか、返答の仕方がどうとか、割と瑣末な部分を叩いてる人もコメント欄にはいるけども、オレ的に興味深いのは一つだけ。

  「大学の教員に対して表現行為を自粛しろというのは「もう「大学」の名には値しないのである」

という発言に町村先生が固執しているということ。
前エントリにも書いたがオレは、表現の自由はあれど濫用は許されず、所属共同体の規範を犯せば罰せられるのも致し方ない、というスタンスなので、町村先生の考えとは開きがある。
町村先生のこのエントリのコメント欄の

件の学長が普段から教員の気にくわない言動を指摘したり処分をちらつかせたりしているとかいうなら言論の自由、大学の自治の問題になるかもしれません。
でも、大学当局はそんなことはしていないようです。
瀬尾のやっていることは言論ではなく、文字列を使用した不法行為に過ぎず、言論と呼ぶに値しないのではないでしょうか。
むしろ、瀬尾のやっているようなことを言論として要因するような姿勢を所属機関が示した場合、その機関に属する他の者の言論がどのように評価されるのか考えてください。
無法者により信用失墜するのを放置し、所属機関の言論の価値が著しく低下するに任せることが言論の自由ですか?

言論の自由というのは不法行為等を行わない(他者の自由を侵害しない)ことで初めて自由を主張できると思いますし、大学の自治というのも言論の最低限のルールを守らない者を自浄できるということを含むのではないですか。
不当な統制に反抗するだけが自由ではないでしょう。
他者の自由を侵害しないという最低限のルールを守らせることも自由を担保する上で必須のことです。

とにかく長の権限は抑制しておけみたいな、教条主義的な態度は今時信用されるんでしょうか。

投稿 t | 2008/04/29 10:05


に近いといえる。ありゃ、またtさんか。この人とは考えが近いということだろう。

町村先生は「学究の徒の表現の自由を侵すものはとにかくけしからーん」と仰っているように見えるのだけど、オレはそれは「学問の場」に限られるのであって、一般生活を含む発言全般に適用されるとは考えない。分けて考えるべきだと。
学究の徒だからどこで何を言っても法に触れない限り無制限に許されるべき、というような考えは支持できない。
学者は暴言を吐いても許されるが他の職業人は許されないってそれどんな職業差別だよ。
瀬尾佳美準教授が述べている内容は「学究」などではなく単なる「暴言」であり「放言」だ。
muffdivingさんが批判エントリで述べているように、

「表現の自由」はあっても「放言の自由」はない

ということだ思うのだ。

  文責を個人に収束するんだったら、最初から所属組織を書かなきゃいい話(NC-15)


オレは「放言」の責任自体は個人に行くのは当然だと思うけども、所属を明らかにしていた場合、会社であれ学校であれ、そのような放言を行う人物を所属させる団体ということで団体そのものの規範が問われる、という意味で所属団体が放言問題にコミットすることは避け得ない、と思うのだよね。だからオンとかオフとかを云々するのはある意味無意味だと思う。
で、団体の規範そのものに問題があると判断されるようであれば今度はその団体が叩かれるだろうし、規範に当該人物が反しているようであれば罰則に従って粛々と処分すればいい。
今回の件はただそれだけのことだと思う。学長の謝罪そのものについては前エントリに書いたような違和感があるけど。

ただし、どこからどこまでを「学問の場」と定義するのかとした場合に解釈の相違が発生する可能性は充分あるわけで、それに関しては議論の余地があるとは思っている。
町村先生の懸念はそれに対する警戒感なのか、と思っていたら、

店員の立場からすると、まっとうにやっている自分の商売に影響のない処分を望むだろうし、
社長の立場化すると、自社の利益を最も損なわない方針を望むだろうし、
客はとにかく重い処分を望んでいる現状、だとすると結論は、労使の力関係に集約されてしまうのでしょう。
個人的には、処分に対しての他の青学教授の意見が気になるところ。

だからこれは、この立場の意見としては聞いておくべき内容だと思います。


ポジショントークだよ、というサスケット隊長のコメントに納得。でも支持はできないけどね。
バランスを欠いた意見だとは思うし、ポジショントークはポジショントークとして「身内に甘すぎる」と批判されるのは仕方がないってとこかな。

タイトルは町村先生宛てではなく、議論にコミットする気も無いくせにコメント欄で無意味に「放言」し暴れている「実名の愚か者」に対して。ホント邪魔なだけだから消えて欲しい。
どんだけネットウサギなんだよw。
  1. 2008/04/29(火) 18:32:05|
  2. Webの揉め事とか炎上とか
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


法とモラルの狭間>> | ホーム | <<レタスとシメジのスープ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2217-3e433db1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[社会]「表現の自由」は適用される「言論」を選別しねーよ!

という発言に町村先生が固執しているということ。 前エントリにも書いたがオレは、表現の自由はあれど濫用は許されず、所属共同体の規範を犯せば罰せられるのも致し方ない、というスタンスなので、町村先生の考えとは開きがある。 町村先生のこのエントリのコメント欄の 件
  1. 2008/04/29(火) 23:44:28 |
  2. 幸せの鐘が鳴(r
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。