QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

多摩川にアロワナやピラニアが

いるんだってさ。

  多摩川に「珍魚」続々 ペット放流、下水処理水で“温暖化”(MSN産経ニュース)


 

昨夏から今年にかけて、北米産で口先が長い「ノーザンパイク」、アマゾン川の熱帯魚「シルバーアロワナ」などの大型魚や、観賞用の熱帯魚「ダトニオイデス」や「ピラニア」といった小型のものまで、さまざまな“珍魚”が釣り針に。「外来の大型魚を釣ったという報告は昨年で約50件。ここ4、5年は異常だ」と山崎さんは話す。

 原因は、飼いきれなくなったペットの放流だ。シルバーアロワナの幼魚は体長10センチほどで、インターネット通販では3000円前後でも入手できる。だが成魚は1メートル以上に育つため飼い続けるのは困難だ。

 山崎さんはモラルに欠けた放流の対策として、平成17年5月に川崎市多摩区の河川敷に、「お魚ポスト」と名付けたいけすを設置。放流に来た飼い主に、ペットを入れてもらおうとの試みを始めたが、放流防止の決め手にはなっていない。都内のペットショップの男性店長は「大型魚はルアー釣りで人気が高い。釣り愛好者が、繁殖させるためにわざと放流することもあるようだ」と、“確信犯”の存在も指摘する。


多摩川で水遊びしてたらピラニアに食われたとかになったら笑えねーな。
食えねーのかなコイツラ。ガンガン獲ってガンガン食おうぜ。アロワナなんて食いでありそう。

犬猫もそうだけど、罰則厳しくするしかないんじゃないのかね。甘すぎんだよ。
あと業者は登録制にするとか。
そういえば犬猫の殺処分数は減って来てはいるみたいだね。
以前見た探偵ファイルの記事だと、平成11年度が犬猫合わせて55万匹だったけど。平成18年度は35万匹だったらしい。

  全国動物行政アンケート結果報告』(平成18年度版)

犬は約12万と半減した。
猫は23万。2割減ぐらいか。昨年度比ではむしろ若干増えたらしい。あまり減ってないんだね。
処分数は犬の約2倍。11年前は殺される犬の方が多かったのに。
しかも、前にも書いたけど、犬と違って猫は野良を駆除する法的な根拠が無いので、基本的に全て飼い主が保健所に持ち込んだもの、ってことになるんだよね。
どういうことなんだろう。別に猫ブームってわけでもないしね。
ただ、景気が悪くて大型の犬を飼えない人が猫にシフトする、とかはありそうだな。まあ猫好き犬好きそれぞれいるからわからんけど。

仮説1 犬を飼う人が減っている。
仮説2 猫を飼う人が増えている。
仮説3 犬の小子化が起こっている。
仮説4 猫のお産が増えている。
仮説5 無責任な猫飼いが多い。
  1. 2008/05/05(月) 23:42:10|
  2. 国内ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


なんだか本気は見れなさそう>> | ホーム | <<ロンショー チベット!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2237-b92f5321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。