QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

錠前破りは終わらない

ちょっと前のニュースだけど。

  AnyDVDがBD+の除去に成功、Blu-rayディスクのリッピング・変換が可能に(engadjet)


 

SlySoftのAnyDVD HDがv6.4.00にバージョンアップ、Blu-rayビデオディスクのプロテクトBD+の除去に対応しました。これにより、リッピングしたBDソフトを従来のDVDのように再変換・編集することができるようになります。
(中略)
BD+はメジャー映画スタジオがHD DVDではなくBDを選択した決め手になったともいわれ、昨年7月にはEnvisioneering Groupのアナリストから「AACSと違いBD+は10年間破られることがないだろう」といった発言もありましたが、「10年戦える」発言から約8カ月ほどで除去されてしまったことになります


いやはや。
人の作る鍵はいつか破られるとはいえ。
次世代メディアのプロテクトも普及前に破られて、コアユーザーは複製には困らない。
いずれフリーソフトでもなんかしら同様の機能を持つものが出るだろう。
そうすればDVDの現状と同様になる。DVDがBDに取って代わられるとしてもしばらくこの状況は続くということだな。

一方で配信メディアの方は相変わらず身の無い議論で揉めてるみたいだね。


  文化庁「iPod課金=補償金拡大ではない」 JEITAと対立(ITmedia)

 文化庁長官の諮問機関・文化審議会著作権分科会の「私的録音録画小委員会」の今期第2回会合が5月8日に開かれた。文化庁は、iPodやHDDレコーダーなどを録音録画補償金の課金対象とする制度改正案を提示。「ダビング10」も「権利者が要請したDRMではない」とし、補償金でカバーする必要があると改めて示した。
(中略)

 JEITAの著作権専門委員会委員長の亀井正博委員は「『権利者の要請』など現行法にない概念を導入するのは、著作権法の解釈に関わる問題。解釈の妥当性についての納得できる説明があって初めて、ダビング10などに当てはめるべき」と述べた。

 メーカー側のこういった疑問に対し、文化庁の川瀬真・著作物流通推進室長は「さまざまな誤解がある」と反論。「音楽CDや無料デジタル放送のダビング10については、補償金を存続させる方向にかじを切ったが、補償金は縮小し、ほかの方向に転換していく」と説明を重ねた。

 川瀬室長によると、補償金でカバーする範囲として残した音楽CDとダビング10はあくまで例外。特にダビング10は「権利者側はコピーワンス+一定の制限という考え方は支持しているが、ダビング回数について、権利者の要請によって策定されたものとはいえないことが明らか。非常に特殊な過程を経てルールができた」と例外性を強調する。
(中略)

「『iPodに購入したCDを入れてるだけなのに機器の価格が上乗せされて上がるのが嫌』という人もいるが、『ただお金を払うのが嫌』というわけではなく、補償金の使い道が不明確で抵抗感を持っている消費者が大多数。例えば、著作権の研究になんで補償金が使われる必要があるのか。ガソリン税の暫定税率問題で『道路整備という名目でマッサージチェアに使われている』感覚に近い。対象機器を増やし、財源を増やしていくなら、どういった形で補償金が増えているのかディスクローズし、消費者に納得できる形で行うべき」(津田委員)


今更何言ってんの?って話。なんだったんだこれまでの議論は。
津田さんのいう話は以前から度々出てる話だしごもっとも。ていうかここクリアしないからいつまで経っても揉めるんだろ、ていうのはあるけども。
まあお役人には文化より天下りとか自分の利権が大事なんだろうけどな。むしろそれこそが「役人の文化」てやつ(笑)?

コピテンでもコピワンでも別にいいんだけど、素でコピーできる回数は多いに越したことはないからな。
ま、錠前は破られるためにあるわけだし。

オレ個人は補償金のような「コピーされるかもしれないからその分を予め徴収する」なんて名目の根拠レスなやり方はあまり歓迎しない。それなりに使途、経路がクリアで妥当な金額ならまだ「妥協」はするかもしれないが。
もっとも補償金を取るというのならコピーフリーというのが筋だろう。

TV屋もレコード屋も調子に乗って過剰なプロテクトでCCCDみたいに消費者にそっぽ向かれて利権と共に滅べばいいんじゃないか?と思ってる。スクラップ&ビルドも文化の振興(笑)。
だいたいコアユーザーにはそんなもの効果薄いだろうし。
結局目的は金なわけで、本当は消費者のリアクションとして取れるものは不買運動が一番効果的なんだろうけど、踊らされる人も多いわけで難しいのかな。TVはアナログ終了とともに滅ぶかもしれないが。

もっとも、原油高、食料高でここしばらくは生活費が上昇するだろうから、黙ってても絞られてくるかもしれないけどね。給料が上がらねえんだから削られるのは娯楽だよな。
配信=X、リッピング=OKなわけだから、もしかしてTSUTAYAの一人勝ちかw。
そうなると配信メディアは、従来メディアでは代替不可な独自の、しかも消費者が手元に残したくなるような良質のコンテンツを独自製作しなければならないわけで、ますます厳しい立場に立たされるだろうね。

それにしても津田さんのように消費者の立場に立ってこの議論を有意義なものにしようという熱意のある人たちには頭が下がる。
オレは利権にすがりつく業界と役人の醜い姿に嫌気が差してるから安易に「壊せば」なんて言えるけど、それだけ大事なもんだってことだろうからね。


【追記】

なに、このプロパガンダ。
てな読売の社説を見つけたので晒しの意味で紹介しておく。社説ってのは新聞社の「顔」だよね。


  ダビング10 メーカーの頑固さ、なぜ?(5月10日付・読売社説)

デジタル放送のテレビ番組を録画する際の消費者の不満を、軽視してはいないか。

 たった1回しかできなかったDVDへのコピー回数を10回まで増やす「ダビング10」の実施が、6月2日の開始予定日を目前に、暗礁に乗り上げそうな情勢だ。

 番組にかかわる著作権料の徴収制度に機器メーカーが反対しているためだ。この問題を検討している政府の委員会でも、メーカー側の頑固な姿勢が目立つ。
(中略)

ただ、ダビング10の行方が迷走していては、消費者は録画機器の購入をためらうだろう。テレビ観戦や録画の機会が増える北京五輪も控えている。その商機をみすみす逃すつもりだろうか。

 2011年の地上テレビ完全デジタル化の足かせにもなる。アナログ放送の方が録画は便利、という印象が強まりかねない。


儲けどきを逃したくなければ原則をゆるがせにして俺達の利権に協力しろ、ということですね。わかります。
  1. 2008/05/10(土) 11:09:29|
  2. PC/携帯/ソフトウェア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


キャベツと干しエビのクリームスパゲティ>> | ホーム | <<キャベツとベーコンのスパゲティ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2244-7ae4480d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。