QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マス・エンダン

昨年、インドネシアの漁業研修生エンダン・アリピンさんが沖に流された中学生を助けようとして溺死したニュースを取り上げたんだけど、彼の足跡がドキュメンタリー映画として製作されたそうだ。

  エンダンさん忘れない 関係者の声集め追悼映画(宮崎日日新聞)


 

日向市の伊勢ケ浜海水浴場で昨年8月、沖に流された中学生を助けようとして命を落としたインドネシア人漁業研修生、エンダン・アリピンさん=当時(21)。その誠実な人柄を多くの人に伝えたいと、同国の日本人学校教師だった井上実由紀さん(31)=東京都=が遺族や知人らの声を集めて、ドキュメンタリー映画「マス・エンダン」を制作した。

 昨年9月、当時、現地の日本語新聞でエンダンさんのことを知った井上さん。「泳ぎが不得意なのに、なぜ人を助けようとしたのか」との思いがわき上がった。同時に、ニュースが日本で大きく扱われていないことに憤りも感じたという。


確かに当時、このニュースはほとんど関心を集めなかったはず。メディアの無関心な態度に憤りを覚えた憶えがあるので。
異国の地で他人を助けようとして死んだ外国人というと、対照的にメディアが不自然なほど賛美した例の新大久保での事故を思い出す。


  新大久保駅乗客転落事故(wikipedia)

山手線新大久保駅で泥酔した男性がプラットホームから線路に転落し、さらに、その男性を救助しようとして線路に飛び降りた男性2人が、折から進入してきた電車にはねられ、3人とも死亡した。


線路に落ちた人を助けようとして亡くなったのは韓国人の李秀賢さんと日本人の関根史郎さん。


  あなたを忘れない(wikipedia)

本作には日本の文化庁が日韓文化交流を理由に3000万円の製作資金を提供している
(中略)

映画のため、事実と一部異なる箇所が存在する。その改変箇所に、異常なまでに日本人を非情な人間として表現している部分が存在するため、物議を醸した。

 
映画では一緒に助けようとして亡くなった関根史郎さんはシカトされているらしい。
観てない立場で言うのもなんだが、この事件を政治的な映画に仕立て反日を喧伝することは、なによりも亡くなった李秀賢さんに対する冒涜だと思う。
それにしても、「靖国」といい、こんな映画にばかり金ばら撒いてる文化庁って、地デジの件といい、ホントろくな役所じゃねえな。まあろくな役所ってもんがこの世に存在するのかどうかは知らないが。 


もしエンダンさんや李秀賢さんのような人ばかりなら移民を嫌う理由も減るなあ。
もっとも、オレが「移民庁」の件に嫌悪感を感じるのは、

「日本が小子化で労働力が減るなら、海外から安い労働力買って来て働かせりゃいいじゃん」

という考えが透けて見えることだ。いわゆる日本人が嫌うような低収入高負荷な仕事を請け負う層として彼らを導入しようとしているのが見え見えで嫌なのだ。自分たちは支配者で移民は奴隷か?それどんな「社会主義国家」だよ。
まあ、嫌うのは治安の懸念も大きいけどね。

もともと、最低賃金というルールがあって、そのルールをすり抜けるために企業が自治体から奨励金を貰って留学生をこき使って人件費を下げているという現実がある。
さらに国内での失業率の高まりを無視して、安いという理由だけで海外からの安価な労働力に頼ろうとしている。本来ならまっとうな賃金を払って経営を成り立たせるように企業も行政も努力すべきなのに。

たしかに値下げ圧力はあるだろうが、それは給料が上がらないため、あるいは定職に就けない人が増えているために購入力自体が下がっているからであって、「最近の若者のxx離れ」とかいう論調に対して散々言われていることだ。ネットのせいとか頭悪すぎる。
安価な労働力が導入されれば価格は下がるかもしれないが、売り上げが減れば給料も上がらず(それどころか下がって)、買う人がいなければものは売れないので、ますます値下げ圧力が強まるデフレスパイラルになる。

オレは経済に詳しいわけではないが、それならば多少なりともインフレ傾向を維持しつつ給料も上がっていく方がまだ健全だと思う。
どうにかして内需を維持拡大しなければいずれ市場が弱ってジリ貧になる。30年前プラザ合意後の円高圧力で散々学んだことではないのか?
それにおおもとの少子化にしたって、雇用や賃金の不安定化によって該当層があるべき将来像を描けない、てのが要因の一つだろ。

なんか例によって話が明後日の方向に飛んだけど、この「マス・エンダン」、ジャカルタではすでに2月、3月に上映会が行われたそうだ。九州では昨日から上映会が始まったらしい。
東京でも上映するかDVDにならないかなあ。観たい。
  1. 2008/05/13(火) 00:47:30|
  2. 映画/書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


フラッとアキバに>> | ホーム | <<すごく・・・・・正論です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2251-6e6f5a30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。